« クローバーになった! | トップページ | ほんとに四つ葉出た! »

2020年7月 1日 (水)

ファンの矜持

 サッカーの知識も勝負への執着も無いミーハーファンとして寿人を見つめて14年が過ぎた。

 テレビで代表戦を観ていて ゴール前で『ここにくれ』と指さしながら走る姿に『え?なに?この子、すごいアピール!』と 最初は失笑気味。なのに試合が終わる頃には好きになっていた。

 あの時は まさか広島まで何度も観戦に行くなんて思いもしなかった。名古屋へ移籍してくるなんて…千葉まで追っかける事になるなんて…14年も好きで居るなんて これっぽっちも想像してなかった。

 十代の頃、あいざき進也が好きだったけど、テレビや週刊誌で見るだけで満足だった私が、実際に動いて ここまで濃密に応援したのは初めて。

 

 先日のジェフユナイテッド千葉のオンラインミーティングでの寿人の発言を聞いて『あぁ…もう「俺がゴールしてチームを盛り上げる」とは言わないんだなぁ…』と 少し寂しく思った。

ちゃんと現実を受け止めてるって事でもあるよね。

 

 寿人ファンとして『寿人と寿人の家族に幸せでいて欲しい』というのが ずっとある。

大好きなサッカーに関わっていられる今は、それだけで『幸せ』なんだろうとは思う。

でも…でも…本当は 自分らしさを発揮できるサッカーがしたいよね。

『このタイミングで このスピードで ここにパスを出して』と若いチームメイトを自分好みに育て、試合でそのコンビネーションを発揮してゴールする快感・・・大きかったよね。

 

 途中交代で出場しても、欲しい所に欲しいタイミングでボールが出て来る可能性は極めて低く、その中でゴールを決めるのは本当に難しいでしょう。

 それでも『やりきったのか?』を指針として、寿人は現役を続けてる。

サッカーが好きだし、あの快感をもう一度味わいたいのもあるかな。

 

 アイドルに恋するのと同じ感覚で始まった『Jリーガー佐藤寿人のファン生活』は、長く広島へ通ううちに『チームへの愛着』にもなったし、寿人を慕ってくれるチームメイトには好意も抱いた。

 それは名古屋でも千葉でも同じ。

 

 そして…もう一つ変わらないのが『寿人優先』のミーハーファン魂。

私の『サッカー観戦の喜び』は、次の順位になる。

➀寿人ゴールでチーム勝利

➁寿人ゴールあるも敗戦

➂寿人ゴール無くチーム勝利

➃寿人ゴール無く敗戦

➁と③が サッカーファンにはあるまじき事で、チームのファンサポーターには 石を投げられても文句は言えない。

(もちろん、優勝や降格がかかるリーグ戦後半は さすがに➂➁の順になりましたが)

 

 エディオンスタジアム(ビッグアーチ)で、試合後 スタンドに挨拶しながら引き上げて来る寿人が 私(おそらく周りの数人がそれぞれに『自分』と思っている)の方を見て、軽く会釈してくれたり、手を挙げてくれたりしただけで、ゴールの有無・勝敗と無関係に満たされて帰りの新幹線に乗った事もあったなぁ…苦笑。

 本当にミーハーファン。

 

 ミーハーファンだけどね…嬉しい楽しいばかりじゃなかったよ。

新加入のFW選手の活躍や、寿人の怪我や、代表チームでのポジションや…ファンにはどうしようも無い壁が立ちはだかって、辛い思いもたくさんした。

 もちろん寿人本人の苦悩とは比べ物にならないだけろうけど。

それでも本当に本当に心配したんだ。

そして私はいつしか『母心』を持つファンになっていた。 それも心配性のね(苦笑) 岡惚する体力・気力も衰えたし。

 

 心配するばかりのファンなんて、何の応援にもならないだろうなぁと 冷静に自分を省みる。

それでもね、寿人の名古屋移籍で地元チームを応援する楽しさを知ったのに、寿人が千葉へ移籍したら、やっぱり私は千葉へ付いて行った。

 名古屋でキャプテンとして<2017年J1復帰>と<2018年ギリギリJ1残留>に貢献した事は、グランパスのファンサポーターさん達も認めてくれている。

 寿人の本当の目的『まだまだやれるところを見せる。ゴールをたくさん決める』は達成できなかったけれど、存在感があり、グランパスに爪痕を残したと 私も思ってる。

 今度は『FWとしてゴール前で勝負・ゴール量産する為に』千葉への移籍。

キャプテンとかチームの為に…ってのは二の次にして『自分の為に』我儘にサッカーできるかもしれない・してほしいと 私も思ってた。

でも年齢は誰にも公平に残酷に上がっていく。

 そんな中、新しいチームでコミュニケーションをとって 自分好みのパスをゴール前で貰う事が どれほど難しい事か。

寿人一人の努力ではどうにもならない。

 

 もう寿人 辞めてもいいじゃん。 サッカーに関わる仕事で いくらでもオファーあるでしょう。

広島では今も変わらず寿人の帰還を熱望してる。

私の広島の友達も それぞれお気に入りの選手は居ても みーんな『寿人が大好き』

『引退後はサンフレッチェ広島で』と 皆が異口同音に言う。

私も サンフレッチェ広島こそが、寿人を輝かせてくれるチームだと思う。 広島は寿人が一番幸せに暮らせる街だとも思う。

 

 願わくば、現役のうちに サンフレッチェ広島へ移籍して欲しい。

 ベンチでも何でも(何でもって何だろうね?)寿人がサンフレのユニフォームを着て、エディオンスタジアムに立つだけで、スタジアムは歓喜に包まれる。 それはすごいパワーになると思うの。 サンフレッチェ広島の今季の躍動のエネルギー源になるはず。

 サンフレッチェ広島、寿人にオファーしてくれないかなぁ。

 

 こんな事を思いながら、ジェフの寿人を応援する私は『信用ならん』よねぇ。 ファンとしても認められないかもしれないね。

 

 コロナ禍は、過密日程・交代枠増しで、寿人にはチャンスでもある。 寿人には塞翁が馬。

千葉の空に寿人らしい花火を打ち上げてくれるのを信じて、私は祈るしかできない。

|

« クローバーになった! | トップページ | ほんとに四つ葉出た! »

佐藤寿人(サッカー)」カテゴリの記事