« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月28日 (水)

プロフェッショナル☆

 先日、マンション前の道路の舗装工事が行われてた。

ベランダから眺めてて、ショベルカーの動きに目を奪われた。(子どもか!)

 

 古いアスファルトを剥がしながら、トラックの荷台に積んでるの。

多分、その前にドリルである程度砕いてあるんでしょうけれど、大きな物はショベル部分でコンコンと叩いて細かくしてから掬う。

人の手のような動き!

剥がしたアスファルトの下から現れた地面をざざ~っと均(なら)しながら、アスファルトの塊に到達させて掬う。

以前、テレビで『ショベルカーでワインの栓を開けてグラスに注ぐ』ってのを見た事がある。

すごいプロフェッショナルが居るんだなぁと その時も思ったけど、こんな近くにも居たじゃん!

 一連の流れるような動きは 運転席の男性の技だよねぇ。

いとも簡単にやってるように見えるけど、誰にでもできる事じゃないよねぇ?

もしかして、ショベルカーを操作できる人は皆できるの?

 

 感心しつつ見てると、次はトラックが荷台を上げて土をざざ~っと降ろす。数人がスコップでそれを均す間に、トラックは荷台を戻して数メートル進み、また荷台を上げて土を降ろす・・・の繰り返し。

 その土の降ろし加減がまた素晴らしい☆

荷台を傾けて一定の量を降ろして、一定の距離を進むんだよ。

まあ距離くらいは 私でも『車を運転し5メートル毎に止まれ』と言われれば、できなくもない…と思う。…いやできないかもしれない。3メートルだったり6メートルだったり…絶対する。

 そのトラックは見事に規則正しく一定距離で一定量を降ろしてる。

土が落ちる量に合わせて荷台の傾きを調整してるんだろうけど、どうやって見てるの? きっと感覚だよね。

 スコップ持ってる人たちの動きにも無駄が無くて、プロの集団ってこういう事だなぁって感心した。

 

 ベランダから子どもが一生懸命見てたら、工事の人達も張り切るでしょうけど、おばあちゃんが見てても…ね。

心の中で拍手して『素晴らしいお仕事見せていただき、ありがとうございました』とつぶやいた事でした。

|

2020年10月26日 (月)

出るっ!

 昨日の福岡戦、お昼にメンバー入りしたのを確認して 2時 PCの前に。

0対1 追う状況で試合終了が近づいてくる。

 友達とLINEで意見交換(笑)しながらダゾーンを見ていて

「もう時間ないね」

「今日は出番無しかなぁ」

 

『どうしても1点取ってくれ!』って状況で寿人が使われる事 昔はあったね。

仙台時代(私は ファンどころか、寿人の存在すら知らなかった)アディショナルタイムに2点取って 負け試合を引き分けにしたのは有名な話。ファンになってから その動画は何度も何度も見た。

 でも…今 ジェフで寿人がゴールする為のチームでの練習 どれくらいしてるのかなぁ。この展開でこの時間帯で寿人に『1点取って来い!』ってのは無理かなぁ…。

 99%諦め気分になった時、ピッチ脇のユニフォーム姿の寿人と増嶋選手が映った!

「はうぅっ!」息をのんだ。

寿人の土壇場での得点力への期待と補佐できる増嶋選手を入れた? ベテランの経験を買われて?

とにかく嬉しい!!

 

 黄色いユニフォームの寿人がピッチを走り回ってる。

あぁ、この姿 また見る事ができたんだ☆

友達とのLINE意見交換会は一旦休止。

「寿人がんばれ! 寿人頑張れ! 寿人頑張れ!」

サッカー無知ゆえ『にわか監督』になって勝手な指示をする事もままならず、ただただ「寿人がんばれ」

とにかく頑張って! 頑張ってるの知ってるけど、もっともっと頑張って!!

『どうかゴールを!』とは あえて願わなかった(だって『寿人GOALの逆神』だから)

寿人頑張ってるなぁ…この姿 もっと見ていたいよ。

アディショナルタイム 残り2分…1分…ああ、もっと見ていたい。

時間が止まってくれればいいのに。

 

 あの状況であの時間帯で寿人を信じて使った尹監督には感謝してます。

でも…もう少し長くお願いします~~。

|

2020年10月22日 (木)

「んーっ!」「ひぃ~!」「ぃーい!」

 昨日の金沢戦、寿人出るかなぁ~と 数日前から考えてた。

公式サイトの有料コンテンツ内の練習場レポートには、躍動する寿人の写真がアップされてるし「ワンタッチゴールを決めた」とも。

試合直前にこんな重要な情報流すかなぁ。

金沢戦、今季アウェイで寿人はいいプレーしてるんだよね。

⇒だから出す。

前回 危ない目に遭ってるから相手チームのマークは厳しいよね。

⇒だから出さない。

怪我人も多いし、ここんとこ勝ててないし。監督「寿人とソロモン君で打開する」選択をするかも。

ほんとにあれこれ想像して 出るかも、出ないな、いや出るんじゃな~い? 揺れ動いた。

 

 そして昨日午後5時。私より少し早く情報をキャッチ(ジェフのTwitter・Instagram・スポーツナビで発表のタイミングが違う)した友達から「出るね!」と。

その瞬間 7月15日の『今季初出場』がよみがえる。

ふあぁぁ~~~!! アドレナリンが溢れて来るよ~。跳び跳びしちゃうよ~~♪ 夕飯の支度 踊っちゃうよ~~~!!

小躍りしてから、すぐにジェフのTwitterをチェック…あ、ベンチだった(苦笑

 早とちりでもアドレナリン出せて良かった^^(体に良さそうだもん)

 広島の小春ちゃんと ここんとこベンチ外だった事で

「寿人チャンスタイムは終わったかなぁ」

一度 出ると『また出る』と思っちゃうし、一度ゴールすれば『次もゴールして!』って ファンの願いはエスカレートしていく。

それがベンチ外が続いて意気消沈。

「またベンチ入りから始めましょう!」「そうよね!」と励まし合った(いじらしいファン同士)

 

まずはベンチ入りしたじゃん☆☆☆

出番あるといいなぁ~~~☆

…ところがね<寿人GOALの逆神>であるわたくし、途中交代でピッチに入る寿人の姿がリアルに浮かんじゃったのよ。

ピッチに片手でタッチして勢いよく駆け出す黄色いユニフォームの寿人…。

こんな想像したらダメじゃん!と頭をぶんぶん振っても すぐに浮かぶ。

…あぁ、こんなにリアルに想像できちゃったから 出番は無いのかも。

 

 夕飯は前回の金沢戦の時のように『どこに入ったか分からない』って事もなく、しっかり摂って、いざPCの前に。

2点リード。

若手選手が交代で入る。

あぁ…やっぱり今日は寿人出番無しか…うんうん、まずは『ベンチ入り』なんだからね^^ 次に出番があればいい!

…と思ってたら、ピッチ脇に11番ユニフォームが大写しに!

それ見た瞬間「んーーーーーっ!」と鳴き声が出た。(泣き声に非ず)

寿人出るじゃん!!

(他の選手の陰になってて、私がリアルに想像してた絵面とは違ってた)

そこからは前のめりで画面を見る。

91分 ループシュート! この瞬間の私「それっ!・おりゃっ!・行けっ!」などの発声は皆無。

(私が「それ!」と声を出してゴールした事は一度も無いので)

ただただ「ひーーーー!」と叫んでた。 それは「ひさと」の「ひ」だった。

ゴールネットから外れたのを見て「ぃーーーい!」多分「ひ」の続きの母音がのびた。

シュートする瞬間「ひさとぉーーーー!」って叫びそうになったのを堪えたのか、一瞬過ぎて「ひぃ」までしか言えなかったのか自分でも分からない。

 

 ホームで久々の勝利。

<勝利のでんぐり>(私は寿人バージョンで<でんぐりぴょーん>と思ってる)なんだか みんな覚束ないよ~苦笑。

挨拶しながらグラウンドを回る寿人は、サンフレッチェ広島のスターでエースでヒーローだった時と変わらない堂々とした振る舞い。

 あぁ…こういう姿 また見られた^^

寿人GOALで勝利だったら、跳び跳び気味になるかな。

 

 そう…まずは「ベンチ入り」なんだからね。

それが交代出場まで駒を進めたんだから。

次の目標は「もっと長くプレーする」だけど、期待を裏切って「やだぁ~~一足飛びにゴールしちゃったじゃ~~~ん」でもいいからねぇ~。

|

2020年10月14日 (水)

そうなんですーーー!

 日経新聞に北大路公子さんが書いてらしたコラム「先人の予言」を読んで思わず「そう!そう!そうなのよ!」と膝を打った。

五十肩や老眼の話を若い頃に聞いてはいたが半信半疑だった事が自分の身に起きる。

 

***ここから原文の一部***

先人たちの予言は重い。

「小さい字が見えづらくなる」「朝起きた瞬間から既に疲れているようになる」「パッケージの開け口を探すのが面倒で、とりあえず箱は力任せで壊し、ビニールは破る」

昔は想像もつかなかった事が、一つ一つ我が事となる。

いずれ私もコンビニおにぎりのビニールを、まったく別の箇所からキレ気味に破るのだろう。

その様子が目に浮かぶようだ。我々は先人の予言から逃れることはできないのである。

***続きはあるが、ここまで***

 

私の事ですかーー?

老眼は40代初め頃から友人達との話題にもなったけれど、それが進行した今は老眼鏡をかけていても細かい字が見え辛く、読むのが面倒になってきている。

『パッケージの開け口を探すのが面倒』も その一環。

私はビニールの包みも綺麗にはがしたい性格だったのに、見ても見ても見つけられず面倒臭くなって 爪を立てて破る。

箱だって『後で何かに使えるから』綺麗に開けたいのに、ガムテープが剥がせず 指を入れられそうなところに無理やり突っ込んで壊す。

 北大路公子さんよりも先を行ってる(笑)

 

 先日はスマホアプリの登録で苦労した。

以前 別のアプリを入れる時は全然苦労しなかったのに。

数回やってできなかったので、初日は諦めた。日を改めて再挑戦するも、結果 以前と同じ感じ。

メールアドレス・パスワード・認証コード…入れたじゃん! 何がいけないのよ? 

『これかな?』と気づいて修正するも それでも進めない。

そのうちに<操作が頻繁過ぎるので時間をおいて再度入力してください(うろ覚え)>的な画面が出る。

焦りと怒りでスマホをタップしまくってた。

多分 細かい文字を見落としてる。

落ち着いて落ち着いて…。

これでどうよ!

なんで画面が変わらない? 

もーやだぁーーーっ!

あえて他の事をしつつ、頭は登録の事でいっぱい。

そして何度目かの挑戦で…出来た。

その時の気持ち…「出来たーーー!」じゃないのよ。

「え?出来たじゃん?なんで?」

さっきまでと同じ事したんだよ。

逆に言うと「なんで今まで何度もできなかったの?」

狐につままれたような気分。

 結局 何がいけなかったのか、なぜ登録できたのか不明のまま。とにかく登録はできた。

 

 若い人は な~んの苦労も無くサササっとやってる事よね。

「何でできないの?」「何が難しいの?」でしょうね。

 

 着実に<おばあさん>になっていく。

スマホでチラッと見たけど、文字が小さくてしっかり読めず理解できず「後でPCで確認しよう」と思ってて…忘れる。

大事な事を見逃してる可能性大。

 

 件の北大路公子さんのコラムは こう続いた。

***原文のまま***

夜中、原稿を書いていると、突然「手術」と入力できなくなったのである。

何度打ち直しても「手術」と漢字変換されない。

「しゅじつ」「しじゅつ」「しゅぢつ」「しゅずつ」

どれもこれもダメなのである。

そんなことがあるだろうか…と呆然としたのだから恐ろしい。

***以上 一部抜粋***

 わかるーーー!

ちゃんと頭では分かってるはずなのに疲れてたりすると、思考と行動が一致しなくなるんだよね。

 

 漢字変換だけなら苦笑で済むけれど、車の運転となったら問題は別。

 

 母が今の私の年齢の時 もっとしっかりしてたよねぇ…。

自分の将来…いや一年後が不安です。

|

2020年10月 7日 (水)

計算の達人☆

 ガソリンスタンドで給油。

「3767円です」

スタンドの青年に「ごめんね、1万円札しか無くて」と 小銭がじゃらじゃらあったので10067円を渡した。

間もなくして「すみません、500円玉が無くて細かくなっちゃったんですけど」と彼がおつりとレシートをくれる。

私 いつもは お釣りは言われたままを確かめもせずに財布に入れる。

でも この時は『ん?500円玉?』と訝しく思った。

はっきりと『6300円おつり』と認識してたわけじゃないんだけど、500円もお釣りがもらえるとは思ってなかった。

お札は財布に入れて、百円玉を5つ握ったままレシートを確認する。

「あら? ちょっと待って」

青年は「あ!違ってますか?」

うんうん…違ってるよね。 もう一度しっかり考えた後

「お釣り 多すぎるわ」と200円を返した。

「あー! すみませんでした!ありがとうございました!」

ふふふ…青年よ、このお釣りの出し方、知らなかったね。 で、6500円渡しておけば、お客さんの損にはならないと判断したんでしょう。

そう、私も昔そうだったから(笑

 このやり方はさすがに身についたけれど、スーパーのレジでは相変わらずしばしば迷う。

小銭が重すぎて何とか使いたいと思って

「3円出したら どうかなぁ? かえって面倒?」とレジの女性にたずね

「それでしたらあと5円ありますか?」と提案され、その通りに出したら、すっきりしたお釣りをもらう事がある。(レジスターの計算なので間違いは無い)

そのカラクリは分らずじまいだけれど「あと5円」と提案してくれたレジのお姉さん(私より年下)に後光が差して見える。

 

 小学校からの幼馴染Yちゃんも数人で割り勘する時、それぞれが財布から色んな種類のお金をテーブルに載せると、そこから小銭を取り分けて

「はい、Aちゃんに〇円渡すよ」

「Bちゃんは、ここから〇円とって、財布に〇円あったら出して」

「これでCちゃんのお釣りができたよ」

テキパキと采配し、最後は

「レジで支払い後 お釣りはBちゃんが全部貰ってね」

みんな「はぁ~い!」

 

 このYちゃん、別にスーパーのレジやってるわけじゃなく、算数が特別得意だったわけでもない。

こういう感覚が鋭い人って居るね。

そして…どうしようもなく残念な人も…居るよねぇ~。

 

|

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »