« 出るっ! | トップページ | 『逢えない時間が』 »

2020年10月28日 (水)

プロフェッショナル☆

 先日、マンション前の道路の舗装工事が行われてた。

ベランダから眺めてて、ショベルカーの動きに目を奪われた。(子どもか!)

 

 古いアスファルトを剥がしながら、トラックの荷台に積んでるの。

多分、その前にドリルである程度砕いてあるんでしょうけれど、大きな物はショベル部分でコンコンと叩いて細かくしてから掬う。

人の手のような動き!

剥がしたアスファルトの下から現れた地面をざざ~っと均(なら)しながら、アスファルトの塊に到達させて掬う。

以前、テレビで『ショベルカーでワインの栓を開けてグラスに注ぐ』ってのを見た事がある。

すごいプロフェッショナルが居るんだなぁと その時も思ったけど、こんな近くにも居たじゃん!

 一連の流れるような動きは 運転席の男性の技だよねぇ。

いとも簡単にやってるように見えるけど、誰にでもできる事じゃないよねぇ?

もしかして、ショベルカーを操作できる人は皆できるの?

 

 感心しつつ見てると、次はトラックが荷台を上げて土をざざ~っと降ろす。数人がスコップでそれを均す間に、トラックは荷台を戻して数メートル進み、また荷台を上げて土を降ろす・・・の繰り返し。

 その土の降ろし加減がまた素晴らしい☆

荷台を傾けて一定の量を降ろして、一定の距離を進むんだよ。

まあ距離くらいは 私でも『車を運転し5メートル毎に止まれ』と言われれば、できなくもない…と思う。…いやできないかもしれない。3メートルだったり6メートルだったり…絶対する。

 そのトラックは見事に規則正しく一定距離で一定量を降ろしてる。

土が落ちる量に合わせて荷台の傾きを調整してるんだろうけど、どうやって見てるの? きっと感覚だよね。

 スコップ持ってる人たちの動きにも無駄が無くて、プロの集団ってこういう事だなぁって感心した。

 

 ベランダから子どもが一生懸命見てたら、工事の人達も張り切るでしょうけど、おばあちゃんが見てても…ね。

心の中で拍手して『素晴らしいお仕事見せていただき、ありがとうございました』とつぶやいた事でした。

|

« 出るっ! | トップページ | 『逢えない時間が』 »

日々のこと」カテゴリの記事