« コロナ慣れ | トップページ | フリマアプリの沼と闇 »

2021年1月13日 (水)

サンフレッチェ広島もったいない

 引退後の寿人 精力的に単発のお仕事をこなしてるようで、なんだか嬉しい♪

 さて「ファンやりきった☆」宣言して、もう寿人の記事を書く事も無くなるかなと思ってたんだけど、相変わらず考える事があって 時々 書くことになりそうです。

 

 そこで気がかりなのが私のSNS上での「寿人呼び」

去年『苦々しく思う人も居ると思うけれど』と 私がそう呼び続ける理由をブログに書いた。

私の「寿人」呼び

 そんな私も 年が改まると プロアスリートではないのに「寿人」と呼称する事に抵抗を感じるようになった。

なので今日からSNS上では「佐藤寿人さん」と表記します。(友達や夫との会話は「寿人」のままかなぁ)

昔の記録や記憶の話の時は「寿人」になると思います。

 前置きはここまで。

 

Dsc_3916
 楢さんの引退記念の本をあらためて読んだ。大久保選手がセレッソへ移籍する記事(「セレッソで引退したい」って)を見た。
そしたらね、忘れかけていた『寿人を広島で引退させてあげたい』想いが またむくむくと顔をもたげ始めたわけ。
盛大で感動的な引退セレモニーをして欲しいだけじゃなく、サンフレッチェ広島というチームの為にもすべきなんじゃないの?と。
 
 サッカー無知・経営知識ゼロの私が言いたい放題言います。
佐藤寿人さんが現役のうちに サンフレッチェ広島はオファーすべきだったよ。
2021年は<寿人ラストイヤー>で エディオンスタジアムを染めるべきだったよ。
…寿人ファンとして『して欲しかった』じゃなく、サンフレッチェ広島が盛り上がる為に『すべきだった』と言いたいの。
 
 ここ数年、広島の友達から「観戦の楽しさが無くなった」としばしば聞く。スタジアムに行かなくなった友達もいる。
寿人が居なくなった事も原因の一つだろうけれど、寿人ファンじゃない人からも同様の言葉を聞く。
 私が広島まで観戦に行ってた頃の話になると 友人達は口をそろえて「あの頃が一番楽しかった」と言う。
優勝も優勝争いもしてた頃だから…ってのもあるでしょうけれど。
 
 コロナ禍で観戦も練習見学も制限がある今 勝つ以外に何をどうすればファンサポーターが楽しくなるのか…無知な私にはわからない。
でも寿人がサンフレッチェ広島に復帰すれば、それだけでファンサポーターは歓喜するよね?
「寿人を観に行こう!」って思うよね。
<ラストイヤー>と銘打って記念グッズも売ればいい、イベントも制約付きではあるけれど、何かしらできるはず。
 サンフレッチェ広島の11番が4年間も空いたままなのは何故?
 2024年、新スタジアムの杮落しに佐藤寿人さんがサンフレッチェのユニフォームを着て立ってくれればいいのかな。
それは絶対に実現させてほしいけれど…2021年は このままでいいの?
 佐藤寿人さんが ずっと公で広島愛を語っているのに それを活かさないなんて もったいなさすぎる。
『今のメンバーで戦って行きたいから構想外・ベンチにも入れないかもしれない・高い年俸は払えない』フロントにはそれなりの理由があると思う。
 寿人ファンが夢想するのと現実は違う。
 でも…『年俸は安いけれど、試合にも出られない可能性高いけれど…それでもサンフレッチェ広島に帰って来てほしい!』と勇気をもって決断し、佐藤寿人さんに交渉するフロントは居なかったのかな。
 2021年シーズンの終わりに、寿人から「お前がサンフレッチェ広島の11番を背負ってくれ」と託されるFWを チームメイトもファンサポーターも期待して見つめる一年間にできたのに。
何よりも チーム内で『寿人さんに認められたい!』と発奮する材料にもなったはず。
 新スタジアムの杮落しに合わせてフロント(監督?)として戻るのが最も確実なルートなんでしょうけれど…新スタジアム完成の喜びと佐藤寿人さんが広島に戻って来る喜び、合わせちゃうのもったいない。
 サンフレッチェ広島は『選手を大切にする。選手に愛されるクラブ』だと 私は感じている。
選手を大切に思うからこそ、佐藤寿人さんに簡単にオファーできないって事もあったのかなぁ。
 
 ビジネスチャンスをみすみす手放した2021年はもったいないと思えてならない。
 <おばあちゃん…言いたい放題の巻>でした。

|

« コロナ慣れ | トップページ | フリマアプリの沼と闇 »

佐藤寿人(サッカー)」カテゴリの記事