« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月24日 (水)

花桃ゆうの「花あそび」

 いとうせいこうさんが執筆する「日日是植物」というコーナーが地元紙の夕刊にあり、楽しく読んでいる。

ベランダの花を枯らしてしまう話には「私も私もーー!」と声が出ちゃうくらい共感もした。

 先週は いとうせいこうさんのお宅で編み出した「おでんシステム」の話。

<数種類の花が入ったブーケを買って活けて楽しみ、そのうちに萎れて来た物を取り除け、次に買ったブーケと混ぜる。おでんのように新しいネタを仕込みながら煮る>(要約)んだそう。

<息の長い百日草などは、それだけ別のカップに移す。このカップを小鍋と呼ぶ。煮込み過ぎた昆布などのネタをおでん屋の大将が別のエリアに移す姿を参考にした>(要約)とも。

 はい! それ 私も長年やってまーす!!

最近はInstagramに おでんが小鍋に変貌していく様子をアップもした。 以前から『ベランダで花を育てるのは下手だけど、切り花を長く楽しむのは得意☆』と豪語していた私。

Instagramで友人達に見てもらえるという新たな楽しみも増えたので、この趣味は加速しそう^^

 するとね…以前からの夢だった『ベランダの花を切って活ける』自給自足も 再挑戦してみたくなるのよねぇ。何度も挫折してて『もう私はベランダで花は無理!』と諦めてたのに。

 昨春、四つ葉のクローバーの種を蒔いて発芽させ、たくさんの四つ葉を収穫(笑)した。

1年たった今もプランターには クローバーが溢れ、四つ葉も頻繁に見つけられる。

 それに自信を得て、パンジーとラナンキュラスの花苗を買ってみた。 すでに咲いてるので、プランターに移植しただけでベランダが賑やかになった。 いつまでもつか自信ないけど。

 窓からベランダを覗いては「ふわぁ~~綺麗だなぁ~~可愛いなぁ~」と呟き、ベランダに出ては、腰に両手を当てて『どんなカップに活けようかな』と考える楽しいひと時。



Dsc_4156

 我が家のベランダに日差しが届くのは午前中のわずかな時間のみ。 なので、家に居る時は日向を追ってプランターを移動させる。

奥のアイビーだけは、私にしては珍しく失敗してないご長寿プランター。もう20年近くここに居ると思う。

マンション駐車場の植え込みにも移植した。一日中日差しの当たるそちらの方が今は生き生きとしてて「花桃さんのアイビー」と呼ばれている。

Dsc_4126

 午後2時ちょっと前には 細い日向に一直線に並べる。

 この写真を撮った時よりも、今は更に3つ増えて華やかになった。一列も長いの。

ローダンセマムとオステオスペルマムとオリズルラン。どれも「おでんシステム」で活躍させようと考えている♪

いざとなると「え~ これを切っちゃうとプランターが寂しくなるなぁ…」と躊躇してるんだけど(苦笑)

茎が折れたり、萎れる寸前のもの(これが切って水揚げすると持ち直すんだよね)しか おでんシステムに参加させていない。

 亡き母も花が大好きだった。 庭の草花を切っては小瓶に挿して玄関やテーブルに飾ってたなぁ。

 中学生の時から二十歳で膠原病を発症するまでの7年間、生け花(池坊)とお茶(表千家)を習っていたので花器もたくさん買った。母と選んだ花器や水盤が数えきれない程あった。 私のお気に入りは結婚する時 いくつか持ってきたけれど、母も使いたいお洒落で高価なのは置きっぱなしだ。 あれ…欲しいなぁ。

 母は アルツハマーを発症してからは、散歩の度に道端や公園の山茶花をちぎってきて、花瓶は出せず、台所の器や果ては鍋(まさに小鍋)にまで入れて、流し台を埋め尽くしてた。

そのうち『これは絶対にどこかのお宅の花壇の花だ』と思われるようなのも混ざり出したんだった。(…そしてグループホームへ入所)

 私も母の通った道を行くのかな…。

 

 閑話休題。

 花好きないとうせいこうさん、勝手に親しみを感じてしまった。

私も細々とおでんシステムを楽しんでますよー♪

Dsc_4289
自給自足の<パンジーと四つ葉の小鍋>

|

2021年2月16日 (火)

幸せをキャッチする

 先月 朝刊の投稿欄で見つけた。

Img_20210122_103947-1

 まず思ったのは「この方は幸せをキャッチするアンテナの感度が高い…この方自身がお幸せな方だなぁ」でした。

『近くに居た歩行者がさり気なく私の進路を空けてくれ』…空けてくれた事に気づかない人だって居るよね。

『渡り終えて振り向くと』…自分が歩く事に必死で、渡り終えて振り向く事だってしないかもしれない。

『そんな出会いから、何となくいつもより楽しくて元気になれました。この先もリハビリを頑張ろうという気になれました』

『つえを使うようになってから世の親切がうれしく、身に染みる今日この頃です』…素敵だなぁ~!

 

 そしてもう一つ気づいた事。

<幸せを上手にキャッチできるこの方>は、ご本人の意思とは別に『幸せの粒子を振り撒いて居るなぁ』

 渡り終えた投稿者に頭を下げられて にっこりした人は、その瞬間『無事に渡れて良かったですね^^』と思うと同時にあったかくって優しい気持ちに満たされたはず。 

『良い事した』と言う程のあからさまな気持ちではないだろうけれど、それでも『こういう機会があったら また気を付けてあげたいな』と思ったんじゃないかな。

「気を付けてください」と優しく声をかけたバイクのおまわりさんも同じ。

一生懸命つえをついて歩いている方を応援したい気持ちが溢れてきたんだと想像する。

この投稿者には『周りの人の優しい気持ちを呼び起こす力』があるんだろうなぁ。

投稿を読んだ私も 胸の真ん中がほわんとなって泣きたいようなやさしい気持ちがこみあげてくるもん。

 

 コロナ禍で苛々しがちな日常に 神様が【つえで歩く77歳のお年寄りの姿】をして空から降りて来たのかもしれない。

 

 

 

 

|

2021年2月 9日 (火)

惜しかったなぁーーー!

 昨秋、テレビで『名古屋のフルーツ大福の有名店』を見て いいなぁ~と思ってたら、支店が私の住む街にできた。

土曜日、夫が並んで買ってくれると言うので、たくさんの種類の中から何を頼むか 前夜金曜日 ネットで商品を確認した。

「べんてんや(弁天屋)」と入力する。<ここで「んんん?」と思ったあなた、しばしお付き合いくださいませ>

思ったような店が出てこない。

「弁天屋 フルーツ大福」で検索したら出た♪ 店の住所も合ってる! 季節的にありそうな商品名を書き出して 夫に頼む。

 

 土曜日、開店30分前に並んだ夫が大きな紙袋(候補はたくさん書いたけど その中の2個で良かったんだよ、ほんと!)を持って帰宅。

ワクワクしながら紙袋から箱を取り出す。

「弁才天」

あれ? なんか違和感。私が思ってた字面と違う! 初めて心の中でちゃんと読んでみる。

「べんざいてん」

弁才天じゃーーーん! 「弁天屋」で出てこないわけだわ。…でも2回目には出たなぁ。スマホの中の小人さん頑張ってくれる。

弁天

はぁ…惜しかったなぁ。

3文字中 2文字は合ってるんだよ。(確率の問題では無い…汗)

テレビで見た時は きっと「べんざいてん」ってナレーションが何度も言ってたんだろうけど、しっかり覚えてないよね。なぁ~んとな~く「べんてんや」って記憶しちゃったよね。数ヶ月過ぎちゃったし。

花桃ブログを読んでくださってる皆様は もうお気づきでしょう。 つい先日の花桃の思い違いブログ。

BTS

BLT

3文字の名詞は パッと見たビジュアルがシンプルなので ほぼ『ちゃんと読まない』

 

花桃<間違い語録>を作ろうかしらん。

 

ちなみに 弁才天のフルーツ大福は、高級な果物がうっすら白餡と求肥をまとってる感じ。


Bennzaiten

「2個でいい」とのたまったあたくし…土日で6個を食べてしまいました。(だから2個でいいって言ったんじゃーーん!)

お高いおやつになりました(冷や汗)

|

2021年2月 1日 (月)

もー やだぁーーー

 友達とLINEでお喋りしてたら

「気分を上げる為にBTSのダイナマイトを馬鹿みたいにリピートして聴いてる。まだ飽きない」と。

ん? BTS? 最近 私もその名前見たわ。

子供が躍る動画に『BTS』とあり、Kポップなんだろうなぁ~と思ったの。

それを話そうとして 入力画面に「びー」と入れたら「BLT」と変換候補が出たので、何の疑いもなく

「私も偶然見た! 踊る子供が主体なのでBLTの姿も音源も曖昧だけど、一ヶ所 ババババンって感じに聴こえた音が いいな❤と思った」

Y子「ダイナナナナ…のところだな」

そんなので分かるんだ~~~☆

で、彼女の解説が続き…私はハッと気づく。

あれ?『BLT』じゃないじゃん!

私「BLTってなんだよーーー(涙笑) ボーイズラブ?」

そこから『BLT』の話になり(おばちゃんあるある)

Y子「BLTサンドイッチってあったよね。クラブハウスサンド」

私「レタス・トマト…Bは(なんだっけなぁ…)ビーフ?」

同時に

Y子「ベーコン?」

私「ベーコンだ!」

BSTの話から ここへ来た。 それもあちこち寄り道しながら。

もぉーーーやだぁーーー涙笑

 

 私は子供の頃から本を黙読するのがすごく速かった。友達と一緒に一冊の本を読んでる(マンガも雑誌もよく数人で一緒に覗き込んで読んだなぁ)と、私がそのページを読み終わっても 友達がなかなかめくってくれないので2回読めるくらいの速さ。(ものによっては3回読めた事もある)

 速さの理由の一つには『登場人物の名前をきちんと読んでない』ってのがある。

「浦島太郎」と書いてあっても「うらしまたろう」とは読んでない。字面で認識してるだけ。だから速い。

物語の内容はちゃんと理解してるのでディスレクシアでは無いと思うんだけど。

 長い名前になればなるほど『形で認識』になる。 カタカナの名前でも長いのは 上の二文字くらいしか見てない。

大人になってもそのままなので、友達と感想を言い合う時、主人公の名前さえ出てこない。

「主人公の青年が」となり、他の登場人物も「幼馴染の酒屋の娘」「熱血の部活コーチ」「途中で少しだけ出て来た老女」って感じになる。

 

 なので今回の『BTS』も「BとTがあった」くらいの認識で「びーてぃーえす」とは読んでなくて。

おまけに「びー」の入力で『BLT』が出ちゃったんだもん仕方ない(大笑

 

 今回は 私の『速読み(速読に非ず)』の癖が引き起こした勘違い・うろ覚え・思い込みだけど、これからは老化も手伝って こういう間違いが増えそうだわ(汗

 

 

 

|

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »