日々のこと

2017年8月21日 (月)

こんなに大きくなりました~

 6月29日に ベランダのプランターに生えて来た謎の植物の写真を載せた。
 二か月近くが過ぎ、その子はぐんぐん成長しています。

Img_3699_3

 茎はどんどん太くなり、下の方の葉っぱは 次々に枯れて落ちる。

 もしかして「木」になるつもり?

 嵐の日には、風で倒れてしまいそうで、室内に避難させた。

 昔、青桐の種を埋めて発芽させ、成長を見守った事があるけれど、10センチくらいまで育ったら枯れてしまった。

 これは長持ちしてるわ~。

 でも 根元にある『ここちゃんポトス』も根付いたようで、つるを伸ばし始めている。

 ここちゃんポトスを育てるためには この大きな3本は無い方がいいよねぇ。

 そろそろ間引き(というには大きすぎる?)しておこうか・・・と迷っています。

どこかが弱りかけたら抜く(切る?)んだけど 3本とも元気なのよねぇ。

|

2017年7月22日 (土)

おモードなここちゃん

 先日、ここちゃんが遊びに来てくれました。
 股関節の具合が悪くて歩けないので、外遊び無しで我が家の玄関へ。
 駐車場まで迎えに出た夫が押す玄関チャイムに よたよたと慌てて出て行くと・・・開けたドアの向こうには 紺色のワンピースのお嬢さんが!!
 ここちゃぁ~~~ん♡
 
 パフスリープにグレーのオーガンジー風のチュールスカートがくっついてて、頭には白い大きなリボンのついた紺色の帽子。
 (服装などがわかる写真の公開は涙をのんで自粛します)
 「こんにちは。お邪魔します」と ご挨拶もお嬢様。
 どんどん大きくなるなぁ。
 

Img_3628

 輪投げ遊びの点数を計算する・・・おぉ! ばぁばに教わったひっ算を我流に。

 平仮名の「の」だけを見つけて「のー」「のー!」と読んでたのが ほんの少し前だったのに・・・カタカナも漢字も書く。アルファベットも書く。

 卓球をする時は 熱中して楽しくて 可愛くお口が開いちゃう^^

(写真自粛…うぅぅ)

 

 学校もお稽古事も頑張る小学生のここちゃん。

 でも やっぱり面白可愛いのは健在。

 『ここちゃん建材資材置き場』から梱包材を出して 帽子とワンピースに。

Img_3669

 鏡に全身を映して ご満悦の様子。 せっかくのお嬢様ワンピースがぁ・・・涙汗。
確かに この帽子、正面から見ると皇室のプリンセスみたいで素敵でしたけど。
(写真自粛…むぅぅ)
 
 この数日後、ここちゃんは初めての通知表を貰い夏休みに突入しました。
 成績は予想通り優秀だったようです☆

|

2017年6月29日 (木)

何になるのかな?

 何年か前、ここちゃんとカッカからプレゼントされた寄せ植えの中で ポトスだけがずっと元気だった。
 ベランダの鉢に植え替えて可愛がっていた。
 ところが、この春、葉が黒くなり始めた。
 
 以前にも全体が黄色がかってしまい気をもんだ事があるけれど、特別な手当てもしないで持ち直したことがある。
 今回も、黒くなった部分を取り除く事で何とかならないかと思ったけれど、鉢からはみ出す勢いにボーボーのびていた枝葉が どんどんみすぼらしくなっていった。
 その頃、カッカも体調を崩していて『ここちゃんカッカポトス』とシンクロしているのでは…?と 密かに心配もした。
 カッカは服用していた薬が合わなかったとわかり 今は快調。
 
 でも・・・ポトスは全滅でした。
 さて ボーボー元気だった頃、私は時々 葉のついた枝を切ってグラスに挿し、流し台に飾っていた。
 蛍光灯の光と水だけで、切った枝から根が育つのが面白かった。
 そうやって飾っていた一枝が奇跡的に残っていたので、一縷の望みを託して それをプランターに植え戻してみた。
 願い通り、どうやら根付いた様子。
 ただ、葉は黄色っぽくて あまり元気には見えない。
 何としても ここから再生してほしい。
 
 水をやり過ぎないように注意しながら、プランターを眺めていた毎日・・・ある日、何かの芽が出ているのに気づいた。
 1つ・・・翌日には もう一つ・・・さらに もう一つ。
 数日ごとに増えた芽は 最後には5つになった。
 
 何だろう?
 以前は別のプランターに面白半分に埋めておいたアオギリの種から発芽した事があった。
 スイカの種も埋めて発芽したなぁ・・・。
 でも今度のは覚えがない。
 飛んできたとしても、ボーボーだったポトスの隙間に こんなに複数 着地できるものだろうか?

Img_3568_2

 
 ポトスの生育の為には、他の植物は無い方がいいんだろうけれど、どうなっていくのか興味があって しばらく観察する事にした。
 この写真を撮って一週間後 こんなに大きくなりましたーーー。

Img_3571_2

 ポトスが覆われそうです。

 でも これが何になるのか知りたいから もうしばらく観察。

 小さいのは間引きしました。

 ポトスも相変わらず黄色いけれど、ちゃんと成長してるっぽい。

 どっちも頑張れ~~~♡

|

2017年6月15日 (木)

子どもの力

 先日、マンションの植木の剪定をした。
 
 毎年、春と秋に マンション住民総出で作業をする。
 
 普段、挨拶程度のお付き合いでも 年に一度の総会と マンション周りの掃除・植木の剪定の折には 和気あいあいとした時間を過ごす。
 
 参加メンバーの中に Yさんちの三兄弟がいる。
 3人ともが同じ顔をした小6・5の年子のお兄ちゃんと小2のお嬢ちゃん。
 
 元気で明るいお母さんと一緒に 幼い頃からマンションの行事には出ていた。
 小学校高学年になったお兄ちゃん達は もう立派な戦力。
 
 40~50代のおじさん達が のこぎり片手に枝を切って
「もう腰がもたんわ~。 頼む!」と お兄ちゃんに渡すと 嬉しそうに意気揚々ととりかかる。
 
 おじさんおばさん達が「すごいねぇ~」「やっぱり若いから力があるなぁ~」と 取り囲んでほめそやし、ほほえましい。
 
 落ちた枝や枯葉を集めて袋に詰める作業は末のお嬢ちゃんも活躍。
 
 子供たちの「ここに まだあるよ~!」「お兄ちゃ~ん、こっちーーー」高くて元気な声は それだけで 周りを明るくする。
 
 そんな中、カタバミをクローバーだと思ったお嬢ちゃんが 私に教えてくれました。
 
「ここに四つ葉あるかなぁ。 私 カレシから 五つ葉のクローバーもらったよ」
 
カレシから?
 
彼氏…?!
 
 思わず聞き返すおばちゃんな私。
 
「え? 〇ちゃん 彼氏いるの?」
「うん!」
 
 興味津々のおばちゃん さらにつっこむ。
「いつからお付き合いしてるの?」
「幼稚園の時から! 同じクラスだったの」
 
 ひぃ~~~笑。
 
 で、さらにつっこむ。
「永いお付き合いなんだね。いつか結婚するの?」
「う~ん、多分ね! でも どうなるかはわからない」
 
 ですよね。
 
 微笑ましさプラス 思いがけない『おませな子ども事情』を知り、ビックリ。
 
 
 
 ともあれ、元気で明るく素直な『子どもらしい子ども』に 力を貰った半日でした。

|

2017年5月25日 (木)

小学生ここちゃん♪

 
 小学生になったここちゃんに やっと逢えました☆
 
 毎日、宿題も出て、お稽古もあって、大忙しのここちゃん。
でも元気に楽しく通学していると 報告を受けています。
 
 長くなった髪を二つ結びにすると すっかりお姉さん。
 
 それも可愛いんだけれど、すでに夏毛にカットしました。
カッカと一緒の美容院へ行ったそうで、後ろから見ても横から見ても、おっしゃれ~なボブヘア。
 
 なんだけど・・・
 

Img_3320bb

 ツイスターゲームをやったら こんな姿に!

 本人は大真面目。

 体がまだ小さいのでリーチが短いのを柔軟性とバランス感覚で補います。

 あまりに遠いマスの時は、しわくちゃに引き寄せる強引な技も使いつつ善戦します。

 

 小学生になったので写真は公開しないと決めたんだけれど、前回のここちゃんブログ、友達からも「見られなくて残念」と言われたし、私もなんか物足りないし…。

 で、この写真なら顔も服装もよくわからないからいいかなと、カッカに許可を得て公開です。

 

  続いて、小さなプラスチック製のドーナツを使ったオセロ風のゲームでは、すぐにルールを理解して夫と対戦。

 終了後、コマを数える時にそれは起きた!

 ドーナツの中に豪華なトッピングをした物がそれぞれ2個あって、それは2点。

 ここちゃんの持ちコマの中に1個あった。

 さて ここちゃんが数え始めます。

「1、2・・・7、8」で、そのトッピングドーナツを数えず「9、10・・・13、14」と普通のドーナツを全部数え終わると、トッピングドーナツに戻って「15、16!」と。

 ええええええ~~~~! そんな数え方、どうやって覚えたの? 自分で思いついたの? すごくない?!

 

 7歳児の知恵にビックリです。

 

 7歳のお誕生日は過ぎてしまったけれど、我が家でも遅いお誕生日会を。

Img_3335bb

 このおてても お口も かぁ~あいいでしょう~~♡

 ろうそくの火は 2回吹いて消しました。

 昔は、何度も頬を膨らませて吹き消してたのに、ここでも成長を実感。

 

  可愛いおしゃべりと笑い声が満ちた我が家のリビングでした♪

 

  乳歯が生え変わる時期で、2本がぐらぐらだったここちゃん。

帰りの公園で逆上がりをした瞬間、血液が逆流したようで歯茎から出血。

 ビックリしたんでしょうね、カッカにしがみついて顔を隠して ちょっと泣いてました(涙笑)

 

 帰宅後 2本まとめて抜けたとメールがありました。

 前歯が開いてスースー言ってるらしいです(笑

 

 

|

2017年5月 5日 (金)

年に一度の

 
 中学時代の恩師のお家で 毎年バーベキューをしてくださって 我が家は夫婦でお呼ばれしている。
 
 結婚してすぐくらいからだから、もう30年近く(30回近く)になるんだよねぇ。
 
 
 メインは 田楽だったり、カツオのたたきだったり、山菜のてんぷらだったり。
 
 参加メンバーも『恩師ご夫妻の教え子夫婦と その子供たち』 で にぎやかだった時代もあり、『その子供たち』が大人になって きゃーきゃードタドタが途絶えたと思ったら 続いて恩師ご夫妻のお子さん3人がそれぞれ家庭を持ち、連れ合いと子供たちが増えた。
 
 
 世間では出生率が下がっているのに、ここでは見事に豊かな次世代に繋がっている。
 
 
 お呼ばれのメンバーは 毎年 それぞれ何かを持ち寄る。
ポテトサラダ・杏仁豆腐とフルーツポンチ・手作り餃子・柏餅などなど。
 
 
 私が ここ数年 お持ちするのは『ご飯もの』
 
 最初はおにぎりと玉子焼きだった。
 
 翌年、おいなりさんを作って、すし飯が少し余ったので、冷蔵庫からきゅうりを探して 急きょ かっぱ巻きも。
 
 ・・・初めての『巻き寿司』に四苦八苦。
 
 今年は、お手軽道具を使った^^ (それでも年に一度しかしないので ちょっと苦労した~)

Img_3254

 
 相変わらず詰めの甘い『行き当たりばったり』なので、またもすし飯が余り、きゅうりを使い果たしてしまったから、梅干をほぐして巻いた。
 
 
 こうして詰めてしまうと 意外に『たいした量じゃないのね』だけど、トレーに 出来上がった物から いなり寿司・かっぱ巻き・おにぎり・卵焼きを積んでいった時は お店屋さんが開けるかしらんと思ったわ。
 

Img_3257

 かっぱ巻きを切った端っこと、こげた卵焼きは 我が家のサッカー観戦のお弁当に^^

 

 恩師宅のバーベキュー、先生ご夫妻よりも先に 切りたてのおさしみと 焼きたてのネギまを食べさせてもらって…スタジアムに行く為に 早退となりました。

 

 今年だけは特別なんです…。

 

 去年からは『教え子の子ども達』の結婚がスタートし、一年ぶりに会ったお嬢さんは お腹が大きくなってました。

 

 来年は また新しい赤ちゃんがメンバーに加わるんですね。

 

 残念ながら我が家は こうして未来に命を繋げていく事ができないけれど、新しい命や幼子たちの成長を近くで感じられて嬉しい。

 

 来年も 私が元気で おにぎりお稲荷を作れますように。

できれば、もっと上手になりますように。

 

 その為には、普通の日に巻いて練習しないとね!  って事で、夕べも青しそと梅干を巻いてみました~。

 …多分、これで今年の私の『巻き巻き練習』は、これで最後。

 また来年のGW 新たな気持ちでチャレンジになることでしょう。 

 
 
 

|

2017年4月 4日 (火)

ここちゃんの「お絵描きしりとり」

 
 日曜日 ここちゃんが遊びに来てくれました。
 
 この春から ここちゃんは 小学生になります。
 
 今までよりは 一人で行動する時間が増えると思われ、顔の一部を隠しても服装などで誰かに目を点けられるといけないので このブログで写真をアップするのは控えます。
 
 たくさん撮った写真は、相変わらず面白可愛いくて、くるくる変わる豊かな表情をお見せできないのは残念ですが…。
 
 公園のブランコは 真っ直ぐに板ブランコに。
 
 先日 夫が「もうここちゃんのブランコを押す事もなくなるんだなぁ」とぽつりとつぶやいた。
それを言ったら すぐさま板ブランコを降りて幼児用ブランコに。
 
「3歳から6歳までだから」と。
 柱に貼られた適用シールをちゃんと見てます。
 
 
 今日は、ここちゃんとカッカのお絵描きしりとりの写真を。
 

Img_3232bb_2 

 実はここちゃん、幼稚園で家族に宛てた年賀状を描き、 県民共済のコンクールで佳作に選ばれて表彰されたんです。

 カッカの遺伝子を受け継いで、絵が上手だしセンスがいい。

 さて、今回のお絵描きしりとり、最初に黄色で動物を描き始めたので それはもしかしたら最後に「ん」がつくのでは…と 密かに心配するも…。

Img_3233bb_2

 心配を吹き飛ばす「くまのぷー」!! 笑わせてくれます。

 カッカも負けじと「プリン…アラモード」で応戦。

Img_3235bb_2

 カブトムシかクワガタか「むし」も可愛いけれど…「とくもり」って…大笑!

Img_3236bb_2

 「ゴリら・ラ」が うほうほ 言ってるのが なんとも面白可愛いでしょう~。

 ピンクのパンツも! ちゃんと足を入れる穴まで描いてあります。

Img_3237bb_2

 そして最後は フラスコに入った風の「えきたい」 どこで覚えたんでしょうねぇ。

 どんどん知恵も知識も増えていくここちゃん。

 風船を膨らます時は、私以上にビビりで破裂が怖くて顔が面白い。

その様子を見て私達夫婦は可愛くて笑う笑う。

 夫の楽しみに応えて 相変わらず段ボール箱に入ってくれるし。

 台所卓球では 前回の10回ラリーから「20回続くまで!」と 一気に目標が上がってる。

「今日20回続いたら、次は30回やる!」と、目標設定が高いぞー。

 カッカと「あっという間に中学生かも」と話してた。

 ほんと…出会った時は2歳になるちょっと前だったもんね。

 中学生になるここちゃんを 私も元気で見られますように。

 

 

 

|

2017年3月30日 (木)

やさしさの微粒子

 昨秋、向精神薬を止めた事と類天疱瘡の痒みで、母が暴力的になった。
 支援員さんや 常駐の看護師さんと相談して、薬を再開してもらった。
 お陰で 近頃は すっかり落ち着いた。
 もう私の事もわからないし、声を発する事もない。 
大きな赤ちゃんになった母のところへ 相変わらず毎週通っている。
たまに母が私をじっと見ると、それだけで嬉しい。
 
 車椅子かリビングのソファーに座っている母。 自分で動くことがないので、関節が拘縮するだろうと考え、膝や腕を動かす運動を始めてみた。
 
 私が股関節の手術後、リハビリ室で理学療法士さんにしてもらったように、母の太ももを持ち上げて膝の関節を曲げる。
 
 聞こえてないけど「いっち にー いっち にー」と声をかけながら。
 
 
 続いて、向かい合った両手を繋いで 上下に動かしたり「開いて~ 閉じて~」や「ぐ~る ぐ~る ぐ~る」と回す。
 なんとなく 母がこれを気に入ってるような気がするの。
 
 同じリズムで左右交互に動かしておいて、ちょっとリズムを変えると 最初のリズムのつもりで母の手が動き始める瞬間がある。
 ああ、ちゃんと母もやってるんだ^^ と 嬉しくなる。
 
 ただ、これを数回やると 私が息切れする…とほほ。
箸より重いもの持った事ありませんから~~~笑。
 
 息切れしたら 母の手指のマッサージをして 自分の息を整える。
 そして再開。
 
 入居のお仲間が「いつも ご苦労様だねぇ」と 私に声をかけてくださる。
 
 この施設の入居は要介護3以上。 
おそらく病気などによる身体機能の低下で要介護度が上がってるんでしょう、認知機能に衰えが無さそうな方もみえる。
 
 毎週 リビングでお会いする人には「こんにちは~」「お邪魔します」「お世話になります」と挨拶をする。
 
 
 無反応の人や、支援員さんと区別がつかない人もいるけれど、しっかり対応してくれるのは、認知機能に異常が無い人なんでしょうね。
 
 支援員さんが「Tさんが、母桃さんがパンを食べるのを手伝ってくれたんですよ」とか
「母桃さんのおでこに黒いあざ(真っ白な頭髪の根元に黒い毛が生えてきた)があると Tさんが心配してくれました」とかって 教えてくれる。
 
 このTさん、入居当初から 私によく話しかけてくれた。
「実の娘さん?」
「はい、そうです。そっくりでしょう」
「実の娘はいいわねぇ」
 
 ある時は
「失礼な事を聞くけれど、あなたは結婚はされてるの?」
「はい、してます」
「ああ、それならよかった」
 
 グループホームに居る時も、他の入居のお仲間に「結婚してるの?」と よく聞かれたなぁ。
 母の介護をしてて婚期を逸したんじゃないかと心配してくれてるのかな。
 
 もう一人Nさんも、テレビの前に座る母とよく並んでいて、私がマッサージなどをしてるのを見ながら「この方は幸せだわ」と言ってくださる。
 
 テレビ体操が始まったら、私がNさんを促して 一緒に体操の真似事をする。
それまで「年取ると、できない事ばかりになってしまって、もう嫌になるわ」と 言ってたのが  お顔が 生き生きとする。
 
 小中学校の同級生のお母さんもいらして、この方はお元気お元気。 そして明るい。
私が「○君の同級生」だという事もちゃんと認識してる。
 
 母の事は「この人は 一番おとなしいおばあさん。 いつも じ~っと座っとらっせる」ユーモアたっぷりに紹介してくれる。
 
  病院の個室にいるように、自分の部屋でテレビを見てる人も多いらしい。
なのでリビングでお会いする人は数人で、私は顔と名前を覚えてしまう。
 
 皆さん、穏やかな方ばかりで、母の頭のねじが錆びてなければ きっと良いお付き合いができたでしょう。
 
「すみません。母は耳が聞こえないし、認知障碍でいろんな事がわからなくなってるので、挨拶もできないし、きっと失礼な事をしてると思いますが 許してくださいね」と いつも謝っておく。
 多少は物忘れはあるようで「ああ、この人は聞こえんのかね」と、毎回 新鮮に納得してくださる。
 
 
 母のお世話までしてくださるTさんに、お礼を言いつつ、手を握ったら泣き出された事があった。
 背中をさすったら「ありがとね、ありがとね」と 更に泣かれた。
 
  きっとお寂しいんだろうな…。
 
 施設内は 複数の棟に分かれていて、各棟の玄関の下駄箱の上に 訪問者を書く紙が置いてある。
 
 私が書いて籠に入れる時は すでに数枚が入っているので、複数のご家族が面会にはいらしてる。
 
  毎日みえる方もいらっしゃると聞いた。
 
 TさんやNさんのご家族が どれくらいの頻度でいらしてるのか知らないけれど、もしかしたら私との触れ合いを嬉しいと思ってくださってるのかもしれない。
 
 母と会話が成り立たなくなった今、Tさん達とのちょっとした会話が 私も楽しい。
 
 支援員さん達も いつも明るく元気で感じよくて、母のちょっとした事を報告してくれる。
 
 
 昨日は、常駐の看護師さん(久しぶりに逢えた)が 類天疱瘡の治療に使ったステロイドホルモン剤の減量について、細かい説明をしてくれた。
 
 そして、以前、私が『母への投薬が寿命を縮めても、母が穏やかに過ごせることの方を選ぶ』旨を文書にして渡した事で「私たちとご家族が同じ方向を向けて、良い対応ができます。母桃さんは このところ すごく穏やかなお顔をされてます。 こうして娘さんが来てくれるのがわかるんですね」と言ってくれた。
 
 母の周りには やさしい気持ちが充満している。
 
 
 頑張り屋だった母の末路が認知障碍なんて、不条理だなぁと思う事もあるけれど、こういう環境に居られる事は 母の今までの頑張りへのご褒美なのかもしれない。
 
 
 そして、私も施設からの帰途、やさしい気持ちに包まれているのを感じる。
 
 
 以前 友達が「お母さんの面会に行く事が あなたの癒しになるといいね」と言ってくれたけれど、それを実感する。
 
 
 春の柔らかな日差しの中、やさしいきらきらの微粒子が私の車に降り注いでるような気がする。
 
 
 自分の体の痛みや異常以外にも 気がかりな事・気が滅入る事もあるんだけれど、やさしい微粒子のお陰で 眉間のしわが消え、鼻歌を歌いたいような気分になる。
 
 本格的な春になって、気温が上がると やさしさの微粒子が『暑い熱い悪魔』に変身してしまうだろうけど…。
 
 
  一日でも長く『やさしい春』が続きますように。
 
 
 
 
 

|

2017年2月 7日 (火)

ここちゃんの新しいお家♪

 新築したここちゃんのお家にお呼ばれしてきました。
 予想をさらにに上回る豪華でおしゃれなお家にびっくりの連続。
 
 玄関の鍵が自動でかかるなんて初めて見た。
 まずそこでびっくりして、玄関の広さに感動して、なかなか部屋に上がれません。
 上がったら、近代的でモダンな室内に またまたびっくり。
 
 新しいお家は、今までも友人知人に見せてもらう機会があったけれど、時代の流れなのか、アッタンマンとカッカのセンスのなせる技なのか「こんなの初めて~~~」の連続でした。
 大きなお家に住むお嬢様のここちゃんは そんな事おかまいなしに けん玉を披露♪

Img_2628bb

 膝を使って軽やかに操ります。

『球をくるっと手で回してからスポッと挿す 』なんてのも見せてくれました。

 何でも地道に練習するのが得意なここちゃん、縄跳び・うんてい・けん玉 次々とものにしていきます。

 あの根気と集中力 見習いたいです・・・無理だ。

 モデルハウスのよう・・・だけど、私の思ってるモデルハウスとは全然違う。

 ドラマに出て来る『普通の人は住まない超おしゃれな住まい』 

 

 

 2階のここちゃんのお部屋も見せてもらいました。

窓から見える景色も素敵で、これから四季折々の移ろいが楽しめるなぁ~♪

 

 机と棚が作り付け。

 その棚には、ツムツムやプーさんのぬいぐるみがぎっしり。

これがいつの日か、参考書や辞書になっていくんだね。

 

 この部屋で どんな女の子になっていくのかな・・・どんな女子学生になっていくのかな・・・幸せな体験をいっぱいしてほしい。

 隣には『ここちゃんのおもちゃ収納部屋』も。 作り付けの棚におもちゃがびっしり並んだ様子は 完全におもちゃ屋さん。

 

 ここもいずれは、ここちゃんのウォークインクローゼットになるんでしょうね。

 綺麗な娘さんになったここちゃんを 私は元気で見る事ができるかしら・・・。

 そんなばぁば感傷も カルタとりで吹っ飛ぶ。

Img_2650bb

 アッタンマンも一緒にカルタ取り。

読むのが上手なここちゃん「いぃ~い?」と 毎回 前置きして読み始める。

 も~ 何しても可愛いheart02

 よどみなく、ちゃんと意味の伝わる読み。 

小学校の国語の授業が楽しみだなぁ。

 

 時々、意味のわからない言葉が出てきて、読むのに戸惑うと、アッタンマンがすかさず「もう一回 読んで」と、からかう。

よく通る声で、ちゃんと正しく読み直してました。

Img_2699bb_2

次は「カッカ 読んで」と 自分も取る方に参加。

この構え方が また可愛いでしょ~~~♡

 アッタンマンと腕を重ねて取り合う素敵な写真も撮れましたが アッタンマンが重なりすぎてるので加工できず、公開は控えます(笑)

Img_2723bb

 フローリングのリビングダイニングは、公式卓球台を置いて本気で試合ができそうなくらいの広さ。

余計な物が置いてないので、ここちゃんを撮影すると白い背景に綺麗に映える。

我が家で撮ると生活感が写りこんでしまうのよねぇ・・・。

 白い壁の一面だけが渋い金色みたいな壁紙で、いつの日か、そこでここちゃんの振袖姿を撮りたいなぁと思った事でした。

 新築のお家を見せてもらうのは大好きで『素敵だなぁ~』と いつも思うのだけれど、この日の帰りは『あの家で暮らしてみたいなぁ』と思った事でした。

 ここちゃんが住んでるから・・・ってのもあるのかな。

 でも・・・私が暮らすと どうしても余計なものをごちゃごちゃ置きたくなってしまうのよね。

あのモダンな設えは、私には活かしきれなさそう。

 ここちゃんの新しいお家から帰ってみると 我が家は・・・ウサギ小屋・ぎゅうぎゅう詰めのマッチ箱でした。

 

|

2017年1月 5日 (木)

2017年の年賀状

 今年最初のブログです。
 
 旧年中 読んでくださって ありがとうございました。
 今年も 週一くらいのペースでの更新になりますが、時折覗いてくださると嬉しいです。
 
 さて、毎年 11月から始まる私の年賀状作成。
 去年はハプニングがあった割に、早く完成させました。

Image608bb_2

 11月に入ったと同時に、PCでレイアウト図をいくつも作っておいた。
 
 その中には『2016年の寿人とのツーショット』を入れたものも。
2016年のお正月に(作ったのは2015年) 寿人とのツーショット入り年賀状を試しに10枚だけ作って出してみたところ、2人から嬉しい反応があったので、2017年用は 私の友達全員 それにしちゃおうかな・・・と思った。
 
 でも30枚だけにとどめた。
 正解でした。
 11月15日に印刷し終わった『ツーショット30枚』には 『サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手』と文字も入れてある。
 これに手書きで『今年から名古屋グランパスに移籍』と書き加えなくてはいけなくなった。
 
 下地こそPCで作って印刷するけれど、そこに花弁や縁取りを貼り絵して、それぞれの相手に向けた言葉を手書きし、宛名も手書きするのが私の流儀。
 書く作業は少ない方がはかどるのよね・・・。
 
 ツーショット年賀状30枚にしておいて良かった。
 友達全員宛だったら何枚 追加の文言を手書きしなくちゃいけなかったでしょう。
 
 『もう夫関係の貼り絵は簡潔にする!』と割り切って 2~3年前から区別して作ってたら、花弁を8枚貼ろうが3枚だろうが、それ一枚だけ見る分には遜色は無いと気づいた。
 
 特別な友達(私の年賀状を期待してくれてる)以外は 以前のような花弁いっぱいはやめた。
 
 よって随分、早くに完成し、12月17日には175枚の最後の分を投函し終えた。
いつも20日過ぎまで貼り絵をしてるので、早すぎて気が抜けた。
 
 さて、私に届いた年賀状には「子どもが結婚」の報告が増えて来た。
この前まで『入学』『運動会』・・・『成人します』『社会人になります』・・・当然の流れなんだけど え? もう結婚?!と驚く。
 
 自分も歳をとるはずだわ。
 
 毎年、年賀状を書きながら
「いつまで私の苗字を間違えてるんだ!(難しい漢字ではないんだけど、うろ覚えの音では変換できず、こうなっちゃうよね・・・というケースが多い)」
「私は時間をかけて作ってるのに、こんなダイレクトメールみたいな年賀状(宛名も本文も印刷のみ)しかくれないんだよねぇ~。一言くらい書き加えてよ。来年は、もうこの人には同じようにダイレクトメール風にするぞ!」
「苗字どころか、私の名前の漢字まで違うじゃん! 何年付き合ってるのよ!」と 怒れてくる事が多い。
 
 それでも結局、毎年、前年にもらった年賀状を見ながら、一枚一枚 手をかけ手書きして出してしまう。
 
 それができるのが幸せなんだよね・・・と思った事でした。
 体の衰えは著しくて毎年、年齢以上に機能が老化しているけれど、今年の年末も ぶーぶー言いながらも「ああ、元気で書けて幸せだな」と思えるといいな。

 

|

より以前の記事一覧