日々のこと

2019年2月20日 (水)

動き出したー☆

 この前「大丈夫…じゃないかもね」とブログを書いてから10日も過ぎてた!
 一週間くらいのつもりだった。
 やっぱりおかしかったなぁ、私。
 心がフリーズしてた。 
 良くも悪くもオープンマインドの私が無意識にクローズしてた。
 
 11日早朝から熱が出て、インフルエンザかなぁと構えたけれど、高熱にはならず。
内科で処方されている数種類の薬の中から『PL顆粒』を選び、風邪対応にしてみた。
でも頭痛・鼻水・咳などの症状は一切なくて、熱も上がったり下がったり。
私の冬場の平熱は35.5度なので、37度になると ちょっとしんどい。 でもそれ以上にはならず。
 花粉症かも…と 自己診断を変えて、抗アレルギー薬にしてみた。
でも微熱は変わらず、動悸がするし、少し動くと横になりたくなって、横になると眠ってしまう。
 
 週末 とうとう「ステロイドホルモン剤大量投与」作戦に出た。
 去年12月の血液検査でドクターが「これは気に入らんなぁ」と 『プレドニン1錠を1、5錠に増量』の苦渋の決断をしたのに、自ら一挙に『4錠』に!
 功を奏し、それまで薄目で見てたような景色が多少 はっきり見えるような気がしてきた。
 母の事をさり気なく心配してくれる友達にも 泣き言も言えた。
 
 そしたら思いがけない展開が…。
 友達のお母さんのご高齢の叔母さんが、数年前に大腸がんと診断されたものの、本人の意思で治療を拒否し、今も元気でいると。
 親戚一同は「あの診断は何だったの?」と言ってるって。
 
 その情報で 私の気持ちが一気に変わった。
 先日の主治医との話し合いでは「このままだと、2~3ヶ月後に大腸が完全に詰まる。腸閉塞が起きた場合、普通なら人工肛門置換手術をするが、母桃さんには緩和ケアという選択もあり」
 施設の看護師さんや介護福祉士さん、ユニットリーダーさんとも その後 きちんと話し合って『2~3ヶ月後に腸閉塞を起こしたら、口からの栄養摂取は断念し、命が枯れていくのを見守る』事を決めた。
 母の最期を私が決めてしまった罪悪感と、何年も前から まだしっかりしていた母と私が お互いに伝え合っていた死生観にブレが無い自信。
 二つの想いの中で、私は自分を「無」にしてた気がする。
 
 ただ…腸閉塞を起こしても きっと母の心臓は動いているだろうとは思ってた。
「もう半年になるけど、まだ生きてるよ~」と苦笑する自分も想像できてた。
 
 それがね、友達のお母さんの叔母さんの話を聞いたら「まだ生きてるどころか、元気かもしれない!」と 希望が湧いて来た。
 
 大腸ファイバースコープ検査の画像で見た腫瘍。
腸管内がほぼ埋まってた。
 でも高齢の母の癌細胞の増殖はきっとゆっくりに違いない。
2~3ヶ月どころか、半年後も まだ詰まってない可能性だってある。
 先週は 母の所へも行けなかったので、昨日2週間ぶりに行って来た。
相変わらず母は食欲もあり、顔色も良い。
 支援員Uさんが「今朝もお話されましたよ」と 詳細を再現してくれる。
「ちゃんと会話になってるんですよ~」と笑顔。
 
 このUさんの声は 母の耳に一番届きやすいのか 今までも『母桃さんとの会話』の報告は彼女が最多。
 そのUさんではあるけれど、複数回の言葉のキャッチボールが増えて来たのが 私には不思議。
 最後の命の灯を燃やしてるのかなぁとも思う。
 ユニットの支援員さん達が「朝が一番 お元気で言葉が出やすいので 今度 動画を撮ろうって言ってます」って。
皆さんが 母との残された時間を大切にしてくれてる。
(…一年後も生きてる可能性あり)
 
 母の食事も 刻み食だったのが 先月の診察後からソフト食(多分 一番 高価よね)になった。
他の皆さんと同じ食材をドロドロにしてからテリーヌのように加工してある。
 白身魚にはとろみソース。
 人参と思しき柔らかいキューブにはマヨネーズ風味のソース。
味見してみると、確かにそれぞれの食材の風味はある。
スプーンで口元へ持っていくと 口を大きく開ける母。
 欲しいんだね。 たくさん食べてね。
 でも 毎回 こんな食事では満足感ないよね…。
 私が入院中、減塩食で虚しいのと同じ。
 
 昨日 介護福祉士・看護師・支援員さんと私で また話し合いの時間を作ってくれて
「母桃さんが美味しいと思ってもらえる食事も たまにはしましょう。美味しくない物を食べて寿命だけをのばすよりも、母桃さんが少しでも嬉しいと思ってほしい」と。
私の想いそのままだった。
介護してくださる人達と私の気持ちがぴったり一致してる安心感。
 私が食べさせていた塩味の薄焼き煎餅も「再開してみましょう」となった。
 便をどろどろにする薬を使って、排便の量も増えているとの事。
 …なんか、私が週に一度 会いに行く時間は 以前と何も変わらないじゃん。
 むしろ 母の反応は数ヶ月前よりもしっかりしてるもん。
 『希望の光・スポットライト』とまではいかないけれど、それまで暗転だった舞台に照明が当たり出したような感じ。
 
 そうなると 色んな事が急に上手く回り出す。
 昨日は まだ少ししんどい体に鞭打って ボランティアの会議に出てから母の所へ行った。
 市役所の音訳ボランティア 今年度は輪番制の役員だったので、年度替わりのこの時期 引継ぎや調整で何度も招集がかかる。
 私が今 倒れたらダメだ。 私の代わりは居ない。 頑張るしかない。 気が張ってるから絶対に倒れないよ。何とか この時期をやり過ごそう。
 きっと前だけを睨みつけて悲壮な顔してたと思う。
 そしたら…木曜日に予定されていた研修会には出なくても良い事になった。 あっさり(笑
 それが無くなっただけで、荷物がすごく軽くなった。
 引継ぎの為の書類作成も目処がついてきたし、急に展望が開けて来た。
 
 夜 帰宅した夫にも 久しぶりに饒舌におしゃべりした。
ずっと『ご飯作っては寝て、食べては寝て、洗い物しては寝て、入浴せずに寝る事もあり』だったもんね。
 ただし…ステロイドホルモン剤大量投与中である事を忘れてはいけない。
『なんかやる気出て来たー! 頑張れる気がするーー!』のは、ドーピング状態・ステロイドハイの可能性も高い。
 
 …って事で 今朝は プレドニン2錠にしてみました。
 そしたら「今日は これとこれをこれをやるぞーーー!!」だったうちの まだ一つしか着手していません(汗
 

|

2019年2月10日 (日)

大丈夫…じゃないのかもね

 金曜日、母がお世話になっている特養の看護師さんと一緒に病院へ。
外科のドクターから病理組織検査結果の説明を受けた。
 先週 検査した内科のドクターが見せてくれた画像から 素人の私でも想像できた。
 
 で、予想通り。
 それを見越して、今後の事もドクターと相談できるよう、昔から 母と話し合ってきた事や、私が予想できる今後の展開の選択肢などを フローチャートにして持って行った。
 ドクターは 私の気持ちを汲んでくれていると感じられる。
 特養の看護師さんと3人でシンプルでも濃密な話ができた。
 
 その足で、母の待つ特養へ向かい、ユニットリーダーや社会福祉士さんも交えて報告と 今後の相談。
 皆さんが本当に一生懸命考えてくれて、寄り添ってくれて、ありがたい。
 
 子供の無い私達夫婦、私は絶対にボケるし、体の自由も早くに利かなくなるでしょうから、施設に入所する事は夫と決めているけれど、お世話になるならここがいいなぁ…。
 
 ブログを読んでくれてる友達から、全く別の要件を装いながら、さり気ない気遣いのメールやLINEが届く。
 
 なんかね…大丈夫なんだ。
 全然 大した事ないの。
 2018年12月、寿人の退団が発表された時の方がずっとずっと苦しくて辛かった。
 友達の真心に感謝しながら、いつもなら「実はさ~」と ぶちまける私なのに、それができなかった。
 説明するのが面倒だった。
 
 コンビニのビニール袋を手に夫が帰宅した。

Godiva

 GODIVAのラズベリーチョコレートケーキ(コンビニね!)
 
 『妻のトリセツ』なる本が売れてるそう。
 広告の一部に「これを読んで 突然の妻の無表情が怖くなくなった」とあるのを見た事がある。
 私の事だーーー! と その時 思った。
 夫は もしかしたら買って読んだのかも。
 
 ラズベリーチョコレートケーキが食べられるから嬉しくて元気が出るわけではないの。
 友達の真心よりも、一番身近な夫が『私を、私の母を気遣ってくれた』事が 元気の素になった。
 
 …と言う程 しんどいわけじゃないんだ。
 普通に眠れるし、食欲もあるし、普段と何も変わらない。
 
 でも 私の場合は この方が怖いのかも。
「しんどいよ」「苦しいよ」と言いまくってる時の方が 私らしくてまとも。
 大したことないと 強がってるわけじゃなく、何も感じないように麻痺させてるのかもしれない。
 それが続くと 体に「もう止まるしかないよ」って異変が現れるよね。
 
 一過性の外転神経麻痺がたびたび起きてるけど、2010年みたいに『一過性』が継続するようになったら困る~。
 
 

|

2019年1月 5日 (土)

リベートを!

 ご挨拶が遅れましたが、本年もよろしくお願いいたします。
 さて、年末の話になります。
夫の分の年賀状の宛名書きから解放されて、ストレスの無かった私。
いつも年末は 年賀状作りで怒ってた(笑)
ついでに、大掃除でも怒れてくる。
夫に「あれして、これして」とお願いするのは別にいいんだけれど『お願い』の体をとっても どうしても『命令』になってしまう。
 もちろん「手が届かないから それ取ってください」レベルのお願いは純粋に『お願い』なんだけど。
 毎年の事なんだから、自発的に「ここは僕がやります」と言ってほしいのよ…。
 で、毎年 暮れの大掃除で私は機嫌が悪くなる。
頑張り過ぎて疲労し お正月ずっと寝ていた年もあった。
 こんな事なら もうやらない! 
ストレス無く、怒りも無く、新年を迎えたい。
埃があっても年は明けるんだから☆
 と、心に決めていたら…年末休みに入った夫が真っ先にした事は『お掃除グッズ購入』
出た~~~!
 やると決めたら ぐだぐだ言わずに さっさと行動する夫。
 「これで風呂と洗面所は僕がやります」宣言。
 おぉーーー! その言葉を待っていましたよ。
 さて、このお掃除グッズ…Kis-My-Ft2 の深夜番組の影響なのです。
 我が家は数年前から その時間帯のKis-My-Ft2 をずっと見ていた。
最初の頃は「ジャニーズも変わって来たなぁ。この子達、頭悪そうだし、仲悪そうだし、見た目も藤ヶ谷君以外は どうって事ないし…」と 失笑気味で、でもよゐこ濱口君の絡みが面白くて。
 それがねぇ、長く見てると どんどん好きになっていくのよねぇ。
北山君が寿人に似てると思い始めてからは 特に北山君が好きになったし。
(北山君ファンのネット友達に言ったら『私にはどこが似てるのかわからない』との反応だったけれど、寿人を見た事のある友達に言うと『わかるー!』『似てる似てる!』となる)
 この数年で彼らはどんどん成長していて、ルックスもジャニーズらしくなってるし(あくまても花桃目線)グループ内で良いパスを出し合って 誰かのゴールを演出する事も増えて来てるし、見ていて気持ちが良い。
 Kis-My-Ft2 の説明が長くなりました(汗)
 と言うわけで、火曜日深夜「10万円でできるかな」は、我が家の楽しみの一つになってるの。
 北山君が何か可愛い事をして、私がうふっと笑ってしまう所では 夫も同じように笑ってて、他のメンバーに対する気持ちより北山君へのそれは強い。
 そんな彼らの「10万円でできるかな」には ネットで購入したお掃除グッズを使って大掃除する回があるのよ。
 宝くじの回や、福袋の回なども 夫と楽しく見てて
「これ 絶対 影響あるよねぇ。これ見たら 買ってみようって思う人 出て来るよねぇ」と言ってたのです。
 そして見事に夫はお掃除グッズを買ってみました~~~。
 さて、その成果は…と言うと。
 夫の作業が寒くないように 私は脱衣所に電気ストーブを持ち込んだ。
必要だったのは最初の数分だけだったようで、夫は途中で上着を脱ぎ、シャツを脱ぎ、下着まで汗で濡らして2時間半。
 結果! ぴかぴかになりました~~~☆☆☆  
 とは言えず…汗。
 え?2時間半もかかって なぜ? な状況。
 
 私は普段は カビ取り剤を使って30分くらいで目地を真っ白にするけど、夫はKis-My-Ft2 推薦お掃除グッズを使って(正しい使い方だったのかどうか不明)力技で頑張ったらしい。
「下の方は力が入れられなかった」
「うん、そうだよね。やりにくいよね」(いやいや上の方も随分 残ってますが)
「これだけ綺麗にしてくれれば十分! 今夜 お風呂入る時 明るいよ~~~。ありがとう~~~!」と言ってから、目に付く所だけカビ取り剤を吹きかけてブラシでササっとこすった。
 …すぐ白くなった(笑
 夫が購入してきたお掃除グッズ しめて4800円程。
 Kis-My-Ft2  売上向上に貢献してるよねぇ。 メーカーさん 彼らにリベートあげてくださいよ。
 

|

2018年12月28日 (金)

一日遅れのクリスマス♪

 先日 冬休みに入ったここちゃんが遊びに来てくれました。
 会えない間 我が家には ここちゃんと遊ぶ為に購入した玩具が どんどん溜まっていく。
 今回は手品を夫と練習しておいた。
 

Img_5083

 よくある『ギロチンで指を切る』手品。

 私の指でも細すぎるので ここちゃんの指だと もっと細くて隙間ができちゃう。

ビビり屋のここちゃんが怖がって瞬時に指を抜くかと思いきや 切れる恐怖もあまり感じなかった模様。

 シンプルな仕掛けながら『テレビなどで見るギロチン手品もこういう風なのかぁ…』と納得がいったのでした。

 

Img_5090

 続いて、半年ほど前に 私が新聞か何かで見て気に入った『食パンなどを留めておくプラスティック』にイラストを描いてわんちゃんにするやつ。

 真剣な顔で描くここちゃん^^

 そしてこの表情豊かで可愛いおてて♡

 出来上がったのは、またまた可愛いおてての上で歩かせます(笑

Img_5091

 夫と私が準備した物は 何でもちゃんと楽しんでくれる♬ 

幼いけれど、気遣いの女の子なのです。

 

Img_5135

 そして こういうの大好き。

 自ら進んでかぶって 鏡を確認に行って けっこう気に入ってます^^

Img_5138
 どんな娘さんになっていくのかなぁ。

いつまで遊んでくれるのかなぁ。

 帰りには 公園でブランコと雲梯も。

雲梯はもう一番高い所でも足がついてしまって何ともならず。

 赤ちゃんブランコに乗っていたのが遠い昔のよう。

|

2018年12月24日 (月)

今年の年賀状

 結婚してから32年間、夫婦二人分の年賀状を書き続けて来た。
 詳細は、毎年 この時期のブログを読んでくださった方はご存知かと(苦笑)
 
 結婚33年目の今年 とうとう宣言しました。
「あなたの分だけは 自分で書いてほしい」
 数年前から「自分の分だけ書いてほしいなぁ~」と 呪文のように言い続けてはいたのだけれど、夫は『年賀状作りのぼやき』のワンフレーズとしか捉えていなかった模様。
 
 でも 今年は違った。
 ここんとこ『認知症が始まってるんじゃないか?』と 事あるごとに思う私を見ていて、夫も もしかしたらその危険性を感じてるのかもしれないし、グランパスで寿人の出番が無くて落ち込む私に同情してたのもあるかも。
 
 夫が年賀状ソフトを買ってきた!
 夫は無限実行の人。
 やると決めたら、ごちゃごちゃ言わずに さっさと行動する。
「おぉ~ ありがとう~。今年は楽だわ~」と 私も一言だけ言って傍観のスタンスをとる。
 
 11月半ばにはパソコン画面とにらめっこする夫の背中だけを見ていた。
 私は 寿人の写真を使ったデザインを主体にして、目上の人用に別のデザインも作った。毎年 数十種類作る。
 ちらりと夫を見遣ると デザイン画面を触ってはいるものの、進展は無さそう。
「裏面だけ私が作ろうか?」
「はい、お願いします」
 で、夫の分のデザインも。
 親戚・友達(私も交流のある人も)・会社の同僚・目上の人。
4種類のサンプルを作って印刷し「それぞれのデザイン 何枚必要か書いてくれたら、その枚数 印刷もするよ」と夫に告げる。
私のデザインは貼り絵をして完成となる。
サンプルにも貼り絵とキラキラを施してから もう一度 夫に見せると「おぉ~すごいね」
え? 今まで見た事無かった?
 毎年 私がどれだけ精魂込めて作ってたか…知らないんだ…。
 
 今年頂いた年賀状を 夫の分だけより分けて渡す。
夫は それを見て自分用の宛名入力にとりかかった。
 ルーペを探したり、私が手書きした住所録を確認に来たり…ウフフ 私が毎年 大変だったのわかった?
 印刷で届く年賀状には 文字が小さすぎて住所が読めない物が複数あるの。
中には手書きで自分の住所を書いてこない人も。
 このタイプは夫宛に断然多い。
 毎年 年賀状を作るのに 貼り絵とキラキラ装飾で すでに疲れ果ててる所へ 宛名書き(どうしても筆ペンで手書きしたい私のこだわり)にとりかかって
「もぉ~読めないんだって~!」
「自分の住所、こっちが知ってるって思ってるわけ?いちいち調べてるんだよ」と怒りながら書く。
 毎年 それも聞き流してた夫だけれど、ストレスだっただろうとは思う。
今年は それを聞かずに済むんだから、住所入力くらい どうって事ないよね?
 
 あまり交流も無い夫の知人宛の年賀状にも その人に合わせた言葉を添え書きするのだって負担だったのよ~。
 今年は もうそれもノータッチだからね~。
『あぁ~今年は あのストレスから解放される~』と 何度も思った^^
 
 それぞれのデザインを依頼された枚数印刷して渡して第一段階は おしまい。
 最後の仕上げは貼り絵とキラキラ装飾。
プリンターにゴミが詰まりそうなので 夫が宛名印刷を終えてから。
 数日後、仕上げをすべく夫から受け取った『宛名印刷済』の年賀状を受け取ってびっくり。
 え~~なんでこの人にこのデザイン?
 おまけに何で差出人は夫婦連名?
 
 共通の友人とは、先月の中学還暦同窓会で会って 来年の年賀状は夫の分は夫が作ると伝え
「だからクオリティ落ちるよ」と言っておいた。
 でもこれはクオリティ以前の問題だよ~~~。
 私は 去年まで差出人は苗字だけ印刷して、夫の知人・共通・私の知人と区別して 名前だけ手書きしてた。
 ん~~この人に連名で出す必要あり?
  しかし時すでに遅し。
 夫の知人用に作ったデザインには それ用の文言も入れてある。
夫婦連名で この人に この文言…変だよねぇ。
 ずっと私の力作の年賀状しか見てない人は これを見たら『奥さんに何かあったか?』と思うかもしれない。
 
 知~らないっと。
 
 夫の分から解放されるからと呑気にしてたら、結局 夫用の宛名書きが免除されただけで、作業量はさほど減らなかった。 
 でもストレスは無い。
 夫も 私のボヤキを聞かずに済んで良かったよね^^

Nenga_2

 さて自分の分は…と言うと 『最後のグランパス寿人』って事で 写真を使ったデザインを80枚にして 後は『大人仕様』。
 その大人仕様でさえ、血迷ってしまって 最後の最後に寿人の写真を小さく入れてしまった。
 数年前、お試しで10枚だけ作ってみたのが30枚になり、とうとう80枚。
 ミーハーなのは皆さん知る処。
ここまでお馬鹿さんだったのを 新年早々 多数にお披露目する事とあいなりました。

 

 

|

2018年10月31日 (水)

『ヤツ』の名は

 昨日のブログを読んだ小春ちゃんから「調べてみたんだけど、キマダラカメムシじゃないかしら」と連絡があった。
 早速 それで検索してみたら、そうでした~!
 やっぱりカメムシなんだね。
でも臭くないんだよ~。
 そして私の「5年くらい前から」の記憶は 強ち間違いでは無かったもよう。
(もしかしたら10年くらい? は間違い 笑)
 外来生物であるヤツは、長崎から侵入して分布をひろげ、愛知県では2011年に初めて発見されたんだって。
 寒くなると行動が鈍くなって、暖かい所でじっとしてるらしい。
それで、我が家の東の窓やベランダにくっついてたわけね。
そして 私がよく目にするのは 毎年気温が下がってからだったわけだ。
 検索したついでに、ぎもぢわるーーーい画像をたくさん見てしまった!
「うぎゃっ!」と のけぞってから もう一度見るーーー。
 でも…卵と孵ったばかりの幼虫(だったかな?)は、さすがに一瞬でスクロールして 二度と戻らなかったわ。
 後でまた確認に行くような気がしなくもない…。
 そして あたくし、本日もベランダでヤツを「ごめんね!」と言いながら、瞬殺いたしましたことよ。
 あえて詳細を報告しますと…干した布団を裏返して部屋に戻る為にサッシに手を触れようとして、ふと顔を寄せてみた。
 『ヤツ探知機』が反応したとしか思えない。
まさに 今 触れようとした場所に ヤツがいるじゃーーーーーん!
内側から開ける時は気づかなかった。
知らずに触れてたらベランダで悲鳴だったわ。
 そこからは落ち着いて(動きが鈍いって事は検索済なので余裕)箒を持って来て下に落とし…以下略。
 何匹昇天させたか、記録しようかと思い始めています。

|

2018年10月17日 (水)

泣く泣く…

 また捨てたーーー!

Kutu

 写真に撮ると『そんなに傷んでるように見えない』のが常だけれど、これは外側は 本当にそれほど傷んでない。

 私は靴を履いて歩く事が絶対的に少ないので、靴底が減る事も外側が汚れる事も 一般の人よりは少ない。

 以前捨てた赤い靴(まだ未練たらしく覚えている…笑)は、股関節が悪くなる前に履いていたので、つま先も踵も相当傷んでた。

 (股関節を悪くする前って どれだけ昔から長期間履いてたのか!?)

 でもこの白い靴は、股関節が悪くなってから購入したもの。

スポーツシューズのメーカーが作ってるので、ソール部分も工夫がしてあるらしく 私が履いても疲れが少ない。

 それでいて「健康靴候」でなく、可愛くお洒落(と私は思ってた)

 フェミニンな服にも合うし、スポーティな服装の時はソックスを履いて合わせたりして、幅広く履きこなせた。

 『履かない年』もあって、去年、久しぶりに履いてみたら、内側の合成皮革(ビニール?)が ボロボロとはがれてきた。

 でもまだ誤魔化せる! まだ履きたい! ので、ニスを塗って固めて履いてた(凄まじい執念…愛着と言ってね)

 さて、今年も履けるかなぁ~。

 履けたけど…靴を脱ぐと足先にも踵にも 剥がれた白いビニールがいっぱいくっついてる!

 靴の中を覗けば、あぁ…どうしようもなくボロボロだ。
もうニスを塗って誤魔化せる段階は過ぎた。
 
 写真を見ても 内側の踵部分がはがれてるのが分かるでしょ?
 
 あぁあ…大好きだったのになぁ。
これに代わるデザインには なかなかお目にかかれなさそうだしなぁ。
 でも…無理して履く度に 白いボロボロが剥がれ落ちては どうにもならない。
 
 捨てるよ!
 市のゴミ捨てルールにのっとり、燃やせるゴミの袋にポンっ!
大好きだったよ~~~! 本当はもっと履きたかったよ~~~~~~!!
 そして下駄箱の中には いつ買ったのかも覚えてない程(股関節が悪くなる前に履いてあ記憶あり)古いのに 気に入ったデザインでなかなか捨てられない靴がまだ鎮座している。
 
 ここ数年 履く機会が無くて、下駄箱からもはみ出して、箱に入れて積んである物も おそらく気づかなかったところが傷んでいくんだろうなぁ。
 『次に捨てる靴候補』は 数足ある。
いくつか残してあるハイヒールは 歩行が不安な私は もう絶対履けないけど、私の小さいサイズの靴を貰ってくれるお嬢さんは居ないし。
 あれらもいつかは捨てるんだけどさ…どこも傷んでないと捨てられないじゃん(涙)
 太ってしまって着られなくなった服も『今の体形は 世を忍ぶ仮の姿! いつか本来の私に戻るの!!』と 根拠のない希望が消せずに箪笥やクローゼットをどんどん占領していく。
 虫食いでもできない限り、服は捨てられないよなぁ…。

|

2018年10月10日 (水)

来年の夏

 亜熱帯のような夏が終わったかと思ったら、急に「秋のページ」が始まった。
ここ数年、季節が急に変わるように思えるのは私だけかなぁ。
 さて、夏は毎年、我が家の「あいちゅくりーのお部屋」は いつも満室。
暑い夏は氷菓がやっぱり嬉しい。
 
 お風呂上りに「絶対太るよね…」と思いながら、体の芯を冷やす為に毎晩食べた。
ここ数年のお気に入りは これ!

Shirokuma

 九州のどこかの名物「シロクマ」を真似たアイスは いくつかあるけれど、量・値段・味 全てにおいて、私はこれが好き。

 練乳風味の白い氷の中に、パイナップル・みかんの缶詰が一切れずつと小豆が少々、中心にあるグミのようなゼリーのような小さな粒も 食感が変わるのが面白くて「どのタイミングで食べるか」を 毎回 楽しむ。

 このグミのような部分は、去年までは長く凍らせるとちょっと固くなって「間違いなくグミ」って感じになったけど、今年のは、いつまでたっても半熟に溶けるようで 改良されたのかな?

 私にとっては「良い改良」でありました。

 この夏は『サクレ』の売れ行きが好調で、生産が間に合わず 売り切れ続出だったとニュースで見た。

うん、サクレ大好きで 毎晩 食べてた時期もあったなぁ。

歳のせいか、大好きだったサクレなのに、今年は カップの後半になると あぐあぐ。

以前は、食べ終わっても「もう一個食べようかな…」と思うくらいだったのに。

上に載ってる輪切りのレモンを舐めつくしてた(苦笑)

 加齢により酸っぱい物がちょっと苦手になってきたのかもしれない。

 今年は完全に「白熊」の虜。

買い物に行くと「あいちゅくりーのお部屋」の空き状況を思い出して、最大限買ってくる。

毎晩 食べるので、週に2回の買い物で必ず買うと言うべきか。

 そして…とうとうお店の冷凍庫に白熊が居なくなる日が来ましたねぇ…。

「今日だけかも、次に来た時はあるかも」と 半月くらいは期待して覗いたけれど、夏の終わりと同時に もう出荷されなくなるのね。

 来年の夏 また会いましょう!

|

2018年10月 4日 (木)

運動会で泣く

 昨日は ここちゃんの運動会でした。
 車椅子で運動場の移動は難しく、杖での歩行は去年よりも大変になってるので、行く前から不安。
 杖ついて ズームレンズを持って、その場その場でレンズを付け替えて撮影するのが難しいので 今回はズームレンズ無し。
 去年は短距離なら杖無しでも歩けたので、ここちゃんにへばりついて レンズも何度も交換しながら撮影できたのになぁ…涙。
 
 期待のダンスは、もう可愛くて可愛くて(涙)
 後から写真で見ると 周りの子達が『そこそこの動き』なのに対して、ここちゃんだけは、中心がぶれず 決めポーズも意味がわかってやってる感じで(贔屓かなぁ)一人だけ別次元。
 全体をよく見れば きっと本当にダンスを習っている子がキレキレのダンスをしてるんだろうけど(去年は違う学年の子達のダンスも私は必死で見てた)今年は 最小限の移動しかしないので、ここちゃんしか見ていない(汗)
 首を傾げて腕を前に出して決めるポーズでは、ちょうど私達の正面。
アイドルがステージの上から「きゃぁ! こっち見てくれたぁ!!」みたいに キュンキュンでした^^
 高学年の子供たちは応援のリード役や、大玉転がしのサポート役もする。
数年後には、ここちゃんもあそこに居るのかなぁ…その頃 私は元気で見に来られるのかなぁ。
 今回は 撮影エリアに行くのは ここちゃんが出る時だけ、ほとんどは後方の家族エリアに座ってた。
 でも ここちゃんの撮影を終えた次のプログラムが組体操や徒競走だった時は そこに残って見てた。
 徒競走も学年が高くなると迫力ある。
小さいうちは 必死に走るのが ただただ可愛いくて泣けたけど、高学年のそれは違う迫力で泣けた。
 先頭で走る背の高い色の黒い男の子が格好良かったし(笑
 組体操は、私が子供の頃にもあったけど、そもそも運動音痴の私は 組体操の良さが全然わかってなかった。
 大人になってから客観的に見ると あれはすごい競技よね。
笛の音に合わせて形が決まる度に こみあげてくる。
 目の前の女子のグループがピラミッドをつくる時、上に乗る子が自分の裸足の足の裏を手で払ってるのに気が付いた。
 土台の子の背中に砂がつかないように気遣ってるのね。
そういうのにも涙が出て来る。
 6年生の大技(名前言ってたけど忘れた。チアでやるようなの)は 「仲間を信じて」のナレーション通り、土台の上にすくっと立ち上がって(これどうやってるんだろう?)ポーズ決めてから両手を胸の前でクロスした子が後ろに倒れるのを数人が受け止める。
 普通の小学生だよ。 どんな練習したんだろう? 涙出るよ。
 
 いつか ここちゃんもあれやるのかなぁ。
 帰りの車の中で夫と感想を語り合った。
私「3年生だったかのダンス、キラキラ付のバトンみたいなのを持って男の子も踊ってたよねぇ。私達の時代には女子はダンスあったけど、男子は無かったよねぇ」
夫「ダンスなんて男はやらない」
私「だよねぇ。時代だねぇ、男の子もキラキラ可愛く踊る」
夫「イヤだよなぁ…」
 幼稚園時代、お遊戯が嫌で幼稚園を脱走していた夫の率直な感想(大笑

Img_5050bb

 可愛いダンスや競争のシーンは、ズームレンズ無しでは綺麗に撮れず、座席のすぐ後ろから撮ったものも 色々考慮してこのような加工での投稿にしました。

 子供たちの歓声や応援の声や大きな旗や 賑やかな運動会の記憶は私の胸の奥に…。

 ご近所や仕事仲間の友達の子どもの運動会も 先日の延期で今秋行われていて、複数の写真や動画が送られてくる。

足がもっと元気だったら、運動会巡りしたいくらい。

|

2018年9月19日 (水)

シャインマスカットに対抗

 毎年、8月に入るとロザリオを買うのが楽しみだった。
 それがいつだったか、シャインマスカットが登場。
 見た目は黄緑の大粒で似てるけど、皮ごと食べられるのがシャインマスカットの利点。
 巨峰でもロザリオでも、一粒ずつ皮を剥くのは好きなので『皮ごと食べられる』事なんて 大した事じゃないと 最初は思ったんだけど…一度楽を覚えると ダメねぇ。
 数年前からは、シャインマスカット大好きになってしまった。
 近頃は、ロザリオも見かけなくなったし。
 さて、そのシャインマスカット、その年の最初の頃は高い高い!
ひと房3000円以上。
そんなのは、あたくし買えません。
 でも毎年、夏の終わりには ナ〇コで半額になるのを知っているので、8月の買い物は、まずシャインマスカットのお値段チェック!
 そしてある日 突然それは来る。
 半額シール!!
 これがまた曲者で、そのシールを見ると「やっと買える♪」と勇んで籠に入れてしまうんだけど、よくよく見ると1500円くらいなのよね。
 うん、元が3000円以上なんだから当然。
 うまく踊らされたような気がしないでもないけれど、ずっと楽しみにしていた物だから買うよねぇ。
 清〇屋でも 8月終わりになると 綺麗なシャインマスカットが980円で売り出される。
 スーパーへ行く度に、シャインマスカットをチェックして値段と相談、家の冷蔵庫の残りを想い浮かべて買う。
 そんなシャインマスカットと私の蜜月は 一生続くと思っていたのに…。
 思いがけない新顔が現れました~!
 夫がふるさと納税で取り寄せた「瀬戸ジャイアンツ」

Sm1

 比較の為に五百円玉を入れました。 一粒が大きいのが分かるでしょう?

これがびっしりなので、ひと房がずっしり重い!

 味見の為に一粒ちぎってみたら、不思議な形をしてる。

Sm2

 細胞分裂し始めてるかのような、突然変異かなと思ってたら、同梱の説明書に

「シャボン玉がくっついたような形が特徴」って。

 全部がこういう形でした。

 味はねぇ…シャインマスカットでも すっごく甘いのと そこそこ甘いのと 当たり外れ(外れでも甘い事は甘い)があるけれど、今回 うちに届いた瀬戸ジャイアンツは『そこそこのシャインマスカット』と同レベル。

 う~ん、これだとスーパーで値下がりしたシャインマスカットを欲しい時に買う方が鮮度が保てていいかなぁ。

 もしかしたら、もっと甘い瀬戸ジャイアンツがあるのかもしれない。

最初の味って 影響大きいなぁ。

 

|

より以前の記事一覧