日々のこと

2017年4月 4日 (火)

ここちゃんの「お絵描きしりとり」

 
 日曜日 ここちゃんが遊びに来てくれました。
 
 この春から ここちゃんは 小学生になります。
 
 今までよりは 一人で行動する時間が増えると思われ、顔の一部を隠しても服装などで誰かに目を点けられるといけないので このブログで写真をアップするのは控えます。
 
 たくさん撮った写真は、相変わらず面白可愛いくて、くるくる変わる豊かな表情をお見せできないのは残念ですが…。
 
 公園のブランコは 真っ直ぐに板ブランコに。
 
 先日 夫が「もうここちゃんのブランコを押す事もなくなるんだなぁ」とぽつりとつぶやいた。
それを言ったら すぐさま板ブランコを降りて幼児用ブランコに。
 
「3歳から6歳までだから」と。
 柱に貼られた適用シールをちゃんと見てます。
 
 
 今日は、ここちゃんとカッカのお絵描きしりとりの写真を。
 

Img_3232bb_2 

 実はここちゃん、幼稚園で家族に宛てた年賀状を描き、 県民共済のコンクールで佳作に選ばれて表彰されたんです。

 カッカの遺伝子を受け継いで、絵が上手だしセンスがいい。

 さて、今回のお絵描きしりとり、最初に黄色で動物を描き始めたので それはもしかしたら最後に「ん」がつくのでは…と 密かに心配するも…。

Img_3233bb_2

 心配を吹き飛ばす「くまのぷー」!! 笑わせてくれます。

 カッカも負けじと「プリン…アラモード」で応戦。

Img_3235bb_2

 カブトムシかクワガタか「むし」も可愛いけれど…「とくもり」って…大笑!

Img_3236bb_2

 「ゴリら・ラ」が うほうほ 言ってるのが なんとも面白可愛いでしょう~。

 ピンクのパンツも! ちゃんと足を入れる穴まで描いてあります。

Img_3237bb_2

 そして最後は フラスコに入った風の「えきたい」 どこで覚えたんでしょうねぇ。

 どんどん知恵も知識も増えていくここちゃん。

 風船を膨らます時は、私以上にビビりで破裂が怖くて顔が面白い。

その様子を見て私達夫婦は可愛くて笑う笑う。

 夫の楽しみに応えて 相変わらず段ボール箱に入ってくれるし。

 台所卓球では 前回の10回ラリーから「20回続くまで!」と 一気に目標が上がってる。

「今日20回続いたら、次は30回やる!」と、目標設定が高いぞー。

 カッカと「あっという間に中学生かも」と話してた。

 ほんと…出会った時は2歳になるちょっと前だったもんね。

 中学生になるここちゃんを 私も元気で見られますように。

 

 

 

|

2017年3月30日 (木)

やさしさの微粒子

 昨秋、向精神薬を止めた事と類天疱瘡の痒みで、母が暴力的になった。
 支援員さんや 常駐の看護師さんと相談して、薬を再開してもらった。
 お陰で 近頃は すっかり落ち着いた。
 もう私の事もわからないし、声を発する事もない。 
大きな赤ちゃんになった母のところへ 相変わらず毎週通っている。
たまに母が私をじっと見ると、それだけで嬉しい。
 
 車椅子かリビングのソファーに座っている母。 自分で動くことがないので、関節が拘縮するだろうと考え、膝や腕を動かす運動を始めてみた。
 
 私が股関節の手術後、リハビリ室で理学療法士さんにしてもらったように、母の太ももを持ち上げて膝の関節を曲げる。
 
 聞こえてないけど「いっち にー いっち にー」と声をかけながら。
 
 
 続いて、向かい合った両手を繋いで 上下に動かしたり「開いて~ 閉じて~」や「ぐ~る ぐ~る ぐ~る」と回す。
 なんとなく 母がこれを気に入ってるような気がするの。
 
 同じリズムで左右交互に動かしておいて、ちょっとリズムを変えると 最初のリズムのつもりで母の手が動き始める瞬間がある。
 ああ、ちゃんと母もやってるんだ^^ と 嬉しくなる。
 
 ただ、これを数回やると 私が息切れする…とほほ。
箸より重いもの持った事ありませんから~~~笑。
 
 息切れしたら 母の手指のマッサージをして 自分の息を整える。
 そして再開。
 
 入居のお仲間が「いつも ご苦労様だねぇ」と 私に声をかけてくださる。
 
 この施設の入居は要介護3以上。 
おそらく病気などによる身体機能の低下で要介護度が上がってるんでしょう、認知機能に衰えが無さそうな方もみえる。
 
 毎週 リビングでお会いする人には「こんにちは~」「お邪魔します」「お世話になります」と挨拶をする。
 
 
 無反応の人や、支援員さんと区別がつかない人もいるけれど、しっかり対応してくれるのは、認知機能に異常が無い人なんでしょうね。
 
 支援員さんが「Tさんが、母桃さんがパンを食べるのを手伝ってくれたんですよ」とか
「母桃さんのおでこに黒いあざ(真っ白な頭髪の根元に黒い毛が生えてきた)があると Tさんが心配してくれました」とかって 教えてくれる。
 
 このTさん、入居当初から 私によく話しかけてくれた。
「実の娘さん?」
「はい、そうです。そっくりでしょう」
「実の娘はいいわねぇ」
 
 ある時は
「失礼な事を聞くけれど、あなたは結婚はされてるの?」
「はい、してます」
「ああ、それならよかった」
 
 グループホームに居る時も、他の入居のお仲間に「結婚してるの?」と よく聞かれたなぁ。
 母の介護をしてて婚期を逸したんじゃないかと心配してくれてるのかな。
 
 もう一人Nさんも、テレビの前に座る母とよく並んでいて、私がマッサージなどをしてるのを見ながら「この方は幸せだわ」と言ってくださる。
 
 テレビ体操が始まったら、私がNさんを促して 一緒に体操の真似事をする。
それまで「年取ると、できない事ばかりになってしまって、もう嫌になるわ」と 言ってたのが  お顔が 生き生きとする。
 
 小中学校の同級生のお母さんもいらして、この方はお元気お元気。 そして明るい。
私が「○君の同級生」だという事もちゃんと認識してる。
 
 母の事は「この人は 一番おとなしいおばあさん。 いつも じ~っと座っとらっせる」ユーモアたっぷりに紹介してくれる。
 
  病院の個室にいるように、自分の部屋でテレビを見てる人も多いらしい。
なのでリビングでお会いする人は数人で、私は顔と名前を覚えてしまう。
 
 皆さん、穏やかな方ばかりで、母の頭のねじが錆びてなければ きっと良いお付き合いができたでしょう。
 
「すみません。母は耳が聞こえないし、認知障碍でいろんな事がわからなくなってるので、挨拶もできないし、きっと失礼な事をしてると思いますが 許してくださいね」と いつも謝っておく。
 多少は物忘れはあるようで「ああ、この人は聞こえんのかね」と、毎回 新鮮に納得してくださる。
 
 
 母のお世話までしてくださるTさんに、お礼を言いつつ、手を握ったら泣き出された事があった。
 背中をさすったら「ありがとね、ありがとね」と 更に泣かれた。
 
  きっとお寂しいんだろうな…。
 
 施設内は 複数の棟に分かれていて、各棟の玄関の下駄箱の上に 訪問者を書く紙が置いてある。
 
 私が書いて籠に入れる時は すでに数枚が入っているので、複数のご家族が面会にはいらしてる。
 
  毎日みえる方もいらっしゃると聞いた。
 
 TさんやNさんのご家族が どれくらいの頻度でいらしてるのか知らないけれど、もしかしたら私との触れ合いを嬉しいと思ってくださってるのかもしれない。
 
 母と会話が成り立たなくなった今、Tさん達とのちょっとした会話が 私も楽しい。
 
 支援員さん達も いつも明るく元気で感じよくて、母のちょっとした事を報告してくれる。
 
 
 昨日は、常駐の看護師さん(久しぶりに逢えた)が 類天疱瘡の治療に使ったステロイドホルモン剤の減量について、細かい説明をしてくれた。
 
 そして、以前、私が『母への投薬が寿命を縮めても、母が穏やかに過ごせることの方を選ぶ』旨を文書にして渡した事で「私たちとご家族が同じ方向を向けて、良い対応ができます。母桃さんは このところ すごく穏やかなお顔をされてます。 こうして娘さんが来てくれるのがわかるんですね」と言ってくれた。
 
 母の周りには やさしい気持ちが充満している。
 
 
 頑張り屋だった母の末路が認知障碍なんて、不条理だなぁと思う事もあるけれど、こういう環境に居られる事は 母の今までの頑張りへのご褒美なのかもしれない。
 
 
 そして、私も施設からの帰途、やさしい気持ちに包まれているのを感じる。
 
 
 以前 友達が「お母さんの面会に行く事が あなたの癒しになるといいね」と言ってくれたけれど、それを実感する。
 
 
 春の柔らかな日差しの中、やさしいきらきらの微粒子が私の車に降り注いでるような気がする。
 
 
 自分の体の痛みや異常以外にも 気がかりな事・気が滅入る事もあるんだけれど、やさしい微粒子のお陰で 眉間のしわが消え、鼻歌を歌いたいような気分になる。
 
 本格的な春になって、気温が上がると やさしさの微粒子が『暑い熱い悪魔』に変身してしまうだろうけど…。
 
 
  一日でも長く『やさしい春』が続きますように。
 
 
 
 
 

|

2017年2月 7日 (火)

ここちゃんの新しいお家♪

 新築したここちゃんのお家にお呼ばれしてきました。
 予想をさらにに上回る豪華でおしゃれなお家にびっくりの連続。
 
 玄関の鍵が自動でかかるなんて初めて見た。
 まずそこでびっくりして、玄関の広さに感動して、なかなか部屋に上がれません。
 上がったら、近代的でモダンな室内に またまたびっくり。
 
 新しいお家は、今までも友人知人に見せてもらう機会があったけれど、時代の流れなのか、アッタンマンとカッカのセンスのなせる技なのか「こんなの初めて~~~」の連続でした。
 大きなお家に住むお嬢様のここちゃんは そんな事おかまいなしに けん玉を披露♪

Img_2628bb

 膝を使って軽やかに操ります。

『球をくるっと手で回してからスポッと挿す 』なんてのも見せてくれました。

 何でも地道に練習するのが得意なここちゃん、縄跳び・うんてい・けん玉 次々とものにしていきます。

 あの根気と集中力 見習いたいです・・・無理だ。

 モデルハウスのよう・・・だけど、私の思ってるモデルハウスとは全然違う。

 ドラマに出て来る『普通の人は住まない超おしゃれな住まい』 

 

 

 2階のここちゃんのお部屋も見せてもらいました。

窓から見える景色も素敵で、これから四季折々の移ろいが楽しめるなぁ~♪

 

 机と棚が作り付け。

 その棚には、ツムツムやプーさんのぬいぐるみがぎっしり。

これがいつの日か、参考書や辞書になっていくんだね。

 

 この部屋で どんな女の子になっていくのかな・・・どんな女子学生になっていくのかな・・・幸せな体験をいっぱいしてほしい。

 隣には『ここちゃんのおもちゃ収納部屋』も。 作り付けの棚におもちゃがびっしり並んだ様子は 完全におもちゃ屋さん。

 

 ここもいずれは、ここちゃんのウォークインクローゼットになるんでしょうね。

 綺麗な娘さんになったここちゃんを 私は元気で見る事ができるかしら・・・。

 そんなばぁば感傷も カルタとりで吹っ飛ぶ。

Img_2650bb

 アッタンマンも一緒にカルタ取り。

読むのが上手なここちゃん「いぃ~い?」と 毎回 前置きして読み始める。

 も~ 何しても可愛いheart02

 よどみなく、ちゃんと意味の伝わる読み。 

小学校の国語の授業が楽しみだなぁ。

 

 時々、意味のわからない言葉が出てきて、読むのに戸惑うと、アッタンマンがすかさず「もう一回 読んで」と、からかう。

よく通る声で、ちゃんと正しく読み直してました。

Img_2699bb_2

次は「カッカ 読んで」と 自分も取る方に参加。

この構え方が また可愛いでしょ~~~♡

 アッタンマンと腕を重ねて取り合う素敵な写真も撮れましたが アッタンマンが重なりすぎてるので加工できず、公開は控えます(笑)

Img_2723bb

 フローリングのリビングダイニングは、公式卓球台を置いて本気で試合ができそうなくらいの広さ。

余計な物が置いてないので、ここちゃんを撮影すると白い背景に綺麗に映える。

我が家で撮ると生活感が写りこんでしまうのよねぇ・・・。

 白い壁の一面だけが渋い金色みたいな壁紙で、いつの日か、そこでここちゃんの振袖姿を撮りたいなぁと思った事でした。

 新築のお家を見せてもらうのは大好きで『素敵だなぁ~』と いつも思うのだけれど、この日の帰りは『あの家で暮らしてみたいなぁ』と思った事でした。

 ここちゃんが住んでるから・・・ってのもあるのかな。

 でも・・・私が暮らすと どうしても余計なものをごちゃごちゃ置きたくなってしまうのよね。

あのモダンな設えは、私には活かしきれなさそう。

 ここちゃんの新しいお家から帰ってみると 我が家は・・・ウサギ小屋・ぎゅうぎゅう詰めのマッチ箱でした。

 

|

2017年1月 5日 (木)

2017年の年賀状

 今年最初のブログです。
 
 旧年中 読んでくださって ありがとうございました。
 今年も 週一くらいのペースでの更新になりますが、時折覗いてくださると嬉しいです。
 
 さて、毎年 11月から始まる私の年賀状作成。
 去年はハプニングがあった割に、早く完成させました。

Image608bb_2

 11月に入ったと同時に、PCでレイアウト図をいくつも作っておいた。
 
 その中には『2016年の寿人とのツーショット』を入れたものも。
2016年のお正月に(作ったのは2015年) 寿人とのツーショット入り年賀状を試しに10枚だけ作って出してみたところ、2人から嬉しい反応があったので、2017年用は 私の友達全員 それにしちゃおうかな・・・と思った。
 
 でも30枚だけにとどめた。
 正解でした。
 11月15日に印刷し終わった『ツーショット30枚』には 『サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手』と文字も入れてある。
 これに手書きで『今年から名古屋グランパスに移籍』と書き加えなくてはいけなくなった。
 
 下地こそPCで作って印刷するけれど、そこに花弁や縁取りを貼り絵して、それぞれの相手に向けた言葉を手書きし、宛名も手書きするのが私の流儀。
 書く作業は少ない方がはかどるのよね・・・。
 
 ツーショット年賀状30枚にしておいて良かった。
 友達全員宛だったら何枚 追加の文言を手書きしなくちゃいけなかったでしょう。
 
 『もう夫関係の貼り絵は簡潔にする!』と割り切って 2~3年前から区別して作ってたら、花弁を8枚貼ろうが3枚だろうが、それ一枚だけ見る分には遜色は無いと気づいた。
 
 特別な友達(私の年賀状を期待してくれてる)以外は 以前のような花弁いっぱいはやめた。
 
 よって随分、早くに完成し、12月17日には175枚の最後の分を投函し終えた。
いつも20日過ぎまで貼り絵をしてるので、早すぎて気が抜けた。
 
 さて、私に届いた年賀状には「子どもが結婚」の報告が増えて来た。
この前まで『入学』『運動会』・・・『成人します』『社会人になります』・・・当然の流れなんだけど え? もう結婚?!と驚く。
 
 自分も歳をとるはずだわ。
 
 毎年、年賀状を書きながら
「いつまで私の苗字を間違えてるんだ!(難しい漢字ではないんだけど、うろ覚えの音では変換できず、こうなっちゃうよね・・・というケースが多い)」
「私は時間をかけて作ってるのに、こんなダイレクトメールみたいな年賀状(宛名も本文も印刷のみ)しかくれないんだよねぇ~。一言くらい書き加えてよ。来年は、もうこの人には同じようにダイレクトメール風にするぞ!」
「苗字どころか、私の名前の漢字まで違うじゃん! 何年付き合ってるのよ!」と 怒れてくる事が多い。
 
 それでも結局、毎年、前年にもらった年賀状を見ながら、一枚一枚 手をかけ手書きして出してしまう。
 
 それができるのが幸せなんだよね・・・と思った事でした。
 体の衰えは著しくて毎年、年齢以上に機能が老化しているけれど、今年の年末も ぶーぶー言いながらも「ああ、元気で書けて幸せだな」と思えるといいな。

 

|

2016年12月20日 (火)

ここちゃんとクリスマス♪

 ちょっと早いクリスマス会をしました。
…と言っても、我が家は12月に ここちゃんが来てくれればクリスマスパーティなんですけど。
 おっしゃれ~~~なコートを脱ぐと、またまたセンスの良いパンツスーツ☆
ショートパンツにブーツがよく似合う。 ちっちゃなOLさんみたい。
 

Img_2194bb

 百均で買った こんな単純な玩具も喜んでくれる🎵

 マッシュルームみたいなボブヘヤーがあか抜けてるのよねぇ。

 続いて卓球☆ 

 やっぱりバックハンドが得意です。 オリンピックが終わって、テレビで試合の中継を見る機会は無くなってると思うんだけど、記憶に刷り込まれた動きは健在でしたねぇ。

Img_2237bb

 ここちゃんルール発動で「ネットなし」 バウンドは何回でもOK。

夫とのラリーが続くようになってくると「5回できたら優勝」と宣言。 あっという間に5回できちゃったら「9回!」と自分で更新する。

 それもクリアできそうな雰囲気になってきたら「10回できたら!」と さらにハードルを上げる。

 ここちゃんが「かふっ!」と息で笑うのが 私はお気に入り。

狭い部屋ではあるけれど、ピンポン球を拾いに走り回るこここちゃん。 元気元気☆

 

 ゆうこサンタのプレゼンとは、小麦粘土でお弁当を作るセット。

「これ、ここちゃんが欲しかったの~~!」こんな言葉に 私のハートは射貫かれる。

 マゼンダと黄色を混ぜてこねて筒に入れて絞り出すと、スパゲティになります。

Img_2270bb

 おててには まだエクボができる♪ うふふ…私の大好物。

Img_2293bb

 ここちゃんとカッカとゆうこさんの共同で完成させたお弁当がコレ↓

Img_2295bb

 

 ここちゃん建築資材置き場から出して来た箱にシール切手に残るイラスト部分を貼り付けて さらにここちゃんが絵を描く。

Img_2315bb 夢中になってると上唇がちょっとだけとんがります。

 ちっちゃい頃は、見事な三角形にとんがってたけど、まだ名残が^^

Img_2320bb 

 そしてこんなに可愛い箱ができました☆

 プーさんの顔も 何も見ないで さらさらっと描いたんだよねぇ~。

 笑って喋って…我が家には ここちゃんが充満🎵

 先月のブログで、ここちゃんが『上からの催促になってしまった手紙』をサンタさんに書いた事を報告しましたが、なんと続きがありまして…。

 引っ越しのお知らせと共に『へんこうねがい』なる文書! どこで覚えたんでしょうか。

カッカが引っ越しの準備で「変更届」とかって言ってたのを しっかりインプットしてたのかなぁ。

 そしてちゃんと正しくアウトプットしております。

『へんこう』は、プレゼントの中身。

 けんだまをください  できれば さーてぃわんので おねがいします

 安くなったぞー(笑

 さーてぃわんは、ケーキの事かも。

 そして寒いから風邪ひかないようにとか、今年も配るのを頑張ってくださいとか、気遣いまで。

 ここちゃんちへ来るサンタさん、張り切ってくれるでしょうね。

 

 空模様はちょっと怪しくなってきたけれど、帰りは公園でしゃぼん玉遊び。 

これも百均一で購入した「小さなシャボン玉がいっぱい出る」代物。

Img_2325bb

 ちっちゃい頃は、ほっぺをまん丸に膨らませて吹いてたけど、唇で吹けるようになってました。

ちょっと前かがみになってるとこが また可愛いでしょ~。

 

 フード付きのコートは 大人チックではあるんだけど、フードの先にファーのポンポンがついてて、かぶると後姿は小人みたい^^

Img_2332bb

 小さなシャボン玉をいっぱい飛ばして触ろうとする妖精ここちゃんでした。

 

 

|

2016年12月 6日 (火)

ここちゃんの発表会🎵

 ここちゃんのピアノの発表会に行ってきました。
 
 真面目なここちゃんが すごくすごく一生懸命練習してきたのを カッカから聞いているので 私達夫婦もドキドキワクワク。
 

Img_2095bb

 お揃いのTシャツで登場し、まずは歌とダンス。

緊張で肩が上がってるのが面白可愛いくて、やっぱり肘は真っ直ぐ伸びてました。

Img_2112bb

 グループでの電子オルガン演奏。

 ここちゃんのパートは 我が家で弾いて聴かせてもらってるけど、他のパートの子達と合わせて完成させた曲を初めて聴く。

 電子オルガンの機能を生かした豪華なメロディ。 一生懸命弾くここちゃんの姿も可愛い。

あっという間に終わってしまった。 もう一曲聴きたかったなぁ。

 

 カッカは、ピアノを長くやっていて、それを生かしてライブのバンド演奏に加わる程の腕前。当然 音楽耳も鍛えられているので、あちこち気になるらしい。

 練習の時から、同じグループのリズム感の良くない子に引っ張られてしまうのが気になって「自分で歌いながら弾きなさい」とアドバイスしてたそう。

Img_2120bb 真面目なここちゃん…ちゃんと歌いながら弾いてます♪

 

Img_2153bb

 発表会を終えて、ここちゃん一家とばぁばに 私達夫婦も混じらせてもらってティタイム。

 お洒落なジーパンとブーツが すっかりお姉さんなここちゃんだけど、おててが まだぷっくりしてました。

 クリームソーダを注文して、アイスクリームで口を甘くしながら、炭酸と格闘してました^^

 

|

2016年11月22日 (火)

冬支度

 今年もベランダに「冬の使者」が飛来しました。

Img_1684

 カラカラカラ…と乾いた音を立てるので、すぐにわかります。

 公園にはもっと前から散り積もっているけれど、我が家のベランダに到着して「冬の使者」となります。

Img_1701

 公園のアオギリはこんな状態。

そして道路をカラカラカラカラ…と 風に吹かれて転がります。

Img_1711

 ↓こちらの写真は、10月の『短期集中トレーニング(正しくは、23日間しか続かなかった、早朝ゴミ出しのついでに、住まいの前にある児童公園を一周400歩歩く)』 の時に見つけた秋の枝。

Img_1743_2

ブローチにしたいくらい可愛い色合いとフォルムでしょう。

小さな花瓶に挿して流し台に置いていました。

Img_1752_2

 

Img_1766 黄緑色の実がつやつやの宝石みたい。

 

Img_1763

小さな花瓶の中でも 紅葉が進み、木の実の色がこげ茶になって…

Img_1797

 「秋のコサージュ」になりました。

 ・・・こうして冬が始まります。

|

2016年11月 8日 (火)

ここちゃんと秋の芸術

 土曜日に ここちゃんが遊びに来てくれました♪
 デニムのオーバーオールがとっても可愛い。
早速、公園でどんぐり拾い。

Img_1863bb

木の実を一心に拾うここちゃん…可愛いんだよねぇ~。
私のイチオシ「アオギリの種子」を ここちゃんも すっかり覚えていて、ガク(?)の部分に種を入れて並べ

Img_1867bb

 こんな素敵な秋のアートを創り上げました。

 カッカが額を描くと、ここちゃんの創作意欲が さらに搔き立てられました。

Img_1875bb 

しゃがみこんで描いていたのが、どんどんエスカレート。

Img_1883bb

 

 そして完成したのが こちら。

Img_1891bb

 公園に咲いた『ここちゃんアート』

 静かに秋の日差しでライトアップされています。

 ここちゃんは どんどん背が伸びています。

仕草や表情も お姉さんっぽくなってきました。

でも やっぱり面白可愛さは健在。

Img_1971bb可愛くお座りして鼻をかむ^^

片方の指で、ちゃんと反対側の鼻の穴を抑えてる。

近頃、正しく鼻をかめない子どもが増えているそうなので、ここちゃんは合格~!

そしてドミノ倒しをする時のこの表情♡

Img_1982bb 『倒すよ~ どうなるかなぁ~♪』のワクワク顔が2歳の頃から変わらない。

Img_1986

この姿! きゃわわわわーーーー♡

Img_1997bb 花桃家にある『ここちゃん建設資材置き場』 から、段ボール箱を出して、今回は『お部屋の壁』を作りました。

 小さい箱を壁に貼り付けて棚にしたり、不織布でカーテンを作ったり。

ここちゃんち、今 新しいお家を建築中なので『お家を作る』事に関心があるようです。

Img_2016

 ぼんの窪のおくれ毛が まだ幼い^^

 そんなここちゃん、幼児雑誌の付録の『サンタさんへのお手紙』を書いたそう。

指示通りのスペースに サンタさんの似顔絵や欲しいプレゼントの絵を描き「まいとし、プレゼントくれてありがとうございます」とお手紙も。

 欲しいプレゼント名や自分の名前も指示されたスペースに書いて終わりなんだけど、それじゃ物足りなかったらしいここちゃんが 空いたところにこう書きました。

『ぷれぜんと はこぶの がんばって ください』

たくさんの子供たちのところへプレゼントを運ぶの大変だろうなぁと 気遣ってるのよね。

 …でも。

空いたスペースは小さくて『ぷれぜんと』で改行し『はこぶのがんばって』で改行したくても下に空きがなくて、斜め上の狭いところに『ください』を無理やり書き込んだそう。

 結果、上から普通に読むと

『ぷれぜんと ください はこぶのがんばって』  妙に上からの応援(催促)メッセージになってしまいました~笑。

 我が家では「運ぶの頑張って!!!」と わざとエラソーに使います。

 

 

|

2016年10月17日 (月)

ここちゃん 一等賞☆☆☆

ここちゃん、幼稚園最後の運動会でした。
2年前、初めて見に行った時、年少さんのここちゃんの可愛らしいダンスに目を細めたっけ。
あの時、年中さんはバルーン。
年長さんは組み立て体操とリレーが圧巻だった。
 
去年は、ここちゃんもバルーンに出場し、見事にやりきって感動させてくれた。
「年長さんは、さすがにしっかりしてるねぇ」と思った、その年長さんに、ここちゃんもなった今年。
カッカからは、夏休み前から運動会の練習が始まったとのメールをもらっている。
今月になってからは「毎日 ヘロヘロで帰ってきます」とも。
開会式で園児が並ぶと、やっぱり年少さんは、ちっちゃい^^ 赤ちゃんっぽい。
園長先生の挨拶で「今日は 頑張ってきた成果を おうちの人たちに見てもらいましょう!」的なまとめに 園児一同「はいっ!」って元気よく返事をするんだけど、そこへ行く前の「昨日はよく眠れましたか?」とか「一生懸命練習してきましたね」的な言葉に、あちこちから「はい」「ハイ」って返事が聞こえるのが可愛くて まず笑う。
 
いよいよ、ここちゃんの組み立て体操。
クラスカラーの鉢巻きをきりりと締めて整列している。
先生の太鼓と笛の合図で、次々にポーズを決めていく。
 
3人で組む「扇」 帰宅後、写真を見て気づいたんだけど、ここちゃんのチームの扇の綺麗さが際立ってる!
他のチームは、両側の二人が前のめりになってるところが多いのに、ここちゃんと相方ちゃんは、しっかり地面に垂直に体を立てて、3人がまっ平!
ここちゃんは、肘の関節が逆になるくらいにピンと伸ばし、指先もぴしっ!
次の形に移る時は、笛の合図でグループ編成を変える。
「おーっ!」だったか「やー!」だったか、掛け声も揃ってて勇ましい。
言われた事をしっかり理解して体現するここちゃんだけど、移動の時の『ちっちゃいかけっこ』みたいなポーズは ハムスターみたいで可愛い♡
 
2段目は地面に足の裏をつけて両手を1段目の背中に乗せて、3段目の一人がその背中に立つピラミッドも見事!
全員が花のようになってブリッジもする。
そろいの布を交差させて作り出すウエーブ。
こんな複雑な演技をよくまあ覚えたわ…。
カッカから「練習で泣いた子もいたそうです」と聞いている。
私は泣きながらカメラの液晶画面を見る。
はぁ~~~素晴らしかった。 カメラ越しじゃなく、しっかり全体をもう一度見てみたい。
 
 そして年長さんの障害物競争!
スタート直前、順番待ちでクラスの旗を握って立つここちゃんが可愛い^^
そしてスタート位置についた時、おそらく目の前の跳び箱の横に居る担任の先生と目が合ったんでしょう。 にこっと笑ってた。
 運動会のオオトリ、クラス対抗リレーの練習を頑張ってる報告は聞いてたけど、障害物競争の事は知らなかった。
 人と競う事に あまり執着がないここちゃんなので、跳び箱・網くぐり・わっかでの縄跳びを可愛くやり終えるかなぁと思ってたら、なんとなんと! 最後の縄跳びを終えて最初に飛び出したのはここちゃん!
 すぐ次の子も走り出したので「ここちゃん頑張れっ!」

Img_3194bb

 思いがけず ここちゃん一等賞でした! よかったぁ~~~~!

1位の旗の元に座るここちゃんも ほわっとした顔。

『一等賞とっちゃった…』みたいな、自分でも予想外で興奮してるんじゃないかな。

 この勢いでクラス対抗リレーも優勝を狙える!

「休み時間に友達とリレーの練習をしてるそうです」と 以前カッカから報告があった。

幼稚園児の自主練習って…笑泣。

 年長さんのクラス対抗リレーは 以前も本当に感動した。

中にすっごく速い子がいて、おそらく何かスポーツを習ってるんだろうなと思える一人前の走りを見せてくれるので、幼稚園児の競争と侮れない。

 今回はここちゃんの「優勝したい!」がかかってるので、私の期待も大きい。

体育館のフロアに立っていると、走る子供たちの振動が直に伝わってくる。

とっとっとっとっ…とととととと。

一生懸命さも伝わってくるから、泣けてくる。

普段、サッカーの試合を観戦していて「寿人!」「寿人頑張れ!」って心では叫んでも 声には出せない私だけれど、気が付けば「がんばれ!頑張れ!」と声をはりあげてた。

ここちゃんのクラスが優勢で、ここちゃんにバトンが渡るように。

公園で遊ぶ時は「女の子走り」だったここちゃんなのに、ちゃんと「走ってる」

残念ながら優勝はならず・・・。

 でもさぁ…と、ばぁばモドキは思うのです。

ここちゃんのクラスは何故か一番外側のレーン。 一般的なリレーみたいに入って来る順に並び位置を変えるって事はしない。(そりゃ幼稚園の運動会だもの)

 バトンタッチで、何度も何度もタイムロスが発生してた。

 練習では1位や2位が多かったと聞いていたばぁばもどきは「練習の平均的な順位で 上位クラスほど、外側なんじゃないか?」と勘繰るのでありました。

 障害物競争でも1位と2位の旗の元には、ここちゃんのクラスの子が多かったから、個人的な走力は高かったはず。

 優勝した隣のクラスの「ばんざーい」を横目に、なんだかしょげてる様子のここちゃんのクラスの子供たちがいじらしい。

 運動苦手だった私は、運動会に「勝ちたい!」という気持ちで参加したことがなく、よって負けても そーんなに悔しくもなかった。

 でも一生懸命頑張って練習して「勝ちたい」と思って出場し、勝てなくて悔しがる経験も大切なんだと、大人になってから思う。

 出番の直前、口を一文字に結んで集中してるここちゃんの顔…いつもの面白可愛い表情とは また違う顔を見られた。

 幼稚園の最後の運動会…いつの間にか大きくなってたここちゃんを再認識。

そして頑張る幼稚園児をたくさん見られて、私の心のオスクリになりました。

 

 

|

2016年10月12日 (水)

赤ちゃん達に出会う

 夏の間、最小限の動きしかしなかったので、ただでさえ弱い脚力がさらに落ちて、ほんのちょっと歩いただけで、体のあちこちが痛むようになった。
 
 『歩いて鍛えよう!』と一念発起!
 
 一念発起してやり出したのは…マンション前の公園内を歩くこと(ちっちゃ!)
 それも早朝、ゴミ出しにいったついてに(お手軽すぎ!)
 その上、朝の貴重な時間帯なので 公園一周だけ(3分くらいか)
 数えてみたら、400歩くらいだった(大笑)
 それでもやらないよりはいいだろうと、一週間は続いた。 まだ継続中。 寒くなるまで頑張ろう。(寒くなったらやめる宣言?)
 小さな児童公園は、ここちゃんと遊ぶ時に入るくらいで、毎日 ベランダから眺めるだけだった。
 それが『歩いて』いると、いろんな物が目に付くんだよねぇ。
この季節は、どんぐりや 小さな木の実がいっぱい落ちてるので それを無意識に探してるのかもしれない。
 

Img_3020a

『初冬の使者』と私が呼ぶ、飛行する種子を飛ばす青桐の樹の根元に、こんな子達を発見。

 右の双葉には見覚えがある。

 何年か前、ベランダに着陸した青桐の種子を 放置してあった鉢に埋めてみたら、翌年の春に何かが発芽した。

 何を埋めたのかも忘れてて興味津々で水やりをし、青桐だと気づき「この鉢の中で樹になったら植え替えないと」などと考えていた時の子達だ。

 この季節でも落下して地面に潜った種は発芽するんだねぇ。

 我が家のベランダの鉢の子達も数センチまで生長して枯れたなぁ。

 写真に撮って、PCに取り込んでみて初めて見えたのが 上の写真の黄色い枠の中。

Img_3020b

 拡大したのでピンボケだけど、発芽したての皮をかぶった芽だね。

Img_3020d

 土の中から頭をぐぐっと持ち上げようとしてる子も。

Img_3020c

 以前の視力なら、これくらいの芽は見えていたはずなのになぁ。

 他にも気づいてない素敵なものが いっぱいあるような気がする。

 

 それでも、こんな出会いもある早朝公園歩き。

 老眼鏡をかけて歩くことはできない(手元しかピントが合わない)ので、 老眼鏡をポケットに入れ、カメラを首から下げての『早朝トレーニング』です。

 400歩歩いても、汗ばむ事もなく、心拍数も上がらず…当然ね。

おしゃれ靴を履いて歩いた翌日は 前日の負担が腰や股関節の痛みになっている。

よって、痛みを誤魔化しながら、のたりのたり、よろよろと歩いています。

 たった400歩 颯爽と歩きたいよ…。

 まずは今月いっぱい、続けまーす。 (11月に入ったらやめる予想)

|

より以前の記事一覧