日々のこと

2018年10月31日 (水)

『ヤツ』の名は

 昨日のブログを読んだ小春ちゃんから「調べてみたんだけど、キマダラカメムシじゃないかしら」と連絡があった。
 早速 それで検索してみたら、そうでした~!
 やっぱりカメムシなんだね。
でも臭くないんだよ~。
 そして私の「5年くらい前から」の記憶は 強ち間違いでは無かったもよう。
(もしかしたら10年くらい? は間違い 笑)
 外来生物であるヤツは、長崎から侵入して分布をひろげ、愛知県では2011年に初めて発見されたんだって。
 寒くなると行動が鈍くなって、暖かい所でじっとしてるらしい。
それで、我が家の東の窓やベランダにくっついてたわけね。
そして 私がよく目にするのは 毎年気温が下がってからだったわけだ。
 検索したついでに、ぎもぢわるーーーい画像をたくさん見てしまった!
「うぎゃっ!」と のけぞってから もう一度見るーーー。
 でも…卵と孵ったばかりの幼虫(だったかな?)は、さすがに一瞬でスクロールして 二度と戻らなかったわ。
 後でまた確認に行くような気がしなくもない…。
 そして あたくし、本日もベランダでヤツを「ごめんね!」と言いながら、瞬殺いたしましたことよ。
 あえて詳細を報告しますと…干した布団を裏返して部屋に戻る為にサッシに手を触れようとして、ふと顔を寄せてみた。
 『ヤツ探知機』が反応したとしか思えない。
まさに 今 触れようとした場所に ヤツがいるじゃーーーーーん!
内側から開ける時は気づかなかった。
知らずに触れてたらベランダで悲鳴だったわ。
 そこからは落ち着いて(動きが鈍いって事は検索済なので余裕)箒を持って来て下に落とし…以下略。
 何匹昇天させたか、記録しようかと思い始めています。

|

2018年10月17日 (水)

泣く泣く…

 また捨てたーーー!

Kutu

 写真に撮ると『そんなに傷んでるように見えない』のが常だけれど、これは外側は 本当にそれほど傷んでない。

 私は靴を履いて歩く事が絶対的に少ないので、靴底が減る事も外側が汚れる事も 一般の人よりは少ない。

 以前捨てた赤い靴(まだ未練たらしく覚えている…笑)は、股関節が悪くなる前に履いていたので、つま先も踵も相当傷んでた。

 (股関節を悪くする前って どれだけ昔から長期間履いてたのか!?)

 でもこの白い靴は、股関節が悪くなってから購入したもの。

スポーツシューズのメーカーが作ってるので、ソール部分も工夫がしてあるらしく 私が履いても疲れが少ない。

 それでいて「健康靴候」でなく、可愛くお洒落(と私は思ってた)

 フェミニンな服にも合うし、スポーティな服装の時はソックスを履いて合わせたりして、幅広く履きこなせた。

 『履かない年』もあって、去年、久しぶりに履いてみたら、内側の合成皮革(ビニール?)が ボロボロとはがれてきた。

 でもまだ誤魔化せる! まだ履きたい! ので、ニスを塗って固めて履いてた(凄まじい執念…愛着と言ってね)

 さて、今年も履けるかなぁ~。

 履けたけど…靴を脱ぐと足先にも踵にも 剥がれた白いビニールがいっぱいくっついてる!

 靴の中を覗けば、あぁ…どうしようもなくボロボロだ。
もうニスを塗って誤魔化せる段階は過ぎた。
 
 写真を見ても 内側の踵部分がはがれてるのが分かるでしょ?
 
 あぁあ…大好きだったのになぁ。
これに代わるデザインには なかなかお目にかかれなさそうだしなぁ。
 でも…無理して履く度に 白いボロボロが剥がれ落ちては どうにもならない。
 
 捨てるよ!
 市のゴミ捨てルールにのっとり、燃やせるゴミの袋にポンっ!
大好きだったよ~~~! 本当はもっと履きたかったよ~~~~~~!!
 そして下駄箱の中には いつ買ったのかも覚えてない程(股関節が悪くなる前に履いてあ記憶あり)古いのに 気に入ったデザインでなかなか捨てられない靴がまだ鎮座している。
 
 ここ数年 履く機会が無くて、下駄箱からもはみ出して、箱に入れて積んである物も おそらく気づかなかったところが傷んでいくんだろうなぁ。
 『次に捨てる靴候補』は 数足ある。
いくつか残してあるハイヒールは 歩行が不安な私は もう絶対履けないけど、私の小さいサイズの靴を貰ってくれるお嬢さんは居ないし。
 あれらもいつかは捨てるんだけどさ…どこも傷んでないと捨てられないじゃん(涙)
 太ってしまって着られなくなった服も『今の体形は 世を忍ぶ仮の姿! いつか本来の私に戻るの!!』と 根拠のない希望が消せずに箪笥やクローゼットをどんどん占領していく。
 虫食いでもできない限り、服は捨てられないよなぁ…。

|

2018年10月10日 (水)

来年の夏

 亜熱帯のような夏が終わったかと思ったら、急に「秋のページ」が始まった。
ここ数年、季節が急に変わるように思えるのは私だけかなぁ。
 さて、夏は毎年、我が家の「あいちゅくりーのお部屋」は いつも満室。
暑い夏は氷菓がやっぱり嬉しい。
 
 お風呂上りに「絶対太るよね…」と思いながら、体の芯を冷やす為に毎晩食べた。
ここ数年のお気に入りは これ!

Shirokuma

 九州のどこかの名物「シロクマ」を真似たアイスは いくつかあるけれど、量・値段・味 全てにおいて、私はこれが好き。

 練乳風味の白い氷の中に、パイナップル・みかんの缶詰が一切れずつと小豆が少々、中心にあるグミのようなゼリーのような小さな粒も 食感が変わるのが面白くて「どのタイミングで食べるか」を 毎回 楽しむ。

 このグミのような部分は、去年までは長く凍らせるとちょっと固くなって「間違いなくグミ」って感じになったけど、今年のは、いつまでたっても半熟に溶けるようで 改良されたのかな?

 私にとっては「良い改良」でありました。

 この夏は『サクレ』の売れ行きが好調で、生産が間に合わず 売り切れ続出だったとニュースで見た。

うん、サクレ大好きで 毎晩 食べてた時期もあったなぁ。

歳のせいか、大好きだったサクレなのに、今年は カップの後半になると あぐあぐ。

以前は、食べ終わっても「もう一個食べようかな…」と思うくらいだったのに。

上に載ってる輪切りのレモンを舐めつくしてた(苦笑)

 加齢により酸っぱい物がちょっと苦手になってきたのかもしれない。

 今年は完全に「白熊」の虜。

買い物に行くと「あいちゅくりーのお部屋」の空き状況を思い出して、最大限買ってくる。

毎晩 食べるので、週に2回の買い物で必ず買うと言うべきか。

 そして…とうとうお店の冷凍庫に白熊が居なくなる日が来ましたねぇ…。

「今日だけかも、次に来た時はあるかも」と 半月くらいは期待して覗いたけれど、夏の終わりと同時に もう出荷されなくなるのね。

 来年の夏 また会いましょう!

|

2018年10月 4日 (木)

運動会で泣く

 昨日は ここちゃんの運動会でした。
 車椅子で運動場の移動は難しく、杖での歩行は去年よりも大変になってるので、行く前から不安。
 杖ついて ズームレンズを持って、その場その場でレンズを付け替えて撮影するのが難しいので 今回はズームレンズ無し。
 去年は短距離なら杖無しでも歩けたので、ここちゃんにへばりついて レンズも何度も交換しながら撮影できたのになぁ…涙。
 
 期待のダンスは、もう可愛くて可愛くて(涙)
 後から写真で見ると 周りの子達が『そこそこの動き』なのに対して、ここちゃんだけは、中心がぶれず 決めポーズも意味がわかってやってる感じで(贔屓かなぁ)一人だけ別次元。
 全体をよく見れば きっと本当にダンスを習っている子がキレキレのダンスをしてるんだろうけど(去年は違う学年の子達のダンスも私は必死で見てた)今年は 最小限の移動しかしないので、ここちゃんしか見ていない(汗)
 首を傾げて腕を前に出して決めるポーズでは、ちょうど私達の正面。
アイドルがステージの上から「きゃぁ! こっち見てくれたぁ!!」みたいに キュンキュンでした^^
 高学年の子供たちは応援のリード役や、大玉転がしのサポート役もする。
数年後には、ここちゃんもあそこに居るのかなぁ…その頃 私は元気で見に来られるのかなぁ。
 今回は 撮影エリアに行くのは ここちゃんが出る時だけ、ほとんどは後方の家族エリアに座ってた。
 でも ここちゃんの撮影を終えた次のプログラムが組体操や徒競走だった時は そこに残って見てた。
 徒競走も学年が高くなると迫力ある。
小さいうちは 必死に走るのが ただただ可愛いくて泣けたけど、高学年のそれは違う迫力で泣けた。
 先頭で走る背の高い色の黒い男の子が格好良かったし(笑
 組体操は、私が子供の頃にもあったけど、そもそも運動音痴の私は 組体操の良さが全然わかってなかった。
 大人になってから客観的に見ると あれはすごい競技よね。
笛の音に合わせて形が決まる度に こみあげてくる。
 目の前の女子のグループがピラミッドをつくる時、上に乗る子が自分の裸足の足の裏を手で払ってるのに気が付いた。
 土台の子の背中に砂がつかないように気遣ってるのね。
そういうのにも涙が出て来る。
 6年生の大技(名前言ってたけど忘れた。チアでやるようなの)は 「仲間を信じて」のナレーション通り、土台の上にすくっと立ち上がって(これどうやってるんだろう?)ポーズ決めてから両手を胸の前でクロスした子が後ろに倒れるのを数人が受け止める。
 普通の小学生だよ。 どんな練習したんだろう? 涙出るよ。
 
 いつか ここちゃんもあれやるのかなぁ。
 帰りの車の中で夫と感想を語り合った。
私「3年生だったかのダンス、キラキラ付のバトンみたいなのを持って男の子も踊ってたよねぇ。私達の時代には女子はダンスあったけど、男子は無かったよねぇ」
夫「ダンスなんて男はやらない」
私「だよねぇ。時代だねぇ、男の子もキラキラ可愛く踊る」
夫「イヤだよなぁ…」
 幼稚園時代、お遊戯が嫌で幼稚園を脱走していた夫の率直な感想(大笑

Img_5050bb

 可愛いダンスや競争のシーンは、ズームレンズ無しでは綺麗に撮れず、座席のすぐ後ろから撮ったものも 色々考慮してこのような加工での投稿にしました。

 子供たちの歓声や応援の声や大きな旗や 賑やかな運動会の記憶は私の胸の奥に…。

 ご近所や仕事仲間の友達の子どもの運動会も 先日の延期で今秋行われていて、複数の写真や動画が送られてくる。

足がもっと元気だったら、運動会巡りしたいくらい。

|

2018年9月19日 (水)

シャインマスカットに対抗

 毎年、8月に入るとロザリオを買うのが楽しみだった。
 それがいつだったか、シャインマスカットが登場。
 見た目は黄緑の大粒で似てるけど、皮ごと食べられるのがシャインマスカットの利点。
 巨峰でもロザリオでも、一粒ずつ皮を剥くのは好きなので『皮ごと食べられる』事なんて 大した事じゃないと 最初は思ったんだけど…一度楽を覚えると ダメねぇ。
 数年前からは、シャインマスカット大好きになってしまった。
 近頃は、ロザリオも見かけなくなったし。
 さて、そのシャインマスカット、その年の最初の頃は高い高い!
ひと房3000円以上。
そんなのは、あたくし買えません。
 でも毎年、夏の終わりには ナ〇コで半額になるのを知っているので、8月の買い物は、まずシャインマスカットのお値段チェック!
 そしてある日 突然それは来る。
 半額シール!!
 これがまた曲者で、そのシールを見ると「やっと買える♪」と勇んで籠に入れてしまうんだけど、よくよく見ると1500円くらいなのよね。
 うん、元が3000円以上なんだから当然。
 うまく踊らされたような気がしないでもないけれど、ずっと楽しみにしていた物だから買うよねぇ。
 清〇屋でも 8月終わりになると 綺麗なシャインマスカットが980円で売り出される。
 スーパーへ行く度に、シャインマスカットをチェックして値段と相談、家の冷蔵庫の残りを想い浮かべて買う。
 そんなシャインマスカットと私の蜜月は 一生続くと思っていたのに…。
 思いがけない新顔が現れました~!
 夫がふるさと納税で取り寄せた「瀬戸ジャイアンツ」

Sm1

 比較の為に五百円玉を入れました。 一粒が大きいのが分かるでしょう?

これがびっしりなので、ひと房がずっしり重い!

 味見の為に一粒ちぎってみたら、不思議な形をしてる。

Sm2

 細胞分裂し始めてるかのような、突然変異かなと思ってたら、同梱の説明書に

「シャボン玉がくっついたような形が特徴」って。

 全部がこういう形でした。

 味はねぇ…シャインマスカットでも すっごく甘いのと そこそこ甘いのと 当たり外れ(外れでも甘い事は甘い)があるけれど、今回 うちに届いた瀬戸ジャイアンツは『そこそこのシャインマスカット』と同レベル。

 う~ん、これだとスーパーで値下がりしたシャインマスカットを欲しい時に買う方が鮮度が保てていいかなぁ。

 もしかしたら、もっと甘い瀬戸ジャイアンツがあるのかもしれない。

最初の味って 影響大きいなぁ。

 

|

2018年9月 4日 (火)

お気に入りのお菓子と母

 いきなりの商品写真。
 メーカーの関係者のブログじゃありませんよ~。

Dsc_0110

 もう2年くらい これ 私のお気に入り。

備蓄お菓子の中でも 欠かしたことが無いかもしれない。

 程よい塩加減と軽い食感。 甘いものを食べた後 口の中をさっぱりさせるのに最適。

そして さっぱりした口で、また甘いものに戻る→またこれを食べてすっきり→甘いものに戻る→→→ご想像通り。

Dsc_0112

 小袋包装されてるので、外出のお供にもぴったり。(持って行くのよ)

 これ一つ(2枚入り)で36㌔カロリーなのも、ちょっといい(…ように錯覚する)

あまりのおいしさに止められず 5袋食べても180㌔カロリーだし!(威張るとこじゃない)

 ポテトチップスよりは低カロリーなんじゃないかと思ってるんだけど…。

 さて、これは母にも好評(と 私は思っている)

 小さく割って口元に持って行くと サクサクサクサクッと 前歯で噛む。

この歯ざわりや口当たりが 多分 母には楽しいんだろうと思う。

普段 母は細かく刻んだ柔らかい食事をしているので。

 大きな赤ちゃんになってしまった母だけれど、不思議に食べる時は ちゃんと口を閉じて お上品に咀嚼する。

 サクサクサクの後は、口の中でもぐもぐして ごっくん。

そこを見計らって 甘いミルクティなどをストローで吸わせる。

 ゴクンゴクンと喉が動く。

 塩っ辛い物と甘い飲み物 美味しいよねぇ~~私も大好きだもん。

 飲み物を飲んでむせた時も 絶対に口を開かないようにこらえてくれる。

 ストローを口からはずすと 唇を軽くすぼめて突き出したり、おちょぼ口で開いたりする。

これは「もっとちょうだい」の印。

 『もっとちょうだい』は、私が嬉しい瞬間でもある。

 可愛く開いた口元に またこの煎餅を持っていくと サクサクサクッ。

親の仇に会ったかのように、眉根を寄せて噛む時もある。美味しくて夢中なんだろうと想像する。

 そんな母は、先日 私が行った時、施設に来てくれる美容師さんにカットしてもらい、その後 入浴してサッパリしてお昼寝中だった。

 めめちゃん(以前 ブログでご紹介)を抱っこして眠る姿が可愛くてパチリ。

Dsc_0174

実は自分では寝返りも打てないし、めめちゃんを抱っこするのも無理。

支援員さんが たくさんのクッションやパッドを当てて、体の向きを何度も変えてくれてて、めめちゃんも その中で抱っこさせてくれたみたい。

 胸の上に そこそこの硬さのあるめめちゃんを乗せてると苦しくないかなと思うけど、安らかな寝顔してるし、規則的な寝息も聴こえるので大丈夫そう。

 ちょっと前には 施設のお揃いの花柄の枕と掛布団に埋もれて眠ってるのが清潔で華やかで可愛くて 撮影した写真を 従姉に送った。 

 『死んでるんじゃないからね~』と 添え書きも忘れずに。

 

|

2018年8月17日 (金)

夏休みのここちゃん♪

 久しぶりにここちゃんが遊びに来てくれました。
 
 マンション前の児童公園のプールは『気が向いたら』の予定だったんだけど、お盆でプールがお休み
 うちの中で ずっと遊ぶ事に。
 夏休み 7月中に ほとんどの宿題を終らせたここちゃん。
その後は、あちこちへ出かけて楽しんでる写真を しばしば送ってくれるので『じいじ・ばあばもどき』の老夫婦のうちで遊ぶの そろそろつまんないだろうなぁ…とも思うのだけど、ここちゃんに逢いたい・ここちゃんと遊びたいとの我ら夫婦の想いは止められず。
 いつもながら可愛いお洒落なファッションに目を細め、靴のサイズが私に近づいて来てるのに驚き…笑。
 夫は 会えない時間に ここちゃんが遊べそうな玩具を買っておき、二人で遠出したら、ここちゃんへのお土産を探す。
 なので、久しぶりに逢うと ここちゃんへのプレゼントが溜まっている(笑
 一つずつ渡して、袋を開ける時の ここちゃんの表情を楽しむ♪
 もうほんと~に可愛いんだからぁ~~!
 その瞬間、もちろん写真は撮れた!
 ここにアップするのは自粛しますが…あぁ 見せたい。
 
 毎年 プールの季節になると「夏毛」と称して ショートカットにするここちゃんだけど、今年は 近々 カッカの知人のお嬢さんの結婚式への参列があるので「思い切って短くするか、このまま伸ばして結ぶか 悩むところ」だそうで。
 ワンレングスみたいになってるくせ毛も可愛いんだけど、食事の時に おでこも出して後ろで一つに結んだら これがまた可愛い!
 ちょっとお姉さんにも見えるし、おでこや首筋の生え際が幼くも見えるし。
思わず「ちょっと横向いて~」「向こう向いて~」と写真撮りまくってしまった。
 ゲームをする時は、真剣な表情で顔を寄せて 目も寄せて、眉間にしわも寄せて(笑
 香り球を作る時は、真剣で夢中。

Img_4925bb

 もっと幼い時と まったく同じ姿なんだけど…上唇が三角形にとんがるのは「赤ちゃん」の特徴なのね。

 真剣に集中して口がとんがっても 三角形にはならず、まぁるく突き出してました~~笑。

それも可愛い(涙)

 

Img_4920

 我が家で『弾かれない家具』と化した電子オルガンも ここちゃんが来ると 本来の役割を思い出す。

 暗譜で楽しい曲を弾いてくれて、足で弾くペダルに 足がとどくようになってるのを発見して にんまり。

 途中から カッカが参加して、鍵盤のここちゃんに合わせて、カッカがペダルを踏み即興のアンサンブル♪

 いいねぇ~~~☆

 何年か前から ここちゃん用にしてあるスケッチブックを引っ張り出して来て、昔の絵をみんなで見て話が弾む。

 そこからの「お絵描きしりとり」

Img_4947

 『ズッキーニ』が出て来るなんて 洒落た豊かな食事をしてるのねぇ~。

そして『ボール』に続く『る』で ここちゃんが描き始めた絵…ん? なんだこれは? ピーナツにも見えなくもないけど…「る」だよねぇ…。

 

 なんと『ルッカセイ』 それも カタカナの「セ」を忘れてしまって 平仮名混じり。

「ルッカせイ」の力技でつなげたここちゃん(大笑

 少しだけ暑さのやわらいだ日の午後、帰り際に公園で少しだけ遊んだ。

もう雲梯は足が地面についてしまう。一番高い鉄棒も 以前は夫が抱え上げて摑まらせてたのが自分でつかめちゃう。 どんどん背が伸びてます。

|

2018年7月14日 (土)

天災

 ブログの更新が少し滞ると、私の苦手な季節を知っている友達から さり気ない調子でメールが届く。
 病気だけど、そこそこ元気です^^
 本当は書きたい事があったのだけれど、思いがけない災害が起きて 呑気なブログを書けなくなってしまいました。
 広島には、寿人ファンになってからサンフレッチェ広島を応援する中で仲良くしてもらった友達が大勢いて、被害の大きな地域名には覚えのあるものも。
 
 まずは安否確認。
それぞれから無事の返事を貰って ちょっと安心。
 でも近所のスーパーに商品が無いとか、通勤に時間がかかったなどの話は聞いた。
 新聞の記事やテレビで映像を見るたびに 息をのむ。 そしてため息。
 悲しみの塊が喉までこみ上げる事も。
無責任には泣けない。
 明日は我が身。
 もし自分の家が土砂に埋もれてしまったら…。
どこから手をつけて良いのかもわからないくらいになったら…。
大事な思い出・二度と買えないものが流されてしまったら…。
 たまらない。
 この暑さの中、ボランティアで被災地で活動する人たちにも 頭が下がる。
なんにもできなくて ごめんなさい。
 もし私自身が あの被害の中に居たら、杖ついてでも動かなきゃダメだよね。
断水中、給水車への行列にだって 炎天下であろうが並ばなきゃいけないよね。
 きっとそうなったら 半人前どころか足手まといになっても、できる限りの事をしようとはするだろうな。
 エアコンの効いた室内に居て『最小限の外出しかできません』と言ってる情けない私。

|

2018年5月28日 (月)

ここちゃんと「ファン感」♪

 昨日は、グランパス2018ファン感謝デーでした。
 寿人を見たくて2年目の参加。
 
 今年は ここちゃんとカッカもお誘いした。
 
 炎天下の入場待ち行列…。 車椅子の方が倒れる心配が無い。でも ここちゃん達が心配。
 
 私は寿人見たさや ここちゃんが一緒の嬉しさで頑張れるけど、そこまでの執着の無いここちゃんを無理やり連れて来たからなぁ…。
 そんな心配もよそに、ここちゃんは凍らせたペットボトルを溶かすのに夢中。

Img_4779aa

 シャカシャカと振っては溜まった液体を確認してにっこり。

「そんなに頑張って振ると(酸欠起こしそう)疲れるよ。あ~一口か二口でなくなるねぇ」

 可愛く飲んで「二口だった♪」

 暑さと全然始まらない入場で嫌になっちゃうんじゃないかと思うのに、無邪気な笑顔に救われる。

Img_4787bb

 無事入場し、寿人の「UCCコーヒー講座」の待ち行列でも 嫌がるそぶりも見せず(気配り・思いやりのあるここちゃんなんです~) UCCの方がご厚意で配ってくれたコーヒーを片手に、プログラムを吟味する。

 想像で読む漢字が正解してるので、おおよその中身も理解できる。

 車椅子で座っていられるとはいえ、じっと待たなければいけないのは大人も苦痛。

でも ご機嫌なここちゃんの笑顔やおしゃべりを聞いてると和む♪

 UCCコーヒー講座が終わると 私はすでにぐったり。

車椅子じゃなかったら倒れてる。

 夫がメインスタンドの席も確保したけれど、去年よりも競争率が高かったらしく、早く行った割に端っこだった。

 おまけに私は、ステッキで階段を下りる(下りられるように わざわざ上段を確保したのに)のが もう怖くて怖くて断念。

 せっかくの「グラ笑点」も最上段からなのでよくわからず、大画面を通してみるだけ。

 

 寿人が「低迷してるチームを応援してくれるファンを楽しませよう」と 自分のキャラに無い事を頑張ってしてるのだけはわかって、涙ぐんだりした。

 帰宅後、あちこちでアップされた「グラ笑点」の動画は、面白かった~~~!

 

 ここちゃんとカッカには、天然芝も体験してほしかったの。でもプログラムの時間帯の都合であきらめる。 

 ここちゃんが楽しみにしてたビンゴ大会も カッカと夫が並びに行ったけど、ビンゴカードはすぐに売り切れ。

 なかなか予定通りにはいかない。

 私がスタンド最上段で「グラ笑点」を眺めてる間に、夫は ここちゃんとカッカと3人で「スタジアム探検ツアー」に参加。

 普段は入れない場所へ行けて、夫も初体験。

Img_20180527_210131bb

 これはマッサージ受けるベッドかな(カッカにもらった写真)。 こういうとこで面白可愛さ爆発のここちゃん^^

選手ロッカーでは、寿人のユニフォームの前での一枚も。

 そしてなんと、ここちゃん、ガチャの1回目で 寿人のストラップを引き当てました~!

 以前から 私が呼ぶように「寿人」とは呼び捨てにできず「佐藤さん」と呼んでたここちゃん「佐藤選手」と呼び方が変わりました^^

 お仕事体験のコーナーでは、TOYOTAのキャップを被り作業着を着て(これがまた妙に似合ってたんだわ~)ミニカー作り。

 うまく作られた体験コーナーで、最後は自分で色付けしたミニカーが「ちゃんと走るか」確認作業をして終了。

Img_4858bb

 帰りの車内では プログラムの写真を見ながら 選手の名前を覚え・・・そのうち、タオルマフラーで顔を覆い始め・・・カッカの手をとり・・・眠ってしまいました(笑

Img_4878bb

 ここちゃんは、本物のおばあちゃんちでも寝ないんです。 でも この時は耐えられない睡魔に襲われた模様。

 あれだけ日を浴びて 人混みの中に居て あっちやこっちへ移動してたから疲れるよねぇ。

 でも私が写真を撮ってるのに気づくと・・・

Img_4880bb

 笑いを誘うコーディネイトに変更し、カッカの帽子の下で笑いをこらえている顎が写りました。

  週末の宿題の中に「日記」もあり、グランパスのファン感謝デーに行った事を書いたそう。

 一番 楽しかったのは「ミニカー作り」だったようだけど「佐藤選手を応援しています」と締めくくる気配りも忘れないここちゃんなのでした。

 

 

|

2018年5月23日 (水)

故郷で迷子

 
 特養に入居中の母の介護や医療保険の実家宛の書類は、うちに転送してもらっている。
頻繁に届く書類をチェックして、保存したり捨てたりするのも けっこう面倒なんだけど、手続きに出向かなくてはいけないのが一番 負担。
 
 おまけに『後期高齢者なんとかかんとか』『高額介護療養費なんとかかんとか』 何度読んでも頭に正確に残らない。
 
 それでも『これは手続きしないと支給されないんだな』ってのだけは、何とかしないとね。
 電話で問い合わせた後(余計な外出は避けたいの)必要な物を持って K市役所におもむくことに。
 
 K市役所…結婚前まで住んでた町の市役所。
今も友人たちの多くが暮らし、思い入れのある町。
 でも、ここ数年、実家へ行かなくなってからは、K市を通り過ぎる事や友達とのランチで町の喫茶店を利用する事はあっても、町の中心部へは全然 行ってない。
 
 しかし・・・なんてたって市役所だ。 K山のふもとだ。
 
 一昨年は、同様な手続きで行って終了後 その足で母の特養に向かった。
その時は『大体あっちの方よね』と、車を走らせたところ、なんと無駄走り無く、見覚えのあるスーパーマーケットの横に出た。
予測していたわけではない。
毎週、母の特養を尋ねた時、買い物をする店の隣に出た時は「おぉ、神の導きか!」と 感嘆したんだよねぇ。
 
 今回は 母の特養で預けた保険証を借りるので、その逆ルートで市役所に向かうだけ。 うん、楽勝楽勝♪
 カーナビを着けてない私は、普段なら前もって地図を確認し、自分しか理解できない地図も書く。
 
 でも一昨年の成功体験が自信になっていて、それをしなかった。
 
 結果・・・迷ったよねぇ~涙。
 
 『大体あっちの方』で走り K山も見えて来た。
もっとK山に近づけば きっと覚えのある景色が現れるはず!
 はい、行き止まり~~~!
 プラン崩壊。
 
 K山を目前にして、私の『ぐるぐる迷い運転』が始まる。
名古屋市内の交通量の多い道路だったら、これさえもが怖いけど、さすがにのどかな田舎の町なので、後続車が無いのを確認すれば、かなりゆっくり走れる。
 一昨年の記憶を掘り起こし、なぜかそこで間違う私。
 
 『K市役所の食堂からK山を見たんだよね、だから 母の特養から見て K山の向こう側』
 
 今 ブログを書いてると それが間違いであるのは すぐにわかる。
 窓から向こう側に山が見えたって事は、K市役所は山のこっち側って事じゃん。
なんで、そこで『だから山の向こう側』と思い込んだかなぁ…汗。
『K山の向こう側』という間違った大前提の元 ぐるぐる走り回る。
 K山の向こう側…警察署発見。 うん そうだよね。
で、市役所って どこだったっけ? 建て替えたんだっけ? 図書館? 福祉センター?
要約筆記で来た事もある建物もあり『絶対 ここら辺なのに』
 結局、K山を一周して予想外の位置に市役所発見! おぉ~ショッピングセンターの隣だったか。
 昔は 母を連れてよく来てたのになぁ…その頃って市役所 隣にあったかなぁ…。
 
 一昨年とは逆の方向から来てしまったようで、駐車場の入り口も記憶とは全然違う。
 
 肝心の手続きは 実家に住む弟と疎遠になっている為、マイナンバーカードや印鑑などが揃えられないのを電話で相談してあり、フォローもスムーズ。
 
 こういう『なんだかよくわからないんですけどー』な人の対応も慣れてるのねぇ^^
 
 『朱肉を使う印鑑』の代わりに持って行った簡易印鑑では やっぱりダメで
「百均でもいいんですよ」とアドバイスを貰う。
「じゃあ、また来なきゃいけないですねぇ」
「郵送で大丈夫ですよ」
 車椅子だから尚更 気遣ってくれたのかもしれない。
 
 その場で書けるところは全て教えてもらいながら書き込み「ここと ここに印鑑を」と鉛筆で印をつけてくれて、郵送用の封筒まで貰った。
 ありがとうございます~~~!
 
 優しい対応に心も軽く、帰りは迷う事もなくスムーズ。
 
 うぅ~~また何かで行く事があるんだろうか…その時 迷わずに行ける自信は無い。
 
 

|

より以前の記事一覧