日々のこと

2019年5月 8日 (水)

ここちゃん9歳になりました♡

 2歳になる直前に知り合ったここちゃんが もう9歳になりました。

 先日 我が家に遊びに来てくれました。

 私の大好物のおでこだしヘア。(ここちゃんのおでこは めちゃくちゃ可愛い) 後ろはポニーテールにしてお洒落なサテンのリボン。

お洒落お姉さんみた~い♡

 

 お誕生日プレゼントは 夫が『(おそらく)自分が一緒に遊びたいから』選んだサッカーゲーム。

選手の人形の胸にエンブレムを貼る細かい作業は ここちゃんお手の物。

集中のあまり眉をしかめたり、カッカと笑ったりの百面相をしながら手際よく進めて行く。その表情が可愛くて面白くて・・・写真を公表できないのが残念。

 肝心のゲームは ボールを自由に操るには操作が少々難しくて、慣れるまでは時間がかかりそう(汗)

 

 百円均一で買ってきたパーティグッズは ここちゃんもお気に入り。

可愛い反応をたくさん見せてくれた。

 ビビりここちゃんは クラッカーなど大きな音がするのが苦手。 私とまったく同じ。

ミニくす玉も『紐を引っ張ったら何か起きる』と分かっているので覚悟しながら、体を少しでも本体から離しながら、目をぎゅっと閉じて引く。

・・・いや それは弾幕が落ちてくるだけだから~~~笑。

Img_5382

 

 クラッカーから出て来た国旗は 早速 サッカーゲームに取り付ける。

 

 ケーキにたてるろうそくは9本!

Img_5446

考えながら可愛く立ててくれました。

 

 

 この日 ここちゃんが一番楽しかったのは、公園でのサッカーだったそう。

2年生の3学期、体育の授業でやったサッカーが楽しくて、本物のサッカーボールを買ってもらったと聞いていた。

で『公園で夫とサッカーしたいから持って来て』とお願いしておいた。

 還暦過ぎた夫と 体育の授業でちょっとやっただけの小学3年生女子のサッカー・・・パス交換も お互いにボール拾いに走る方が多いだろうなぁと思ってたら・・・なんとなんと! ここちゃんが 思いのほか上手くてびっくり!

 2年生の時の担任は若い清楚な感じの先生で カッカいわく「ビシビシ サッカーを指導するとは思えない」そう。

でも私は思った! 担任の先生、もしかしたらグランパスファンなのではないか?

だって ここちゃん しっかり『止めて蹴る』してるんだもん(大笑)

夫が蹴ったボールを ちゃんと止めて 足先でちょちょっと位置を変えて蹴る。

えええええええーーー!! すごく簡単にやってるんですけどーーー!

ちょっと浮いた球も膝を使って上手におさめてるし。

 学校の体育でしかサッカーした事の無い私・・・その授業のパス練習でさえ、蹴ったボールは思わぬところへ飛び、飛んできたボールは止め損ね「ごめーーーん!」の連発だった事しか思い出せない。

 ドリブルもするし、夫と離れてパスしながら前進するのも様になってる。

 ここちゃんが長年やっているゴルフは止まったボールが相手だけど、動くボールもこんなに上手く操れるとは想像してなかった!

ここちゃんは 何事も地道にコツコツ練習を積み重ねるので 家でもボールをしょっちゅう触ってるらしい。

やっぱり日々の積み重ねだねぇ。

 

 そして・・・『公園でサッカーやろう』と聞いて ここちゃんが準備して来たのはコレ↓

Img_5478bb

スーパーのレジ袋で作ったユニフォーム☆

「佐藤選手は千葉で背番号何番?」と尋ね、自分でタブレットで検索して確認したんだって。

フリーハンドで書いて この出来栄え☆

大きな文字を書くのって難しいんだよね~。 漢字もアルファベットも上手。

Img_5479bb

 

 おまけの話。

サッカーボールもレジ袋に入れて持って来てて それが何だかここちゃんらしくて微笑ましかったんだけど、本人は「網みたいなの」が欲しいんだそう。

あ、そういえばボールってネットに入ってたよね・・・と 今更ながら思い出す。

買ったボールは箱に入ってたんだって。 昔はボールはネットに入って売ってたような気がする。

・・・ここちゃんにとっては 不本意なレジ袋だったのね~涙笑。

 

 もひとつオマケの話。

 還暦過ぎた夫、普段からジョギングもしてるし、ジムにも行き、水泳もして、私とは比べ物にならないくらい運動はしてるけど「サッカーボール触ったのは久しぶりだったなぁ~」と 後でぽつり。

 その割には『上手いここちゃん』のお相手が務まったのでご立派でした☆

|

2019年4月10日 (水)

〇〇始めました。

正確に言うと・・・〇〇始めていました。

 

2003年から、ホームページ「いつも側にいます」を公開してきました。

その中で日記だったのをブログに変更し、ほぼ毎日更新だったのが ここ数年は週に一度のペースに落ちてきたけれど、古くからの友達や遠い親戚が読んでくれていて『花桃の近況』を一方的にお知らせしてきた。

ホームページ内の いくつかのコーナーは タグを打って画面を作るのが億劫になってしまって 全然更新していない。

去年、やっとスマホに買い替えたけれど、TwitterもInstagramもFacebookも始める気はなく、ブログでの一方的な発信で満足していた。

人様のTwitterやInstagramをPCから見るのは以前から楽しんでいて、それでも そこに自分が参加する気は全く無かった。

 

 それが・・・様々な理由で始めておりました。

 

【Instagram】昨秋より始めておりました。

 去年、グランパスに加入した選手のInstagramのストーリーズに寿人が度々登場するのを お嬢さんサポーターさんが教えてくれた。

でもストーリーズは Instagramの画面と違って こちらが登録してないと見られないのね。

 彼のストーリーズを見る為に仕方なく登録。

空っぽだと怪しいので、スマホ内にある写真をとりあえず投稿。

すぐにお嬢さんサポーターさん達がフォローしてくれたものの、実は私、ネットで繋がるのがもう面倒臭いお年頃。

お嬢さんたちみたいに朗らかに「こうなのよ」「ああなのよ」「良かったね」とコメントをつけ合うのが億劫。 気の利いた事も書く自信ないし。

 それで彼女達には「ストーリーズを見る為の登録で、自分発信の予定は無い。貴女達の写真にコメントしたりイイネしたりすると そこから私のInstagramにたどり着く人が現れる可能性があるので それも避けたいから私からのアクションはしない、ごめんね」とお伝えした。

 ネットで知り合いを増やす気は全然無いし、何よりも私の『何の思い入れも無いポンコツ写真をつっこんだだけのInstagram』を見られて これが花桃ゆうだと思われるのが嫌だった。

 登録後しばらくして、広島の友達から「フォローさせてもらいました」とLINEが来た。

え~なんで私 見つかっちゃったかなぁ。

 彼女に聞いてみると『知り合いじゃないですか』みたいなのが来て、写真を見てみたら「ゆうさんだ!」と。

数枚目の投稿となった『いちご大福』の写真につけたキャプションに「寿人の退団で泣いている」とあったのが決め手になったらしい(笑)

 彼女のInstagramを見てみてビックリ。 とっても素敵な写真がいっぱい。 彼女にそんな趣味があるのも知らなかった。

「綺麗だなと思う写真を撮ってる」との事で あぁ・・・そういう楽しみ方があるじゃんと やっと気づいたのでした。

昔から『カメラでの撮影が好き』な友達のInstagramは定期的に見ていて こんな写真が撮れたら素敵だなぁ・・・いい写真だなぁ・・・と うっとりしてたのに、自分がやってみるつもりは無かった。

「いつも側にいます」には、自分で撮った写真を公開するページも作ってあって、昔は時々 更新してたんだけど、もう何年も触ってなかった。

写真を撮るのは好きだったんだよね。

でも目が悪くなり、重いデジカメを持ち歩くのも億劫になり、PCに取り込んで写真を加工して、タグを打ってホームページにアップする根気も無くなってた。

 でもスマホなら 外出先でも思い立った時に撮れるじゃん。公開作業も簡単じゃん。

彼女に触発されて、ちょっと本気になってきた。

彼女繋がりで、複数の友達とも繋がったけれど、私の「コメントつけない」スタンスは変わらずで、皆にも納得してもらった。

イイネだけは、多数の中のイイネ!から わざわざ辿って来る人は居ないだろうと最近はつけるように。

案の定、ロマンス詐欺と思われる外国人男性からのフォロー申請が来ますねぇ(笑

 

 外出先でスマホで撮る時は・・・外の光は眩しくてサングラスが必要。 でも老眼鏡をしてないと手元が見えない。杖もどこかに立てかけて、足元を見るには老眼鏡はかえって怖い。 眼鏡を二つ 持ち替え掛け替え、転ばないように足元を睨みつけ・・・。

 緑道の桜を撮った時も そんな状況。 撮影している私の姿を客観的に見た人は失笑するレベル。

 そして『正面からでないと見えない』私の目は、手元からスマホを離した角度で撮影するのが難しい。

でもどうしても「あそこが撮りたい!」 そんな時は、一生懸命 手を伸ばして だいたいこの辺りと見当をつけてボタンを触り、老眼鏡をかけて手元で画像を確認・・・はい、ピンボケ。 もう一度 手を伸ばして・・・と繰り返し、何枚目かにやっと狙った写真が撮れる。

 そんな写真達なので、花桃ブログを長年 見てくれている友達にも見てほしくなったの。

https://www.instagram.com/hanamomoyuu/

 お時間のある時 見てやってくださいませ。

 

【Twitter】年明けより始めておりました。

こちらもPCから人様のTwitterを見る事は何年も前からしてたのに、自分発信する気は無かった。

グランパスではTwitterを利用して参加するいくつかのイベントもあって 興味はあったけど、自分がTwitterを始める気は無かった。

 

それがね・・・寿人がジェフ千葉へ移籍してから、ジェフサポーターさん達のTwitterを見ていて 嬉しいツイートを自分でいつでも見られるようにしたいなと思ってしまったの。

仕組みもよく分からないまま登録して、人様のツイートを自分の保存用にリツイート(と言うのかどうかも定かでない)だけする。

するとそれを見た広島の小春ちゃんが「ゆうさんのTwitterを見て 千葉の寿人くんの情報を手っ取り早く得てる」と。

あ! そうじゃん! 

私の友達の中にも 特別に寿人を好きなわけでなく 私みたいに必死に寿人情報を得ようとしてなくても「ゆうこが好きな選手だし、どこかで一括して見られれば見ておこう」と思う人は居る。

私がブログに長々と拙い文章書くよりも、簡潔なツイートを引用してくれば、分かりやすいじゃん!

 

 と思い立ち、これは『寿人の宣伝用』として活用する事にした。

寿人の活躍・称賛限定でリツイートしてます。

・・・ただ、これはもしかしたらマナー違反なのかな・・・とも思う。 もしそうなら誰か教えて~。

本家の方のツイートにコメントつけて(リプライ?)そこから繋がるのが面倒臭いのよ~涙。

 

https://twitter.com/fnyIRb5U2fsMkre 


 そしてね、PCでは整理されて見えるのに、スマホだと複数のリツイート(自動的にされてる?)が重なって、私のリツイートが埋もれてしまってる。

ブログを見てくれている友達は できればPCからご覧くださいませ。

最初は リツイートのみで 自分発信はしないつもりだったけど、近頃は嬉しさのあまり つい呟いてしまってます。

 

 ついでに・・・「いつも側にいます」は 無料ホームページなので、度々 不具合が起きてトップ画面に繋がらなくなります。

また独立したブログも つい先日 システムの移行中に大規模な不具合が起きて 投稿も閲覧もできない時期がありました。

 そうなると「花桃に何かあったか」と心配してくれる人も居るのですが、これからは 非常事態には InstagramかTwitterでお知らせできると思うので、よろしくお願いします。

 

 以上 厚かましくお知らせでした。

 

 

|

2019年4月 6日 (土)

お仲間発見☆

 先日、複数のボランティアグループが集まっての会議の最中、私は 一人のお姉さまのブローチに注目していた。

黒いセーターの首元にいぶし銀の透かし彫りの大ぶりなブローチがとっても素敵だった。

会議が終わり、エレベーター待ちで お姉さまと一緒になったので「素敵なブローチですね~! ずっと見てたんですよ~」と顔を近づけようとして・・・ギョッ!

 うわぁーーー私のダメなやつだーーーーーっ!

透かし彫りに見えたのは、実はいぶし銀のマッチ棒の頭みたいなのがびっしり並んでいたのでありました!

そう私は「集合体恐怖症」

 思わず心の叫びがそのまま口に出てしまった。

「きゃぁ~ 私 これダメなんですぅ~~~!」

すると そのお姉さま「私もなのよ~」

 え? 何がダメなのか言ってないのにわかるの?

「私もこういうの苦手で 自分ではじっと見られないの」と ブローチを手で押さえて隠す。

あ、これはもう間違いなく同士。

「透かし彫りだと思って よく見たら小さな丸いものが密集してました・・・申し訳ないけれど鳥肌立ってます~~~」と私。

2人で 自分の両腕をさすっていると もうお一方がそこに加わり

「こういう時は 中の二つか三つに色を塗るといいのよ」

へぇ~~~!

 そのお姉さまは 別に平気なんですって。

でも『集合体の中に別の色をつけると嫌悪感が無くなる』ってご存知なのね。

 集合体恐怖症って けっこう認知されてるんだ。 ちょっと驚き。

|

2019年2月27日 (水)

可愛い応援

 先週、ここちゃんが遊びに来てくれました。
 体のしんどさは まだ残っていて、ステロイドホルモン剤大量投与によるステロイドハイの状態をあえて作る。
 でも 動くとふわっとするし転ぶといけないので 公園までのお迎えは夫に任せて、私は室内で待つ。
 
 到着したここちゃんのおっしゃれ~なファッションを見て まず和む。
そのまま私が欲しいくらい♪
 
 夫が準備していたのは、カーリングを模したゲーム。
『カローリング』のミニチュア版だと思われる。
 フローリングに伏せるくらいに身をかがめて狙うここちゃんの姿が可愛くて♡
 この日は、私の大好物の『おでこ出しここちゃん』
そのおでこで、無心に的を狙う表情が一生懸命で可愛くて見惚れちゃう。
 たくさん撮った写真には その可愛い雄姿がいっぱいなんだけど、自粛。
う~、もったいない。

Img_5202bb

 代わりにこれで。

 背はどんどん伸びてるし、元々しっかりしてるので、お姉ちゃんっぽくなってるんだけど、このおてての可愛さよ。

Img_5211bb

 無意識(的に当てるのに夢中)なのに この魅力的なおてての表情。

後ろの左手の位置から、どれだけ姿勢を低くしてるかご想像ください(笑)

 

 私は身を屈める事は元々できないし、急な動きが不安なので ずっと椅子に座っての観戦。

 ここちゃんはプレーをし、得点表を書き、転がったジェットローラーを回収し、ちょこまか動き回ってる^^

Img_5250

 得点表も カッカと共同で ささっと作っててびっくり☆

 アッタンマン(ここちゃんのお父さん)は、お仕事で多分 製図もするんでしょう。こういうのを自然に見てるんだろうな。

 なんか定規とペンの使い方がいっちょまえで笑える。

Img_5252

 そして まあ☆ こんな綺麗な字で足し算もしながら書き上げてた!

 使った物は、ペンも鋏も箱も それぞれ元の位置に戻すし。

私がどこから持ってきたのか ちゃんと見てるんだよねぇ~(笑

 帰る頃には 私には朝には無かった元気が出て来てて、公園まで一緒に行けた。

 カッカの運転する車の助手席の窓を開けて ここちゃんは 飼ってるわんちゃんのイラストのついたクッションを一生懸命振ってくれた。

『ゆうこさん 元気だしてね!』って言ってるように感じた。

 きっと カッカが「お母さんが病気で、ゆうこさん辛いから励ましてあげようね」と お家で言ってたんだろうなぁ…涙。

 

 さて、数日後、アッタンマンの誕生日を祝った翌朝、ゆうべのケーキの残りを食べて

「なんか違う!」

「だんなさんが言ってたのは これかー」となったと カッカから報告があった。

 『だんなさんが言ってた』とは・・・

学生時代、ケーキも売る喫茶店でバイトしていて、作り立てのケーキを食べていたので、夫はケーキは味よりも『出来立てか時間がたってるか』を重視する。

 ここちゃんが来る日も ケーキは前日には買わず 当日 夫が買いに行く。

ここちゃんとのティタイムに そんな話をしてた。

 …ここちゃんは別段 反応するわけでもなかったのに、ちゃぁんと聞いてて頭に残してたんだぁ(笑

 

 『ふぅん…出来立てと次の日では味が変わるのか…』と思いながら聞いてたんだねぇ。

どんなに変わるのか興味津々だったんでしょう。

 そう思いながら食べて「あ~ほんとだ!」って なったんだね^^

 幼い頃からそうだった。

大人の話を聞いてる顔してないのに ちゃんと聞いてて自分のものにしてた。

 一生懸命ゲームしてる時の顔も 出会った2歳の時とおんなじ(笑)

背だけはどんどん伸びてる。 靴の大きさも もうすぐ追いつかれるなぁ。

 で『ここちゃんが着られなくなった服を ゆうこさんに頂戴』って話も出て来るんだけど…背は越されても幅は越えないのよねぇ…よって ここちゃんのお下がりは 私には着られない…うぅぅ残念!

 

 この日を境に 私の気持ちも上向いて来て、体のしんどさも薄らいできてる。

 プレドニン(ステロイドホルモン剤)も4錠を2錠まで減らしてます。

 まさに『おすくり☆ここちゃん』(お薬☆ここちゃん)

|

2019年2月20日 (水)

動き出したー☆

 この前「大丈夫…じゃないかもね」とブログを書いてから10日も過ぎてた!
 一週間くらいのつもりだった。
 やっぱりおかしかったなぁ、私。
 心がフリーズしてた。 
 良くも悪くもオープンマインドの私が無意識にクローズしてた。
 
 11日早朝から熱が出て、インフルエンザかなぁと構えたけれど、高熱にはならず。
内科で処方されている数種類の薬の中から『PL顆粒』を選び、風邪対応にしてみた。
でも頭痛・鼻水・咳などの症状は一切なくて、熱も上がったり下がったり。
私の冬場の平熱は35.5度なので、37度になると ちょっとしんどい。 でもそれ以上にはならず。
 花粉症かも…と 自己診断を変えて、抗アレルギー薬にしてみた。
でも微熱は変わらず、動悸がするし、少し動くと横になりたくなって、横になると眠ってしまう。
 
 週末 とうとう「ステロイドホルモン剤大量投与」作戦に出た。
 去年12月の血液検査でドクターが「これは気に入らんなぁ」と 『プレドニン1錠を1、5錠に増量』の苦渋の決断をしたのに、自ら一挙に『4錠』に!
 功を奏し、それまで薄目で見てたような景色が多少 はっきり見えるような気がしてきた。
 母の事をさり気なく心配してくれる友達にも 泣き言も言えた。
 
 そしたら思いがけない展開が…。
 友達のお母さんのご高齢の叔母さんが、数年前に大腸がんと診断されたものの、本人の意思で治療を拒否し、今も元気でいると。
 親戚一同は「あの診断は何だったの?」と言ってるって。
 
 その情報で 私の気持ちが一気に変わった。
 先日の主治医との話し合いでは「このままだと、2~3ヶ月後に大腸が完全に詰まる。腸閉塞が起きた場合、普通なら人工肛門置換手術をするが、母桃さんには緩和ケアという選択もあり」
 施設の看護師さんや介護福祉士さん、ユニットリーダーさんとも その後 きちんと話し合って『2~3ヶ月後に腸閉塞を起こしたら、口からの栄養摂取は断念し、命が枯れていくのを見守る』事を決めた。
 母の最期を私が決めてしまった罪悪感と、何年も前から まだしっかりしていた母と私が お互いに伝え合っていた死生観にブレが無い自信。
 二つの想いの中で、私は自分を「無」にしてた気がする。
 
 ただ…腸閉塞を起こしても きっと母の心臓は動いているだろうとは思ってた。
「もう半年になるけど、まだ生きてるよ~」と苦笑する自分も想像できてた。
 
 それがね、友達のお母さんの叔母さんの話を聞いたら「まだ生きてるどころか、元気かもしれない!」と 希望が湧いて来た。
 
 大腸ファイバースコープ検査の画像で見た腫瘍。
腸管内がほぼ埋まってた。
 でも高齢の母の癌細胞の増殖はきっとゆっくりに違いない。
2~3ヶ月どころか、半年後も まだ詰まってない可能性だってある。
 先週は 母の所へも行けなかったので、昨日2週間ぶりに行って来た。
相変わらず母は食欲もあり、顔色も良い。
 支援員Uさんが「今朝もお話されましたよ」と 詳細を再現してくれる。
「ちゃんと会話になってるんですよ~」と笑顔。
 
 このUさんの声は 母の耳に一番届きやすいのか 今までも『母桃さんとの会話』の報告は彼女が最多。
 そのUさんではあるけれど、複数回の言葉のキャッチボールが増えて来たのが 私には不思議。
 最後の命の灯を燃やしてるのかなぁとも思う。
 ユニットの支援員さん達が「朝が一番 お元気で言葉が出やすいので 今度 動画を撮ろうって言ってます」って。
皆さんが 母との残された時間を大切にしてくれてる。
(…一年後も生きてる可能性あり)
 
 母の食事も 刻み食だったのが 先月の診察後からソフト食(多分 一番 高価よね)になった。
他の皆さんと同じ食材をドロドロにしてからテリーヌのように加工してある。
 白身魚にはとろみソース。
 人参と思しき柔らかいキューブにはマヨネーズ風味のソース。
味見してみると、確かにそれぞれの食材の風味はある。
スプーンで口元へ持っていくと 口を大きく開ける母。
 欲しいんだね。 たくさん食べてね。
 でも 毎回 こんな食事では満足感ないよね…。
 私が入院中、減塩食で虚しいのと同じ。
 
 昨日 介護福祉士・看護師・支援員さんと私で また話し合いの時間を作ってくれて
「母桃さんが美味しいと思ってもらえる食事も たまにはしましょう。美味しくない物を食べて寿命だけをのばすよりも、母桃さんが少しでも嬉しいと思ってほしい」と。
私の想いそのままだった。
介護してくださる人達と私の気持ちがぴったり一致してる安心感。
 私が食べさせていた塩味の薄焼き煎餅も「再開してみましょう」となった。
 便をどろどろにする薬を使って、排便の量も増えているとの事。
 …なんか、私が週に一度 会いに行く時間は 以前と何も変わらないじゃん。
 むしろ 母の反応は数ヶ月前よりもしっかりしてるもん。
 『希望の光・スポットライト』とまではいかないけれど、それまで暗転だった舞台に照明が当たり出したような感じ。
 
 そうなると 色んな事が急に上手く回り出す。
 昨日は まだ少ししんどい体に鞭打って ボランティアの会議に出てから母の所へ行った。
 市役所の音訳ボランティア 今年度は輪番制の役員だったので、年度替わりのこの時期 引継ぎや調整で何度も招集がかかる。
 私が今 倒れたらダメだ。 私の代わりは居ない。 頑張るしかない。 気が張ってるから絶対に倒れないよ。何とか この時期をやり過ごそう。
 きっと前だけを睨みつけて悲壮な顔してたと思う。
 そしたら…木曜日に予定されていた研修会には出なくても良い事になった。 あっさり(笑
 それが無くなっただけで、荷物がすごく軽くなった。
 引継ぎの為の書類作成も目処がついてきたし、急に展望が開けて来た。
 
 夜 帰宅した夫にも 久しぶりに饒舌におしゃべりした。
ずっと『ご飯作っては寝て、食べては寝て、洗い物しては寝て、入浴せずに寝る事もあり』だったもんね。
 ただし…ステロイドホルモン剤大量投与中である事を忘れてはいけない。
『なんかやる気出て来たー! 頑張れる気がするーー!』のは、ドーピング状態・ステロイドハイの可能性も高い。
 
 …って事で 今朝は プレドニン2錠にしてみました。
 そしたら「今日は これとこれをこれをやるぞーーー!!」だったうちの まだ一つしか着手していません(汗
 

|

2019年2月10日 (日)

大丈夫…じゃないのかもね

 金曜日、母がお世話になっている特養の看護師さんと一緒に病院へ。
外科のドクターから病理組織検査結果の説明を受けた。
 先週 検査した内科のドクターが見せてくれた画像から 素人の私でも想像できた。
 
 で、予想通り。
 それを見越して、今後の事もドクターと相談できるよう、昔から 母と話し合ってきた事や、私が予想できる今後の展開の選択肢などを フローチャートにして持って行った。
 ドクターは 私の気持ちを汲んでくれていると感じられる。
 特養の看護師さんと3人でシンプルでも濃密な話ができた。
 
 その足で、母の待つ特養へ向かい、ユニットリーダーや社会福祉士さんも交えて報告と 今後の相談。
 皆さんが本当に一生懸命考えてくれて、寄り添ってくれて、ありがたい。
 
 子供の無い私達夫婦、私は絶対にボケるし、体の自由も早くに利かなくなるでしょうから、施設に入所する事は夫と決めているけれど、お世話になるならここがいいなぁ…。
 
 ブログを読んでくれてる友達から、全く別の要件を装いながら、さり気ない気遣いのメールやLINEが届く。
 
 なんかね…大丈夫なんだ。
 全然 大した事ないの。
 2018年12月、寿人の退団が発表された時の方がずっとずっと苦しくて辛かった。
 友達の真心に感謝しながら、いつもなら「実はさ~」と ぶちまける私なのに、それができなかった。
 説明するのが面倒だった。
 
 コンビニのビニール袋を手に夫が帰宅した。

Godiva

 GODIVAのラズベリーチョコレートケーキ(コンビニね!)
 
 『妻のトリセツ』なる本が売れてるそう。
 広告の一部に「これを読んで 突然の妻の無表情が怖くなくなった」とあるのを見た事がある。
 私の事だーーー! と その時 思った。
 夫は もしかしたら買って読んだのかも。
 
 ラズベリーチョコレートケーキが食べられるから嬉しくて元気が出るわけではないの。
 友達の真心よりも、一番身近な夫が『私を、私の母を気遣ってくれた』事が 元気の素になった。
 
 …と言う程 しんどいわけじゃないんだ。
 普通に眠れるし、食欲もあるし、普段と何も変わらない。
 
 でも 私の場合は この方が怖いのかも。
「しんどいよ」「苦しいよ」と言いまくってる時の方が 私らしくてまとも。
 大したことないと 強がってるわけじゃなく、何も感じないように麻痺させてるのかもしれない。
 それが続くと 体に「もう止まるしかないよ」って異変が現れるよね。
 
 一過性の外転神経麻痺がたびたび起きてるけど、2010年みたいに『一過性』が継続するようになったら困る~。
 
 

|

2019年1月 5日 (土)

リベートを!

 ご挨拶が遅れましたが、本年もよろしくお願いいたします。
 さて、年末の話になります。
夫の分の年賀状の宛名書きから解放されて、ストレスの無かった私。
いつも年末は 年賀状作りで怒ってた(笑)
ついでに、大掃除でも怒れてくる。
夫に「あれして、これして」とお願いするのは別にいいんだけれど『お願い』の体をとっても どうしても『命令』になってしまう。
 もちろん「手が届かないから それ取ってください」レベルのお願いは純粋に『お願い』なんだけど。
 毎年の事なんだから、自発的に「ここは僕がやります」と言ってほしいのよ…。
 で、毎年 暮れの大掃除で私は機嫌が悪くなる。
頑張り過ぎて疲労し お正月ずっと寝ていた年もあった。
 こんな事なら もうやらない! 
ストレス無く、怒りも無く、新年を迎えたい。
埃があっても年は明けるんだから☆
 と、心に決めていたら…年末休みに入った夫が真っ先にした事は『お掃除グッズ購入』
出た~~~!
 やると決めたら ぐだぐだ言わずに さっさと行動する夫。
 「これで風呂と洗面所は僕がやります」宣言。
 おぉーーー! その言葉を待っていましたよ。
 さて、このお掃除グッズ…Kis-My-Ft2 の深夜番組の影響なのです。
 我が家は数年前から その時間帯のKis-My-Ft2 をずっと見ていた。
最初の頃は「ジャニーズも変わって来たなぁ。この子達、頭悪そうだし、仲悪そうだし、見た目も藤ヶ谷君以外は どうって事ないし…」と 失笑気味で、でもよゐこ濱口君の絡みが面白くて。
 それがねぇ、長く見てると どんどん好きになっていくのよねぇ。
北山君が寿人に似てると思い始めてからは 特に北山君が好きになったし。
(北山君ファンのネット友達に言ったら『私にはどこが似てるのかわからない』との反応だったけれど、寿人を見た事のある友達に言うと『わかるー!』『似てる似てる!』となる)
 この数年で彼らはどんどん成長していて、ルックスもジャニーズらしくなってるし(あくまても花桃目線)グループ内で良いパスを出し合って 誰かのゴールを演出する事も増えて来てるし、見ていて気持ちが良い。
 Kis-My-Ft2 の説明が長くなりました(汗)
 と言うわけで、火曜日深夜「10万円でできるかな」は、我が家の楽しみの一つになってるの。
 北山君が何か可愛い事をして、私がうふっと笑ってしまう所では 夫も同じように笑ってて、他のメンバーに対する気持ちより北山君へのそれは強い。
 そんな彼らの「10万円でできるかな」には ネットで購入したお掃除グッズを使って大掃除する回があるのよ。
 宝くじの回や、福袋の回なども 夫と楽しく見てて
「これ 絶対 影響あるよねぇ。これ見たら 買ってみようって思う人 出て来るよねぇ」と言ってたのです。
 そして見事に夫はお掃除グッズを買ってみました~~~。
 さて、その成果は…と言うと。
 夫の作業が寒くないように 私は脱衣所に電気ストーブを持ち込んだ。
必要だったのは最初の数分だけだったようで、夫は途中で上着を脱ぎ、シャツを脱ぎ、下着まで汗で濡らして2時間半。
 結果! ぴかぴかになりました~~~☆☆☆  
 とは言えず…汗。
 え?2時間半もかかって なぜ? な状況。
 
 私は普段は カビ取り剤を使って30分くらいで目地を真っ白にするけど、夫はKis-My-Ft2 推薦お掃除グッズを使って(正しい使い方だったのかどうか不明)力技で頑張ったらしい。
「下の方は力が入れられなかった」
「うん、そうだよね。やりにくいよね」(いやいや上の方も随分 残ってますが)
「これだけ綺麗にしてくれれば十分! 今夜 お風呂入る時 明るいよ~~~。ありがとう~~~!」と言ってから、目に付く所だけカビ取り剤を吹きかけてブラシでササっとこすった。
 …すぐ白くなった(笑
 夫が購入してきたお掃除グッズ しめて4800円程。
 Kis-My-Ft2  売上向上に貢献してるよねぇ。 メーカーさん 彼らにリベートあげてくださいよ。
 

|

2018年12月28日 (金)

一日遅れのクリスマス♪

 先日 冬休みに入ったここちゃんが遊びに来てくれました。
 会えない間 我が家には ここちゃんと遊ぶ為に購入した玩具が どんどん溜まっていく。
 今回は手品を夫と練習しておいた。
 

Img_5083

 よくある『ギロチンで指を切る』手品。

 私の指でも細すぎるので ここちゃんの指だと もっと細くて隙間ができちゃう。

ビビり屋のここちゃんが怖がって瞬時に指を抜くかと思いきや 切れる恐怖もあまり感じなかった模様。

 シンプルな仕掛けながら『テレビなどで見るギロチン手品もこういう風なのかぁ…』と納得がいったのでした。

 

Img_5090

 続いて、半年ほど前に 私が新聞か何かで見て気に入った『食パンなどを留めておくプラスティック』にイラストを描いてわんちゃんにするやつ。

 真剣な顔で描くここちゃん^^

 そしてこの表情豊かで可愛いおてて♡

 出来上がったのは、またまた可愛いおてての上で歩かせます(笑

Img_5091

 夫と私が準備した物は 何でもちゃんと楽しんでくれる♬ 

幼いけれど、気遣いの女の子なのです。

 

Img_5135

 そして こういうの大好き。

 自ら進んでかぶって 鏡を確認に行って けっこう気に入ってます^^

Img_5138
 どんな娘さんになっていくのかなぁ。

いつまで遊んでくれるのかなぁ。

 帰りには 公園でブランコと雲梯も。

雲梯はもう一番高い所でも足がついてしまって何ともならず。

 赤ちゃんブランコに乗っていたのが遠い昔のよう。

|

2018年12月24日 (月)

今年の年賀状

 結婚してから32年間、夫婦二人分の年賀状を書き続けて来た。
 詳細は、毎年 この時期のブログを読んでくださった方はご存知かと(苦笑)
 
 結婚33年目の今年 とうとう宣言しました。
「あなたの分だけは 自分で書いてほしい」
 数年前から「自分の分だけ書いてほしいなぁ~」と 呪文のように言い続けてはいたのだけれど、夫は『年賀状作りのぼやき』のワンフレーズとしか捉えていなかった模様。
 
 でも 今年は違った。
 ここんとこ『認知症が始まってるんじゃないか?』と 事あるごとに思う私を見ていて、夫も もしかしたらその危険性を感じてるのかもしれないし、グランパスで寿人の出番が無くて落ち込む私に同情してたのもあるかも。
 
 夫が年賀状ソフトを買ってきた!
 夫は無限実行の人。
 やると決めたら、ごちゃごちゃ言わずに さっさと行動する。
「おぉ~ ありがとう~。今年は楽だわ~」と 私も一言だけ言って傍観のスタンスをとる。
 
 11月半ばにはパソコン画面とにらめっこする夫の背中だけを見ていた。
 私は 寿人の写真を使ったデザインを主体にして、目上の人用に別のデザインも作った。毎年 数十種類作る。
 ちらりと夫を見遣ると デザイン画面を触ってはいるものの、進展は無さそう。
「裏面だけ私が作ろうか?」
「はい、お願いします」
 で、夫の分のデザインも。
 親戚・友達(私も交流のある人も)・会社の同僚・目上の人。
4種類のサンプルを作って印刷し「それぞれのデザイン 何枚必要か書いてくれたら、その枚数 印刷もするよ」と夫に告げる。
私のデザインは貼り絵をして完成となる。
サンプルにも貼り絵とキラキラを施してから もう一度 夫に見せると「おぉ~すごいね」
え? 今まで見た事無かった?
 毎年 私がどれだけ精魂込めて作ってたか…知らないんだ…。
 
 今年頂いた年賀状を 夫の分だけより分けて渡す。
夫は それを見て自分用の宛名入力にとりかかった。
 ルーペを探したり、私が手書きした住所録を確認に来たり…ウフフ 私が毎年 大変だったのわかった?
 印刷で届く年賀状には 文字が小さすぎて住所が読めない物が複数あるの。
中には手書きで自分の住所を書いてこない人も。
 このタイプは夫宛に断然多い。
 毎年 年賀状を作るのに 貼り絵とキラキラ装飾で すでに疲れ果ててる所へ 宛名書き(どうしても筆ペンで手書きしたい私のこだわり)にとりかかって
「もぉ~読めないんだって~!」
「自分の住所、こっちが知ってるって思ってるわけ?いちいち調べてるんだよ」と怒りながら書く。
 毎年 それも聞き流してた夫だけれど、ストレスだっただろうとは思う。
今年は それを聞かずに済むんだから、住所入力くらい どうって事ないよね?
 
 あまり交流も無い夫の知人宛の年賀状にも その人に合わせた言葉を添え書きするのだって負担だったのよ~。
 今年は もうそれもノータッチだからね~。
『あぁ~今年は あのストレスから解放される~』と 何度も思った^^
 
 それぞれのデザインを依頼された枚数印刷して渡して第一段階は おしまい。
 最後の仕上げは貼り絵とキラキラ装飾。
プリンターにゴミが詰まりそうなので 夫が宛名印刷を終えてから。
 数日後、仕上げをすべく夫から受け取った『宛名印刷済』の年賀状を受け取ってびっくり。
 え~~なんでこの人にこのデザイン?
 おまけに何で差出人は夫婦連名?
 
 共通の友人とは、先月の中学還暦同窓会で会って 来年の年賀状は夫の分は夫が作ると伝え
「だからクオリティ落ちるよ」と言っておいた。
 でもこれはクオリティ以前の問題だよ~~~。
 私は 去年まで差出人は苗字だけ印刷して、夫の知人・共通・私の知人と区別して 名前だけ手書きしてた。
 ん~~この人に連名で出す必要あり?
  しかし時すでに遅し。
 夫の知人用に作ったデザインには それ用の文言も入れてある。
夫婦連名で この人に この文言…変だよねぇ。
 ずっと私の力作の年賀状しか見てない人は これを見たら『奥さんに何かあったか?』と思うかもしれない。
 
 知~らないっと。
 
 夫の分から解放されるからと呑気にしてたら、結局 夫用の宛名書きが免除されただけで、作業量はさほど減らなかった。 
 でもストレスは無い。
 夫も 私のボヤキを聞かずに済んで良かったよね^^

Nenga_2

 さて自分の分は…と言うと 『最後のグランパス寿人』って事で 写真を使ったデザインを80枚にして 後は『大人仕様』。
 その大人仕様でさえ、血迷ってしまって 最後の最後に寿人の写真を小さく入れてしまった。
 数年前、お試しで10枚だけ作ってみたのが30枚になり、とうとう80枚。
 ミーハーなのは皆さん知る処。
ここまでお馬鹿さんだったのを 新年早々 多数にお披露目する事とあいなりました。

 

 

|

2018年10月31日 (水)

『ヤツ』の名は

 昨日のブログを読んだ小春ちゃんから「調べてみたんだけど、キマダラカメムシじゃないかしら」と連絡があった。
 早速 それで検索してみたら、そうでした~!
 やっぱりカメムシなんだね。
でも臭くないんだよ~。
 そして私の「5年くらい前から」の記憶は 強ち間違いでは無かったもよう。
(もしかしたら10年くらい? は間違い 笑)
 外来生物であるヤツは、長崎から侵入して分布をひろげ、愛知県では2011年に初めて発見されたんだって。
 寒くなると行動が鈍くなって、暖かい所でじっとしてるらしい。
それで、我が家の東の窓やベランダにくっついてたわけね。
そして 私がよく目にするのは 毎年気温が下がってからだったわけだ。
 検索したついでに、ぎもぢわるーーーい画像をたくさん見てしまった!
「うぎゃっ!」と のけぞってから もう一度見るーーー。
 でも…卵と孵ったばかりの幼虫(だったかな?)は、さすがに一瞬でスクロールして 二度と戻らなかったわ。
 後でまた確認に行くような気がしなくもない…。
 そして あたくし、本日もベランダでヤツを「ごめんね!」と言いながら、瞬殺いたしましたことよ。
 あえて詳細を報告しますと…干した布団を裏返して部屋に戻る為にサッシに手を触れようとして、ふと顔を寄せてみた。
 『ヤツ探知機』が反応したとしか思えない。
まさに 今 触れようとした場所に ヤツがいるじゃーーーーーん!
内側から開ける時は気づかなかった。
知らずに触れてたらベランダで悲鳴だったわ。
 そこからは落ち着いて(動きが鈍いって事は検索済なので余裕)箒を持って来て下に落とし…以下略。
 何匹昇天させたか、記録しようかと思い始めています。

|

より以前の記事一覧