痩せたいのよ!

2014年11月26日 (水)

「ほっそりしてる」 驚!

 昨日、マンション1階で お隣のHさんとバッタリ会った。

「久しぶり~~」

「隣なのに、全然会わないよねぇ」

エレベーターに一緒に乗り込みながら 彼女が

「花桃さん、いいなぁ~ ほっそりして」

 え?

 空耳かと思ったわよ。

 でも確かに聴こえた…ほっそりして。

念のために「ほっそり? 私?」と尋ねた。

「そう! 私なんて どんどん太っちゃって…」とHさん。

 私の服装は黒い直線的なシルエットのジャンバースカートに、薄手の黒いダウンコート。

確かに、ウエストのはみ肉は見えていない。

 そこで私は語りましたよ。

「全然、ほっそりなんかしてないんだってば~!!」

 ステロイドの副作用のムーンフェイスが治まってきてるので、顔だけ見ると痩せたように感じるけれど、体の方はすごいんだって事を。

 土曜日のクラス会でも久しぶりに会ったT(女子)から「ゆう 可愛い~!」と言われ 気を良くしてたら、続けて「でも この辺りがぷよぷよしてるのも よくわかる~~」と お腹(スカートのウエストの上)を押さえられた(笑)

 先日、掲示板で「一日一回だけでも我慢する」と書いてはみた。

 その後、一日一回は怪しいけれど「これ食べちゃダメだよねぇ…うん!食べない!」って、寝る前に数回我慢しました。

 ちょっとした意識なんだなぁ…と実感してるとこです。

 効果の程は まだ…。

我慢した夜は「なんかひもじい…寝るしかないわ」と しょぼくれて布団にはりいます。

|

2014年11月19日 (水)

我慢をしなくては!

 久々にこのカテゴリーで書くような気がする…。

 そこそこ肥っている事に慣れてしまった上に、ステロイドのムーンフェイスが治まって来た事で、久しぶりに会う人には「痩せた?」と言われるようになり、危機感が薄れてしまってた。

 でも体重はじわじわと増え続けてる。

 08年の最高52.5キロには まだ届かないけれど、着られなくなった服が現実を教えてくれる。

 ちょっと無理してはいていたスカートが 本当にはけなくなったし、大好きだった服が似合わなくなった。

 かつてのベスト体重は43キロくらい。(身長147センチなので)

 中年になったので、45キロでもいいかなと甘い基準になったけれど、もう7年近く、その基準から大きく離れている。

 ここ数年は、46~48キロ。

 入院して1400㌔カロリーの食事を続けると いい感じに痩せるんだけど、退院するとすぐ戻る。

 で、48キロを超えると「これはまずい」と思う。

 ところが、気づけば、そのハードルが49キロになってしまってた。

 少し前に48キロを超えた時は「こりゃいけない!」って思ったはずなのに、その後 特別な努力もせず、48.5になり、48.8になり…たまに48.3になると「ああ、良かった」と安心してしまう始末。

 それがとうとう49キロを超え、たまに48.9になると「ああ、良かった」とまたまた安心してしまう。

 「良かった」じゃないのよ!!

 で、近頃はやけにお腹が減る。

 夫と同じ量の朝食を食べて、夫を送り出した後、朝刊を読みながら、ちょっとお菓子を食べる。

「これがいけないんだよねぇ」と思いながら…食べる。

 夕食後、ちょっと甘いものが欲しくなって「これがいけないんだよねぇ」と思いながら…食べる。

 入浴後、アイスクリームを「寝る前なんて絶対にいけないんだよねぇ」と思いながら…食べる。

 「いけないんだよね」と思って止めたためしが無い。

それで一日の摂取カロリーが2000を超える日が続く。

 せめて、一日一回だけでも「いけないんだよね」と思ったら我慢してみよう。

 まずは一日一回だけでいいから…。

 

 私、絶対にできない目標は立てないのよね。

本当はここで「余計な物は食べない!!」って決意すべきなのに。

|

2014年3月17日 (月)

根拠の無い自信

 懇意にしているブティックの暮れのバーゲンで春先にはけるスカートを買った。

 買う時、ウエストは少々きつかった。

 でも「春先には痩せるから大丈夫!」と思った。

 …春までにダイエットをする予定や覚悟があったわけじゃない。

 なぜ「痩せるから大丈夫」と思えたのだろうか…?

 そして予定通り、何の努力もせず、食べたい時に食べたい物を食べて、のったりと冬を過ごした。

 そろそろあのスカートの出番だわ~♪

 はいてみたら…買った時よりも さらにきつい!!

 そりゃそうだ。

 体重もじわじわと増えてるんだから。

 無理矢理ウエストのホックを留める。

 ダイエット食品の『ビフォアー写真』に売り込める見事な絵面。

 ホントは トップをインして着ると綺麗なシルエットになるスカートなのに、ぼよぉ~~んなお腹を見せるわけにいかないので、セーターを被せてはく。

 せっかくのスカートが五割減。


 こういう事、初めてじゃないのよね…。

 なぜか「きっと着られるようになるから大丈夫」と買ってしまって、結局、その季節になったら、全然着られなくて、箪笥の肥しになるケースは多い。

 教訓…願望と自信を錯覚しないこと!

|

2013年11月16日 (土)

贅沢なひととき

Cake1
 ゆうべ、こんなプレゼントを頂きました☆

 夕食を食べた後だったけど、フルーツは新鮮なうちに食べた方がいいと思って「フルーツだけ食べとこ」と大きなフォークで食べ始めたら…ケーキもクリームも美味しくて 結局、半分食べてしまいました…汗。

Cake2
 ちなみに一辺は10.5センチの正方形。

 スポンジ部分の高さ5.5センチ。その上のフルーツの山が およそ6センチ。

 スポンジの間のクリームの中にもパイナップル・バナナ・キウイがいっぱい挟まってるので、ケーキ全体がずっしり重い。

 今日は、お昼ごはんの代わりに 残りの3分の2(わずかだけ残してあるのが『私の気持ち』)を食べた。

 お茶は、小春ちゃんが送ってくれたLUPICIAの「ネプチューン」

Cake3
 お気に入りのティカップを出して淹れてみた。(ティバッグだけど…苦笑)

 フルーティな香りの紅茶が じんわりと美味しい。

 しゃーわせー♪

 腸閉塞で3日間の絶飲食、その後の三分粥・五分粥…で、この夏 肥った分は減らせたのに、退院して『食べたい欲求が無くなった…』と思いつつ、気づけば自然に食欲も戻ってて、夜遅くのケーキ暴食で、体重はすっかり元通り!

 『増えた体重を減らすのは難しいけれど、増やさない努力ならできる!』と思ったんだけどなぁ…。

 増やさない努力…してなかった…汗。

|

2013年8月23日 (金)

苦肉の策

 前日のブログで「今夜はあいちゅくりーは食べない!」と宣言いたしまして…

 ええ、ええ、食べませんでしたよ。

 あいちゅくりーは…ネ!

 その代わり…と言っては何ですが、マンゴージェラートを いただきました(汗)

 ちょっと前に よそ様から頂いたセットは『アーモンドプラリネアイスクリーム・キウイジェラート・マンゴージェラート それぞれ3個』

 このキウイジェラートは、すっごく酸っぱかった!

 食べ終えてからもずっと口の中が酸っぱいので、口直しにチョコレートを食べた程(大汗)

 アーモンドプラリネアイスクリームは とうの昔に3個とも胃袋の中へ。

 「あいちゅくりーは食べない」と宣言した手前、無くてよかった~^^

 ジェラートなら、アイスクリームよりはカロリー低いだろうと都合よく解釈した。

 でもキウイの方を食べると、また口直しが必要になるので、マンゴージェラートを。

 ダメだよねぇ…毎晩毎晩 こんなんじゃ。

 で、3時のおやつは ちょっと工夫している。(工夫と言って良いのかどうか…)

 Img_2533
 このおせんべい達♪

 私の「基本のおやつ」は 甘いもの。

 最近のスーパーでは、洋菓子店と比べても遜色の無いスイーツが売られている。

 買い物に行けば、必ずそれらを買って帰る。

 最低でも250㌔カロリーだもんね。これに砂糖抜きのこーぴーにゅーにゅーと合わせると360㌔カロリー。

 で、このおせんべい達は、小袋になってて『丸大豆』は78㌔カロリー、『米粒屋』は、39㌔カロリー。

 これをそれぞれ1袋ずつ、こーぴーにゅーにゅーと一緒にいただくと、260㌔カロリー前後。

 これで100㌔カロリーは減らせるでしょ^^

 Img_2537
 それぞれ一袋ずつで終わらせる!

 これがエンドレスになると それも大変だからね。

 この米粒屋は、偶然 見つけて買って以来、売ってない。

 そこで代わりは ↓

Img_2539_2


 どれも和テイストで、なんだか健康的な気がしない?

 …と 言い訳。 自分をも誤魔化そうとしている。

 ポテトチップエンドレスで一袋…よりは いいよね! ネ!

 

|

2013年8月21日 (水)

まずい…汗

 6月半ばから、体調不良に陥り、7月の猛暑で ますます家に籠るようになった。

 必要最小限の動きしかせずに、食べるものだけは いつもと変わらない。

 当然の結果として…肥る!

 以前 私は48.5キロ以上になると「ひどいと言われる」レベルだと書いた。(身長147センチなので)

 ところが、最近はとうとう49キロまで。

 でもね…「ひどい」レベルをじわじわと超えると、毎日見てる自分は あまり気づかないのよ。

 体重は増えてるけど、見た目には そんなに変わってない…ような気がしちゃうわけ。

 でも…去年 何の違和感も無く着られたチュニックが 今年はなんだかピチピチだった。

 去年 もっと似合ってたはずの服が 今年は なんだか似合わない。

 ショッピングモールの大きな鏡にちらっと映った自分に「え? 私 こんな風なの?」と驚く。

 家の鏡の前でお澄ましして映った時は、もっと痩せてたのよ!

 歩く足元に神経を集中させていると、他は無防備で、要するに自然体な私は 周りからはこのように見えてるのね…wobbly

 ムーンフェイスが治まったなんて喜んでちゃいけない。

 この先はもう「薬の副作用」じゃなくて、純然たる「肥った顔」だわ。

 何とかせねば…と 思うのだけれど、まるで相反するように、深夜にアイスクリーム(ラクトアイスじゃなく)を食べるし、果物は欠かさないし。

 入院してる時は『三食昼寝付きで 夫に不便をさせてる』という負い目から 自分に縛りをかけて「病院食以外は食べない!」が貫けるのになぁ。

 (数回は誘惑に負けて食べた・自販機のカフェオレは時々ご褒美に飲んだ)

 一応、レコーディングダイエットは もう4年以上続いてる。

 実際は「レコーディング」してるだけなんだけど。

 毎日の摂取カロリー、食事だけなら1700㌔カロリー前後で済んでるの。

 そこに『おやつ』が加わるから…2000越え~!

 この身長で 毎日2000㌔カロリー越えで ほとんど動かなかったらまちがいなく肥る。

 

 冷蔵庫の「あいちゅくりーむのお部屋」を空っぽにして 買わないようにしたらいいんだろうけど、それだと心まで空腹になりそう。

 せめて今夜だけでも アイスクリームはやめとこう!(できるかな…)

|

2013年8月 5日 (月)

危険ゾーン!

 今日は市役所 声の広報ボランティアの録音日。

 少しずつ外で活動するリハビリのつもりで出席。

 公文と違って、大まかな時間制限の中で 自分のペースが許されるので、たまに目を閉じたり、壁にもたれたりして、やり終えた。

 さて、そこで事件は起きたのです。

 

 今日、私が組んだのは、標準語を自在に操れるお姉さま。

 大船に乗った気分で 読み合わせ。

 その最中 お姉さまが

「花桃さん、手の指が細いわねぇ~。綺麗な手でいいわねぇ~」

 …ええ、確かに太くはない。

 でもね、しわしわで、綺麗とは言えない。

「若い頃は 実は自慢の手指でした。でも今は こんなしわしわで 全然 綺麗じゃないです~。それに この指、私の病気特有みたいですよ」と 薄い皮膚をつまんで見せる。

「あらぁ…なるほどねぇ。そうよねぇ、体の様子とは全然違うものねぇ」

 体の様子って…!!

「でしょ~! 体にはこんなに肉がついてるのに、手の甲には全然 肉が無くて…若い頃は、ここがふっくらしてたのに」

「ほんとよねぇ。今日はまた特にむくんでるのかしら?」

 なんですとーーーーーー!?

 今日の服装は『これなら そこそこ誤魔化せる』と 自信を持って着て来たのに。

「え!? むくんでるように見えますか~?」

「ええ、体調が悪いって言ってたから、むくんでるなぁと思って…」

「ひぃ~~~ これむくんでるんじゃなくて、肥ってるんですーーー!」

 あぁ!やっぱりそうだったか!

 自分では毎日見てるから、じわじわ増えてても気づかない。

 体重計には毎日乗ってるんだけど、0.5キロの増減は珍しくなく、0.3キロくらい増えても また自然に戻るわ…くらいにしか考えてなかった。

 でもね…0.3増えて、0.2減って、また0.3増えて、でも0.2減って…ハイ、もう皆さんお気づきでしょうけれど、ええ、ええ、結局 一週間で順当に増えてるんですねぇ。

 花桃的危険ラインは48.5キロ(身長が147センチなので、ベスト体重は43キロ)だと以前ここに書いた。

 それを超えると 見た目が相当ひどくなるらしい。

 「らしい」と言うのは、昔、48.5キロになって、46.5まで戻った時、ボランティアの後輩(私を崇拝してくれていた)が「あの時は ちょっとひどかったですよねぇ」と 本音を言ってくれたから。

 その『ひどい』48.5キロを 近頃はちょくちょく超える。

 でも48.8…48.9…となり、たまに49キロまで行っちゃうと、48.5まで戻った時は「おぉ 減った!」と錯覚してしまうのよねぇ。

 こうやって私の限界ラインは、少しずつ曖昧に高値になってしまってた。

 一ヶ月ぶりに会うと、その変化がはっきりと解るのねぇ。

 今日は完全に『ちょっとひどい』とこまでいってたっぽい。


 何とかせねば!

 と 口では言うものの、運動はしないし、食事制限は無理なのよ。(きっぱり!)

 猛暑が過ぎて 水分摂取量が減れば、体重も減るんじゃないか?

 鉄剤の服用が終われば、体重は減るんじゃないか?

 と まったく根拠の無い自然な変化をあてにしている。

|

2013年6月21日 (金)

体重復活…☆

 今週は 家に籠りっぱなしでした。

 1階の郵便受けさえ見に行って無い(笑)

 そのお陰か…ここ3日間、涼しいせいもある…ちょっと元気になってきた。

 夜もテレビ見てられるし。

 そうなると…体重は一気に戻るわ~。

 はい、見事に48キロ代に乗りました~(涙)

 昨日の夕方 夫に「食パンを買って来て」とお願いメールをした。

 珍しく(!)気を利かせた夫が電話をくれた。

「パンだけでいいの?」

 実はパンを頼む時、頭をよぎったのよ…でも できるだけ体重を増やさない為に我慢したの。

 でも…せっかく夫が聞いてくれるのを「うん、パンだけでいい」と言えるほど 私は自律できない。

即「豆大福も買って来てください。草大福でも どっちでもいいです」 ←この言葉を詳しく解説しますと…『両方でもいいんですよ』なんです。

 すると…物解りの良い夫、両方どころか、コンビニでバウムクーヘンと濃厚フロマージュまで買って来てくれたではありませんか!

 あえて言いますが、夫は普段は 全然 気の利かない人。

 でもおそらく「喰ってない」妻の為に何か食べさせてやりたいと思ってくれたんでしょう。

 「わぉ!今夜は夕食後に 豆大福をいただきましょ♪ だから夕飯はちょっとでいいわ」と思ったのは言うまでもありません。

 ところが、昨日はかなり元気になってたので、チキンソテー・じゃがいもとワカメのみそ汁・酢の物・ブロッコリーサラダ・きゅうりのピリ辛漬けを 夫よりは少なめだったけど、全部食べた。

 でも!「夕食後に大福を食べる!」と決めていた強い意志を曲げる事は不可能。(こういう意思は強いのだ)

 で、豆大福を食べる。塩豆大福だったので、一層美味しい。

 やっぱり大福餅は買ったら早めに食べた方がいいのよね♪

 …となると 草大福を翌日に回して良いものだろうか?

 翌日分には、バウムクーヘンも濃厚フロマージュもあるし。

 って事で、豆大福を食べ終えると、何の迷いも無く自然な動作で、草大福にとりかかる。

「おいし~♪」

 さすがに、半分くらい食べた時点で「やめときゃよかった…」と思ったわよ。

 でも…そこで止められるのなら苦労はしない。

 目の前にある物は無くなるまで止まらない…犬と同じだ。

 最後は無理矢理押し込んで2個完食。

「うぅ~食べ過ぎたーーー」と唸りながら、ソファーにうずもれつつ 録画したサッカー・イタリア戦を観る。

 これで肥らなかったら病気だよね。


 さて、明日からは少しは動かなければ!

 体重は復活したけれど、目の下のクマは、異様に大きなままです。

 見ようによっては、パンチを受けたボクサーみたいです。

 (普段の花桃の眼の下のクマとは違うのが おわかりいただけるかしら?)

|

2013年6月19日 (水)

そうは 上手くいかないワ

 今日は涼しいので、少し楽です。

 今回の不調で、嬉しかったのは体重が減った事。(残念な事に一時的でしたが)

 私の体重の変動については、ちょっと前にブログで体重も公開して綴ったから、覚えてらっしゃる方もあるかな?

 ここんとこは48キロ代で上下してたわけです。

 ところが、月曜日の午前中 測ったら46.7キロ。

 久しぶりに見る46キロ代。

 私は午前中の方が体重は少ないので この数値を全面的に信じはしないけれど、気分は良い。

 嬉しくて夫に報告したら

「そりゃ 食ってないもん」

 …だね。

 おやつの量が激減(それでも食べてはいる…汗)

 夕飯は手抜きだけど、作ったら疲れてしまって、たくさん食べられない。(その分、アイスクリーム食べてたけど)

 鉄剤のせいなのか、下痢。(これは一日だけだった)


 買い物に行けないので、冷蔵庫にある物で作ってるけど 冷蔵庫(冷凍庫)って思いのほか 色々 入ってるのねぇ~笑。

 月・火とも一汁(アマ○フーズのレトルトみそ汁)三菜は成立してる。

 そろそろ野菜が無くなるなぁと思ってたら、昨日 お隣の奥さんから 採りたて野菜をいただいたし♪

 今夜も わかめときゅうりとカニカマの酢の物・かぼちゃの煮つけ・鮭のタルタルソースかけと レトルトみそ汁で そこそこの夕飯ができる予定。

 最後に買い物に行ったのは、先週の水曜日。

 普通なら、昨日 また行ってる。

 行かなくても ちゃんと賄えるって事は、今までどれだけ無駄買いしてたかって事よねぇ。

 お菓子のストックもまだまだあるし♪ もちろんアイスクリームのお部屋は満杯だし。

 動いてないから、食欲も失せてるんだけど、冷たい物や、喉越しの良い物なら食べたいので、つい…ネ。

 体重は…47.6キロまで回復してしまいました~泣。

 本当は減量に加速したかった。

|

2013年5月28日 (火)

卒☆ムーンフェイス…なのかな?

 白髪染めの色が どんどん明るくなってしまったので 私の見た目が変わったらしい事は 少し前に書いた。

 もう一つ気づいた事実。

 どうやらムーンフェイスが消えつつあるらしい…。

 今更? 今頃?!


 去年の終わり頃から「痩せた?」と言われる事が増えた。

 いいえ! 体重は少しずつ増えておりますの!

 先々週のクラス会で Uから「顔がシュッとした」と言われて やっと気付いた。

 私 ずっとムーンフェイスだったんだ!

 

 潔く 私の体重の変動をここに発表しましょう。

 まず読者の皆様にお伝えしておきたいのは、私の身長が147センチ(正確には 多分、もうちょっと小さい)と言う事であります。(某『新三大○○』ナレーション風)

 160センチの人が「50㌔超えちゃいました~」と言ったら嫌みだけれど 147センチが言うと 意味が違うって事は 皆様 換算してお考えください。

 【三十代まで】の私のベスト体重は43キロ。

 【37歳】で鬱病を発症し 37キロまで減った。

 なにしろ147センチなので、37キロでも 見た目はさほど悲壮では無く(多分ね) 私自身は、いろんなお洒落ができて嬉しかったくらい。

 ただ寝る時、尾てい骨が布団に当たって痛いので、お尻に座布団を当てて寝てた。

 【40歳】を過ぎ、鬱病も卒業できてからは、順調に体重が戻った。

 …戻っただけなら良かったけれど、増加が止まらなかった(汗)

 【44歳あたり】で、48.5キロに。

 その頃は、特別何かをしなくても自然に痩せて、46.5キロになった時、友達が

「あの頃は ちょっとひどかったよねぇ」と言った。

 その時から 私の中で『48.5キロはアウトー。46.5キロなら許容範囲』が一つの目安になった。

 【45歳過ぎ】更年期もあり、新陳代謝が悪くなって、中年太りが始まる。

 高校のクラス会では「ゆう~ なんでそんなに太るんだ~」

「これ以上太ったら、針で刺すぞ(風船に見えたらしい)」

「階段の上から転がすぞ(ボールに見えたらしい)」と 男子に言われるほど。

 【49歳】で、人生最高の52.5キロ。

 この時は、中学の5年ごとの同窓会にも みっともなくて出席できなかった。

 実家へ行けば、近所のおばさんに「まぁ~ゆうこちゃん、肥えたねぇ! 元気になったねぇ」と言われてシュン…。

 一念発起して、レコーディングダイエットを開始。

 【50歳】の1月は49キロ。12月には47・85キロまで落ちた。

 ベスト体重よりは まだまだ多いんだけど、そこはもう中年だし、50㌔超えを経験すると47キロ代なら、まあ見られる。

 【51歳】の5月に 外転神経麻痺で3ヶ月入院。

 1日1400カロリーの給食と おやつ断ちが功を奏して44.84キロまで落ちた。

 ところが!! 退院後、誰も私に「痩せたね」と言わない。

 そうなんです。

 ステロイドホルモンの大量投与で、私の顔はまん丸ちゃんに。

 【52歳】ステロイドホルモンの量も減り、私自身は「体がステロイドホルモンに慣れてるから、副作用も早く治まるようになったなぁ」と思うくらい、ムーンフェイスの事は忘れていた。

 退院して、普通におやつを食べていたので、体重はすぐに増えて47.23キロまで。

 【53歳】4月の人工関節置換手術の入院で、またも1400カロリー給食を実行し 久々の46キロ代に^^

 【54歳】…やっぱりダメでしたねぇ。

 人工関節置換手術後は、以前よりも動く量が減り、食べる量は変わらず…当然肥る。

 もう完全に48キロを超えてしまった。

 ところが! ところがですよ!!

 この時期になって「痩せた?」と言われるのですよ。

 3年前より3キロ増えてるのに…です。

(先日 クラス会で「肥ったのは~ ゆうだろう…後は~」と失礼な事を言ったH君は、あくまでも高校時代の私と比較している)

 最初は、髪型のせい? 偶然、着痩せして見える服だった?などと思っていたけど、あまりに頻繁に言われる。

 その度に「え~!? 体重は増えてるぅ~」と半べそで答える。

 病院のT嬢も Uも 隣の家の奥さんも

「ここが しゅっとしたよね」と頬をなでる。

 そうだったのか~! 2010年のステロイド大量投与によるムーンフェイスが やっと消えつつあったんだ~。

 『もとは面長』の私を知らない人は多い。ここ数年の間に出会った人は当然よね。

 本来の面長に比べると まだ丸いけど、まあこれは本当に中年太りだから仕方ない。



 それにしても慣れとは恐ろしい。

 ムーンフェイスと中年肥りの区別もつかずに 丸い顔を当たり前に思ってた。

 そして…一時期減った体重が47キロを超えた時は

「あちゃ~困った」と思うのに、47.8キロが たまたま47.3キロになると「お^^ これならいいじゃん」と思ってしまう。

 そして48キロも超えた時は

「うきゃ~ これはさすがにいかんでしょう。ここで止めないと」と思うのに、48.7キロが 偶然48.3キロになると ホッとしてしまう。

 …って事で、実は ちょっと前に49キロを超えた日もあったんだけれど、只今 48・7キロなので「ま いいか…痩せて見えるらしいし」と気が緩む。

 こうして『私のアウトー』のラインは 確実に上がって行く。


 あぁ…でも GWに BBQにお邪魔した中学の恩師のT先生は

「ゆうこちゃんは ぽっちゃりだから可愛い」とおっしゃったなぁ。

 やっぱり「ぽっちゃり」なんだ。

 アウトーーー!!

|

より以前の記事一覧